アサヒスーパードライ

四つ木「せきや商店」 不思議なアットホーム角打ち

ここはまだほとんど知られていない隠れた角打ちです。 場所は、京成線四ツ木駅と立石のほぼ中間に位置し、周囲にはこれといって目立った飲み屋街はありません。 町工場がたくさんあるエリアで、この角打ちのお客さんの多くは、そういっ […]

京橋「岡室酒店直売所」 おっちゃん達オモロイやろ?

大阪の京橋駅は、JR大阪環状線・東西線と京阪電車が交差するターミナル駅。 京阪モールやホテル京阪などきれいなビルが並び、私鉄京阪、大阪側の拠点としての風格が漂う駅を持つ街。 歴史は古く、東海道五十三次の終点が京橋であり、 […]

天満「田舎家」 おつまみの平均価格200円、これが街の平均なの?

「食堂で飲む。」 それは、飲兵衛の心を掻き立てるのに十分な一言。 東京ではときわ食堂をはじめとした大衆食堂が多く残っています。戦後の食糧難を乗り切るために生まれた「外食券」が使える食堂の名残なんですよね。 そういう食堂で […]

新橋「こひなた」 オフィス街なのに、お昼から飲める立ち飲み

新橋・汐留。 昭和の終わり、ここは国鉄の貨物駅の跡地が残っていました。 全国各地からあらゆるものがここに集まり、鮮魚を積んだ貨物列車はそのまま引き込み線を通り、汐留の先にある築地市場まで直接運ばれていたとか。 国鉄が民営 […]

大船「観音食堂」 お昼から地魚で飲める喜び

大船は三浦半島の付け根に位置する比較的大きな街。 江戸の頃、東海道では前後の”戸塚”と”藤沢”が宿場であり、大船はさほど重要なところではありませんでした。 駅の近くを流れる […]

岩本町「やまと」 酒屋の愛情、神田の人情

日本三大祭の一つに数えられる神田祭は江戸・東京を代表するお祭りです。 神田祭のときは、普段穏やかな飲み屋街・オフィス街・オタク街がどっと賑わい大変盛り上がります。 大祭は隔年で開催され、次回は2015年になります。二年間 […]

川崎「丸大ホール」 街一番の老舗、100年酒場でつまむ

川崎でお昼から飲みたくなったらどうする? やっぱり丸大ホールでしょう。 お昼だけでなくて、もちろん夜のしっかりとした飲みにも使えるお店です。 創業から100年以上。川崎で一番古くから続いている酒場です。 間口いっぱいまで […]

市ヶ谷「焼焼とんとん」 数人でお手軽に、やきとん&ホッピー

仕事終わり、電車に乗ってまで遠くの銘店へ飲みに行くのはちょっとつらい。できれば、勤め先の周辺か、帰宅途中の経路で済ませたいものですよね。 中央線の新宿~東京の間でしたら、まずは四ツ谷。しんみち通りをはじめ、そこそこ赤ちょ […]

神保町「クラフトビアマーケット 神保町店」 全国の地ビールが樽生で揃う

虎ノ門にオープンしたときから話題になっているクラフトビアマーケット。 特長は日本を中心に世界のビールが30種も揃う豊富な品ぞろえ。しかもすべてが樽生だというのですから、ビール好きの人は必見のお店です。 とにかく登場当初は […]

大森「大衆酒場 富士川」 この雰囲気、入らずには居られません

大森、大田区は広いのにJRの駅はここと蒲田の2つしかありません。 JR京浜東北線が停車するだけのターミナルでもない駅。東急池上線・多摩川線との乗り換えがあり、京急線の駅にも徒歩で移動できる好立地のお隣蒲田と比べると大変地 […]

池袋「ふくろ 美久仁小路店」 落ち着くコの字に身をおいて

池袋の酒場といえば、飲兵衛たちが口をそろえて「ふくろ」と答えます。 それだけ、この街の定番の飲み屋さんです。 駅を挟んで両側にお店があり、本店は西口のほう。そちらは朝9時に開店するパワフル朝酒スポットなのですが、こちら側 […]

新橋「美味ぇ津゛」 街の飲兵衛達が語る噂の芝浦牛煮込みとは?

毎日、飲み屋街を歩きまわり、馴染みのお店や新規の飛び込みのお店、人づてに聞いた銘店など、あらゆる酒場に顔を出していますと、その街その街にある固有の”飲み友達の輪”に入れてもらうことがあります。 私 […]

尻手「新川屋酒店」 知るかぎり日本一の規模の角打ち

「なゆさん、尻手って飲みに行ったことある?」 そういえば噂はかねがね。でも、なかなか南武線沿線で飲み歩かないですし、まだ行ったことないんですよー。 「じゃあ、行きましょう、紹介しますよ」 そんな会話から始まった川崎担当の […]

中野「鎌倉酒店」 こだわりの前わり焼酎を飲ませるお店

いつも甲類・甲類とネット上でも飲み屋さんでも言い続けている私。 たまに、本格焼酎は苦手なのですか?なんて言われます。 いえいえー、もちろん乙類(本格焼酎)も大好きですよー! ただ、一般的に本格焼酎は話題になることが多い中 […]

吉祥寺「梅丘寿司の美登利総本店」 迫力満点、握りで満腹に

お寿司屋さんは飲むところ。 私はずっとそう思っていました。ゆっくりと、刺し身からはじめて茶碗蒸しや白子ポン酢をおつまみにお燗酒を飲み、ほどよく満足してきたら5貫ほど握ってもらってごちそうさま。 でも、ここは違うんですよね […]

20 / 2610181920212223