難波「豚足のかどや」ミナミの動力源!ぷるんぷるんの豚足にかぶりつく。


大阪はキタもミナミも、星の数ほど大衆酒場があります。東京であれば有名雑誌やグルメ番組でひっきりなしに紹介されそうな店が、この街ではごくありふれた存在です。

その個性は様々で、串カツやどて焼きだけで満足していてはもったいないです。もっとディープで、もっと不思議な大阪の酒場を巡ってみませんか。

ミナミは最近、若い世代に向けた今風の立ち飲み屋が雨後の筍のごとく出店していますが、その中に混ざって半世紀続く店も多い。豚足の「かどや」は、1951年に創業した肉ホルモンの専門店です。

コテコテの飲み屋路地にありますが、ここはピカピカな高層ビルやホテルに挟まれている一画で、まるで異世界に迷い込んだように感じます。

 

店先はオープンテラス…いやいや、ビールケースを積んだ適当なテーブルが配され、店内には巨大なコの字カウンターが細長く伸びています。

サラリーマンもオシャレな女性も、野球帽が似合う先輩も、みんな一緒に狭いスペースを共有し、今となっては飲み屋でしか味わえない粗野な空間です。

 

コの字の端に置かれた大鍋でグツグツ煮込まれた大量の豚足。

着席と同時にお兄さんと目が合って、その瞬間に「ビールと豚足ちょうだい」。目にもとまらぬ速さでザっと皿にもられて登場です。「ハイ、ビール、ネ」と別のアジア系お兄さん。

ちゃっちゃっとタレを載せてもらって「スターターキット」の完成です。思わず生唾ごくりの瞬間。では乾杯!

 

名物の豚足(600円)は、超ぷるんぷるん。コラーゲン摂取でお肌キレイ…とか、そういう話ではなく、もう欲求のままにかぶりつきたいだけ。クタクタに炊いているものの、豚骨スープのガラのごとくスカスカではなくて、猛烈にジューシーです。

 

諸先輩方は手づかみでしゃぶっていますが、最初くらいは上品に(笑)

このミソタレがやみつきになる味。たっぷりのネギと絡めて頬張れば、その美味しさに頬が思わず緩み、舌の付け根が幸せになります。

 

クサミがなく下処理の丁寧さが感じられます。2時間ほど煮込むそうで、そのまま食べても甘く美味しいです。その柔らかさは歯も必要としないほど。

 

キャベツとネギは適宜補充してくれるので、箸休めでキャベツをもりもり食べたい。キャベツを食べればまた豚足が進みますから。

 

串ものも取り揃えていて、バラ、ハラミ、ミノ、タンなど。東京ならばもつ焼きですが、大阪で豚ホルモンの串は実は珍しい部類。3本で550円です。東京のそれと比較し、だいぶボリュームがあるので頼みすぎると持て余すのでご用心。

 

焼肉(550円)。ワイワイ・ガヤガヤした空間で強火でガンガン焼かれたお肉を摘む。お店の人も常連さんも大阪パワー全開。元気みなぎる空間で、飲んでいるこちらまで元気を貰います。

 

ソフトドリンクの持ち込みはOK。ビールの他には日本酒(300円~)もありますが、圧倒的にビールが飲まれ、高層ビル群のようにそこらじゅうに大瓶(ダイビン)が林立しています。

 

営業はお昼前の11時過ぎから。日中からノンベエで満たされ、閉店までひっきりなしににお客さんが出たり入ったりしています。

大阪の酒場にある猛烈なパワーを感じる「かどや」へ、ぷるぷる豚足をかぶりつきに飛び込んでみてはいかがでしょう。

ごちそうさま。

 

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

 

豚足のかどや
06-6631-7956
大阪府大阪市浪速区難波中1-4-15
11:00~22:00(火定休)
予算1,500円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«