キリンラガー

吉祥寺「千尋」 親子が守る老舗の灯り。扉の向こう、古き良き大衆飲み屋へ。

老いも若きも、吉祥寺は幅広い年代に愛されている街です。街のシンボル、神田川の源流である井の頭池一帯の緑や、中央線文化が漂う雑貨店やアパレルショップが知られていますが、お隣の荻窪生まれの筆者には、吉祥寺は飲み屋の街のイメー […]

高知「安兵衛」 土佐っぽ集いし〆屋台。カリカリ屋台餃子で本気飲み。

酒の国・土佐。生産量は他県ほどではないですが、土佐っぽ(土佐人)はとにかくお酒をよく飲みます。世帯あたりの飲酒費用は全国平均の倍というのですから、すさまじいものです。 土佐っぽの特長を表す方言に「いごっそう」と「はちきん […]

弘前「鳥ふじ」 旅情を肴に一献。縄のれんの先に、津軽の日常がある。

日本有数の大城郭・弘前城を中心に広がる弘前市。明治後期では仙台、盛岡に次ぐ東北3位の規模を誇った立派な街でした。現在は青森県第三位にまで縮小しましたが、それでも国立弘前大学をはじめ、立派な行政施設の数々に往時の風格を感じ […]

一之江「大衆酒場カネス」かわりゆく街を、ずっと照らしてきた赤提灯

「一之江の「大衆酒場カネス」を知らないノンベエはもぐりだ。」そんな言葉を昔聞いたことがあります。もちろん、その人は長年一之江に住んでいた方なのですが、現在のように高層マンションが立ち並ぶ一之江へ最近引っ越してきた人は、そ […]

室戸(高知)「花月」 自然が生み出す絶景と、絶品の酒・魚に酔いしれる

日本八景のひとつ、四国東南端に位置する室戸岬。断崖絶壁に、奇岩が連なる海岸線と太平洋の荒波。かつては海の難所と呼ばれた場所です。 そして、そんな自然環境の中で育つ魚は絶品揃い。とくに金目鯛は西日本一の水揚げ地として知られ […]

蕨「㐂よし 西口店」 あと引く美味しさ。赤星ビールを進ませる魅惑のみそ焼き。

関東の酒場といえば「もつ焼き」がおなじみです。長年親しまれている老舗はもちろん、酒場好きを魅了する新進気鋭まで、東京ではもつ焼き・やきとん店が腕を競い合っています。 東京は城西エリアに多い「味噌焼き」を考案した元祖は、埼 […]

松山市「かめそばじゅん」 ラガーにぴったり!濃厚旨味がビールを誘うナゾの焼きそば

松山の郷土の味として知られる「かめそば」。 昭和20年代に創業した食堂「かめ」の焼きそばは、いつしか「かめそば」と呼ばれるようになり、地元に愛され続けてきました。平成に入り、「かめ」は惜しまれつつも閉店することになり、か […]

酒田「久村の酒場」 酒・肴・人。心を癒やす庄内の風土に触れるひととき。

酒田は山形県第三の街です。同じ庄内地方で人口13万人の街、鶴岡とは20キロほどしか離れていなく、両方の街は一体化して庄内の中心地を担っています。内陸にある鶴岡は庄内藩の城下町。かたや酒田は北前船交易で栄えた商業の町と、江 […]

早稲田「源兵衛」 昭和元年創業、縄のれんの向こうに変わらぬ酒場がある

早稲田駅から徒歩7分ほど。早稲田通りに面した街角に突然立派な酒場が現れます。1926年(昭和元年)創業の源兵衛です。日暮れ前にもかかわらず、店内からは賑やかな声が聞こえます。 「やき鳥、シューマイ、天鷹」の看板が飲み客を […]

下関「三枡」 わざわざ行く価値あり!街を代表する老舗の名酒場でふくに酔う

下関は対岸の門司と並び、海峡の街として栄えた港湾都市です。現在は鉄道、道路ともに結ばれ、小倉を中心とした北九州都市圏と一体化しています。鉄道こそ下関を経由していますが、道路交通は街の中心部を通らず門司につながっていて、下 […]

羽後本荘「焼鳥元気」 吹雪く夜でも賑わう元気な店。本荘で酒場飲みならココ!

秋田と新潟を結ぶ北日本の大動脈であるJR羽越本線。この路線で、秋田から約50キロを新潟方向に南下した街、羽後本荘にやってきました。駅は由利本荘市の中心部にあります。本荘は現代では人口約8万5千人、秋田県四番目の街ですが、 […]

高知「大吉」 創業三十余年、地元に愛される名酒場のカウンターで酔える幸せ

四国4県を飲食で表すならば、高知県はきっと「酒」でしょう。街中がノンベエであふれる「どろめ祭り」に、朝から飲めるフードコートで明るいうちから宴会中の「ひろめ市場」。全国を巡っていても、こんなにお酒で満たされる街は珍しいで […]

弘前「しまや」 派手じゃない。じんわり心を満たしてくれる郷土の味を知る。

昨今、外食にフォトジェニックを求めることはあたりまえになりました。ですが酒場に関してはそうなって欲しくないというのが筆者の思いです。飲食店を取材しそれを仕事にする身としては、写真映えは否定するのはいかがなものかと思います […]

茅場町「もつ焼きミナト」 こだわり大将とほっこり女将さんの空気感に癒やされる

新川といえば江戸で最大の酒市場だった街。江戸時代には新川を目指して、灘の下り酒をいかに早く届けるかと、新酒の季節は酒蔵が一番舟を競ったそうです。 現在も酒問屋の日酒販や、酒造では白鹿の辰馬本家酒造やキンミヤでお馴染みの宮 […]

戸畑「はらぐち酒店」 港と鉄の街に角打ちあり。ひときわ賑わう酒天国

今日は戸畑駅にやってきました。この街は明治の中頃までは小さな漁村でしたが、その後、近代化という巨大な時代の変化に飲み込まれます。門司と福岡を結ぶ大動脈「九州鉄道」(現:JR九州・鹿児島本線)の開通、そして大正に入ると旭硝 […]

2 / 261234561020