品川「立喰ふじ」 のぞみの前に立ち寄りたい、立喰・立飲空間


DSC08930 (コピー)

品川の駅前は最開発で整備されて、一見すると大手の上場企業系の居酒屋さんが多いように感じますが、しっかりと街を歩いて行くとやはりぽつりぽつりと、不思議なスポットが点在しています。

その中でも、特に異彩を放っているのがここ「ふじ」です。店名には立喰そば・うどんの文字が大きく入り、どうみても立ち食いそば屋なのですが、夜になると中から酔っぱらいの陽気な笑い声が聞こえてきます。

朝5時からやっていて、とんでもながくロングタイム営業のお店です。日中は立ち食いそば屋で、夜は立ち飲みになる”二毛作”的なお店です。このスタイルのお店、これまでも何軒も飲んできましたか、ここほど駅に近いお店はほかにないでしょう。

DSC08923 (コピー)

お酒はチューハイ類が300円。生ビールが380円。日本酒やハイボールもありますが、ここは酎ハイ類でさくっと飲むのがいいんじゃないかな。
アサヒの樽ハイ倶楽部を片手に乾杯です。

DSC08926 (コピー)

お酒もおつまみも、すべて立ち食いそばの券売機にはいっているので、キャッシュオンならぬ、チケットオンデリバリー。
食券で飲むのはなんだか味気ないなーと思うでしょ。昔は私もそう思っていましたが、だいたいこういうお店の店員さんは陽気な方が多く、チケットなのにお店の人とも仲良くなりやすいものです。

200円・300円・400円と三段階で価格がきまっていて、壁にはられたメニューから食べたい料理の価格をチェックして頼みましょう。

お店の人が熱心に「うちはニラ玉、唐揚げが人気だよー、おいしーよー」と教えてくれます。

DSC08924 (コピー)

立ち食いそば屋で飲むってどんなおつまみがあるの?と思うでしょ。
これが結構充実しているんです。

やきそば、おでん、マカロニサラダと、なんだか縁日の屋台みたい。

DSC08928 (コピー)

そして、たしかに美味しいとうならせるのがこの唐揚げ。注文が入ってから揚げるのでほくほく、味付けは竜田揚げのような感じです。
とにかくボリュームが大きいので、一人で飲むときに注文するのは勇気がいりますが、となりのお客さんと仲良くなってシェアする楽しみはあるかも。

DSC08925 (コピー)

元気なお店のお兄さんはいつもにこにこ。安いお店なのに、しっかり心のこもった対応をしてくださいます。会話好きの方で、いろいろ話しかけてきますから、一人で初めて飛び込んでも寂しくないと思います。

新幹線のぞみ号も停止屋する品川駅。新幹線改札から徒歩3分の立地にある、愉快な激安立ち飲みで、列車までの時間を楽しく過ごされてはいかがでしょう。

ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもお酒のお役に立てましたら、 ブログランキングのボタンを押して投票をお願いいたします。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/塩見なゆ)

ふじ
03-3474-7495
東京都港区港南2丁目2-13
5:00~22:00(土日祝定休)
予算1,000円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«