「パーフェクトビヤガーデン2018」 夏が来た!ビールが美味しい!新宿駅直結、★で乾杯!


サッポロビールが提案する「パーフェクトな生ビール」は、提供品質を追求した「生のうまさ」にこだわったビールです。

ここ数年、ビールの話題といえばクラフトビールで盛り上がっていますが、並行して「注ぎ方」や「飲み方」を提案したナショナルビール(大手ビール)の新たな付加価値も人気を博しています。

飲食店では「○○注ぎ」など、注ぎ手を全面にだしたり、ビールサーバーの構造で差別化するなど、ますます私たち飲む側として楽しい選択肢が増えています。

そんな中で、大手ビール会社のサッポロビールは、ビール会社としての「パーフェクトな生ビール」を提案し、毎年全国で体験イベントを開催しています。

 

東京では2017年より、新宿駅新南口(ニュウマン・バスタ新宿)に直結したsuicaペンギン広場にて「THE PERFECT BEER GARDEN 」を開催しています。昨年に続き、オープンのタイミングで取材をしてきましたので、その様子をご紹介いたします。

 

新南口改札(改札外)から徒歩60秒の立地にたつパーフェクトビヤガーデン。おそらく都内でJR駅最短のビヤガーデンでしょう。「ビールを飲みたい」、電車内でそう思ったら、新宿駅で途中下車です。

 

食券式で入り口の端末から事前に購入します。もちろんSuicaを始めとする交通系ICカード対応です。領収書も発行できます。

 

チケットを購入し中へ進むと動線上にビヤカウンターがあり、食券と交換でビールが注がれます。銘柄はサッポロ黒ラベルと黒ラベル<黒>(数量限定)の二種類。

 

2014年からはじまったパーフェクト樽生は、提供品質基準として「CREAMY」「CLEAR」「COLD」の“3つのC”にこだわっているそうです。「CREAMY」ではミクロン単位の泡を、メインの注ぎ口とは別に設けられた専用の口を使い横方向に注ぎ入れてまいす。

 

回路やグラスを徹底的に洗浄した「CLEAR」。樽から抽出、そして注ぐグラスまで温度管理された「COLD」の3つのCが揃った一杯の完成です。

 

窓を多用した開放感ある造作と、木材の質感がでた落ち着きが両立されている店内。夏だけの仮店舗にはもったいないほどです。

 

ロングテーブルに椅子が並び、一人でゆったり飲むのも、数人で横一列で飲むのもよい空間です。

 

では乾杯!飲み心地がよく、ほどよく喉を刺激します。パーフェクト黒ラベルも、ビールそのものは家庭向けの缶や、飲食店向けの樽生と同じものですが、注ぎ方の違いで明確な差がでます。

黒ラベル好きの方だけでなく、ビールが好きな方ならばきっと違いに気づくはずです。

 

ビールは1杯600円。フードは400円から。ローデッドフライやミートボールが今回の目玉です。運営はニユートーキヨー(大阪会場はニューミュンヘン)で、ビヤホールの運営のプロが提供しています。

 

私はビヤホールの大定番、枝豆(500円)と鶏のから揚げ(700円)をチョイス。日本のビールには、日本らしいこの顔ぶれが似合うでしょ。

 

パーフェクト黒ラベルが飲めるお店も多くはありませんが、ここではさらにレアなパーフェクト黒ラベル・黒を数量限定で味わえます。同社のヱビス・ザ・ブラックや、ヱビススタウトクリーミートップともまったく異なる麦の旨み、クリーミーな泡、爽やかな余韻を感じられます。

 

お店を抜ければSuicaペンギン広場です。天気が良ければ、そのままビールやフードを持って広場で飲むことも可能です。多数の路線が集まるJR新宿駅の線路の上につくられた人工地盤にあり、広く空いた空間からは新宿に居ながら抜けのある空が広がります。

 

Suicaペンギンも、今日はビール好きに囲まれています。

 

右に小田急サザンタワーとJR東日本本社。左に高島屋などがはいるタカシマヤタイムズスクエアにJR新宿ミライナタワー。そして正面にはNTTドコモ代々木ビル。ぐるり高い建物に囲まれているので不思議な安心感も。

 

行き交う列車を眺めてビールを飲めば、いつもの東京がちょっと違った景色に感じます。

 

ビール一杯から飲めるパーフェクトビヤガーデン2018は、駅直結でとても便利。日常的に利用している新宿駅にもかかわらず、ちょっぴり特別な空間を楽しめました。片手には美味しい黒ラベル。

 

さて、パーフェクトビヤガーデンで飲み始めたら、もう少し本格的に飲みたくなってきました。昭和12年から続く歴史あるビアガーデンが新宿にはあります。つぎは、新宿ライオン会館流の注ぎ方を楽しみましょうか。

乾杯!

 

(取材・文・撮影/塩見 なゆ 取材協力:サッポロビール株式会社)

 

「THE PERFECT BEER GARDEN 2018 TOKYO」概要

・オープン期間:2018年6月1日(金)~9月2日(日)<予定>
・通常営業時間:平日14:00~23:00(L.O. 22:30)/土日祝12:00~22:00(L.O. 21:30)
※6月1日のみ、17:00〜23:00(L.O. 22:30)
・休業日:なし(雨天時も営業)
・所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目24番55号
・座席数:最大172席
・運営:(株)ニユートーキヨー
・協力:サッポロビール(株)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«