ホッピー

新橋「出世酒場 大統領」 規律を守って美味しく気持ちよく

世間には様々な条件付き酒場があります。ただ、そういう店は”入りにくい酒場”というわけではなく、条件さえ満たせば案外普通の居酒屋よりも心地よくて、気づけば通いたい店の一軒になっていたりするものです。 […]

赤羽「米山」美味しい豚モツ食べたきゃ、どっしり構えよう

関西の牛モツ、東京の豚モツ。戦後の闇市によって東京中に浸透した豚もつ焼きの食文化は、正肉が手に入らないときでも入手しやすく、安価で栄養価が高いということから始まりました。 いまでは正肉にはない独特な風味や食感から、酒場に […]

四日市「大衆酒場ゑびす」 新しく懐かしい、活気あふれる新下町酒場

三重県最大の歓楽街を抱える四日市。四日市コンビナートに隣接した街で、駅周辺は出張者向けのビジネスホテルや、仕事終わりの一杯を楽しむ飲み屋や怪しいネオンが多数あります。 市中心部の停滞が問題になっている四日市ではありますが […]

清澄白河「だるま」 80種を超える豊富な料理、大好き下町大衆酒場

下町の酒場の特長のひとつに、決して駅前だけにあるわけではない、というものがあります。どの駅からも微妙に離れた、商店街や参道、はたまた団地の隙間にと、いたる場所に店があります。 職場と自宅の距離が近く、そんな人々の暮らしに […]

豊橋「旭屋酒店」 地元ノンベエが毎夜集う評判角打ちは昭和2年創業

豊橋駅前に一軒の老舗角打ちがあります。 雑居ビルに囲まれたなかにある大変立派な佇まいの歴史を感じる酒屋で、1927年(昭和2年)創業の旭屋酒店です。戦後すぐの昭和23年より角打ちの営業を開始し、以来豊橋の一寸一杯の立ち寄 […]

蒲田「晩杯屋蒲田西口店」 ノンベエに優しい街、さらに使いやすく

赤羽の老舗立ち飲み「いこい」の流れをくみ、武蔵小山から始まった晩杯屋。250円からのお酒と100円台のおつまみで人気となり、いまや都内を中心に27店舗を展開する一大せんべろチェーンに成長しました。 そんな晩杯屋が2017 […]

東中野「丸松」 名店の系譜、忠実に。味よし気分よしの銘店登場

新生活シーズンは、街にフレッシュな空気が溢れています。なにも、卒業や新社会人だけが春の華ではなく、企業も人事異動で新しい職場で心機一転されていらっしゃる方も多いですね。それは、酒場でもいっしょ。 西武新宿線・野方駅前にあ […]

馬喰町「佐原屋」 語らずとも伝わる酒場の重厚感と品格

馬喰町にある佐原屋は、どっしりと構えて品のある酒場の佇まい。3ケタの電話番号が記された藍色の暖簾に白い電照看板の店構えは、酒場を愛でる者にはたまらない店構えです。最近扉を改修しましたが、以前は両開きのガラス戸で、ガラガラ […]

大曽根「佐野屋」 昼酒愛好家が集う一里宿の人気角打ち

大曽根は名古屋城から一里の場所。木曽街道、下街道、瀬戸街道へはここ大曽根を分岐点として伸びていました。名古屋を出て最初の宿場として、街道の分岐点として長きに渡り栄え、現在でも道路・鉄路ともに大曽根を要衝としています。 そ […]

大山「わいわい」 昼から飲もうよ、お手軽価格の飲み処

板橋区大山は、昨今お昼から飲める店、安く飲める店の出店が著しいエリア。もともと歴史ある街の大山は、ハッピーロード大山を軸として広い面で賑わっていた頃の面影が随所に残っています。 川越街道と鎌倉街道の交差点であり、そして地 […]

高知「中洲」 もつ鍋の銘店は、次世代へ引き継がれて下町酒場へ

高知はかつおをはじめ、魚介類を肴にした居酒屋が多く、飲み屋の顔ぶれからも地域性があっておもしろいです。いまでこそ、東京でも鰹の藁焼きが普段の生活範囲にはいってきていますが、昔は高知ならではでした。 逆に、高知にも日本全国 […]

蒲田「酒と飯ビートル」 樹木の蜜は赤星だ!みんな大好き大衆酒場

新しいけど懐かしい、今風ではなくあえて古典的な酒場のかたちを取り入れた”ネオ大衆”な酒場が蒲田で人気です。近隣の飲み屋とともに蒲田の夜を明るく灯す店の名は「ビートル」。白い暖簾のコの字カウンター、 […]

秋葉原「晩杯屋秋葉原店」140席、巨大なせんべろ酒場がアキバに誕生

秋葉原に本日晩杯屋がオープンしました。全席数140、カウンターの一人飲みスペースから、4~8人くらいまで対応できるテーブル席まで、幅広い利用シーンに対応できるお店です。 地下鉄日比谷線の2番出口からならば傘も不要なくらい […]

新代田「飲み屋 えるえふる」 音と酒が交わる瞬間に、心地よさがある

新代田に2015年にオープンした立ち飲みの店「えるえふる」。オーナーは酒場ブロガーで筆者も飲み友達の瓶ビール班長こと會田洋平さん(以下:班長)。好きが高じて始められた店で、班長が飲み歩きの中でみつけた「いいな」と思えるも […]

東武宇都宮「ふくべ」 親子三代で守る暖簾の向こうに、名物煮込みあり

もつ焼きというと東京・下町の酒場の印象が強いですが、実は都内だけでなく関東地方の全域で見かける大衆つまみです。養豚が盛んな地だったり、闇市の名残だったりとその成り立ちは様々ですが、半世紀以上続いている名店は、主要都市に数 […]

2 / 1812345610