サッポロ黒ラベル

新橋「炉端 武蔵 新橋店」 炉端焼きの正しき姿で今夜は鯖焼き

新橋の炉端焼きといえば、やはり武蔵でしょう。 本格的でおつまみもしっかりしているのに価格は278円均一というのが嬉しいお店です。 実は二軒ありまして、ここは烏森神社の小路側。もう一軒は西口商店街から一本路地に入ったところ […]

新橋「へそ新橋駅前店」 お一人様歓迎のサク飲み串かつ店

新橋に一番多いお店はやはり築地が近いことから魚系。ついで酒場の定番「やきとり」ではないでしょうか。 そういえば、関西では当たり前の串かつのお店ってそんなにありませんね。 ふらっと立ち寄れて一人飲みができるところがあればな […]

淡路町「加島屋酒店」 老舗の便利な角打ち、はじまりました!

酒屋で飲むことを、昔の東京では「立ち呑み」と呼んできましたが、最近は立ち飲みの居酒屋さんが増えてきて、それと区別する意味もあって北九州発祥の「角打ち」(読み:かくうち)の呼び名が使われるようになりました。 居酒屋でも自宅 […]

新宿「とど」 角筈にある大分、旅先の味を再び

お酒は言うまでもなく、日本全国、あらゆる土地で造られています。 そして、それぞれの土地に根付いた料理を肴に地元のお酒を飲むというのは、私たち飲兵衛にとってなによりの贅沢です。 お酒と肴を楽しむのを目的に旅に出る人は多いと […]

稲田堤「たぬきや」 川と共に穏やかな時の流れを楽しむ

屋外で飲むお酒は、また格別なものがあります。 それは、ビヤガーデンだったり、テラス席だったり。自然の光に照らされて、吹き抜ける穏やかな風に癒やされて、ごくりと飲めば、いつものお酒も特別なものに。 外で飲むお店は数あれど、 […]

鶯谷「秀吉本店」 庶民の味方、天ぷら全品百円

天ぷらといえば江戸の三大グルメであり、寿司と並び高級和食の代表的存在です。 ですが、江戸時代では屋台で食べるような大衆料理でしたし、現代に生きる私たちも、そんな手軽に天ぷらを楽しんだっていいじゃない。 できれば、ビールや […]

新橋「炉端 武蔵 新橋烏森口店」 大衆的でなくちゃ、酒場はね

酒場と言っても様々なスタイルがありますが、酒場の基本は、”明るい・安い・美味しい”だと思うんです。 酒場の三原則とでもいいましょうか、そういうお店はやはり通いたくなります。 新橋でこういうお店に行 […]

高円寺「ハコバー」 黒ラベル愛で注ぐ完璧なビールはいかが

皆さん、ビールを普段どのように思って飲んでいますか? 乾杯の一杯目に付き合いだけ、喉を潤すだけ、それだけではもったいない。 ビールというのは大抵、飲み始めの一口目に味わうものです。酔いが回っていなくて舌が最も敏感なときに […]

新橋「城喜元」 質の高いお刺身をまんぷく食べたければ

新橋。それは飲兵衛にとっては切っても切れない飲み屋街。 「神田のいいお店が多いよ、新宿のほうが個性的、立石のほうがディープ、赤羽のほうが安いよ。」 なーんて言うこともありますが、やっぱりお酒好きなら新橋は聖地ですよね。 […]

南阿佐ヶ谷「つきのや」 魚と酒を愛するすべての人へ

中央線沿線には名酒場と呼ばれている、風格ありで味よくて価格もやさしいお店が豊富にあるのは皆さまご存知の通り。 このサイト(乾杯のポータルサイトSyupo)においても多数紹介していますので、ご興味をもっていらっしゃる方も多 […]

大手町「パーフェクト黒ラベルビヤガーデン」 サッポロ好きなら一度は行きたい

今年もビールが美味しい季節がやって来ました! 暑いなか仕事や家事を済ませたあとのビールは格別ですね。 毎晩飲んでも飽きないのがビールの不思議。昨日あれだけ飲んだのに、なぜか今夜も飲みたくなる。 ビールといえば、読者の方も […]

中野「魚の四文屋」 明るい雰囲気に癒やされる、魚もいいじゃない

四文屋といえば新井薬師前で発祥したもつ焼きやさん。 味やコストパフォーマンスの良さから中野区の住民たちから圧倒的な支持をうけて店舗を拡大。 いまでは、札幌にもお店を構えるほどの一大チェーンとなりました。 とはいっても、大 […]

神田「一亀」 みんなの集合場所、街の銘店が帰ってきた

2013年末、東京の飲兵衛の間に衝撃が走りました。 いえ、飲兵衛だけでなく、千代田区全体に大きな悲しみが広がったことは間違いないでしょう。 神田の銘店、升亀の突然すぎる営業終了。 新聞各社もこのニュースを取り上げ、個人経 […]

四つ木「せきや商店」 不思議なアットホーム角打ち

ここはまだほとんど知られていない隠れた角打ちです。 場所は、京成線四ツ木駅と立石のほぼ中間に位置し、周囲にはこれといって目立った飲み屋街はありません。 町工場がたくさんあるエリアで、この角打ちのお客さんの多くは、そういっ […]

池袋「二合」 暖たか立ち飲み、お財布やさしく今夜も酩酊

「味よし、客よし、値段よし」を看板に掲げる小さな小さな立ち飲み屋さんが池袋にあります。 駅から歩くこと10分。酔っ払っての梯子酒には厳しい距離にあるからこそ、ここの酒場には落ち着きやお客さん同士の一体感が守られています。 […]