ホッピー

西荻窪「豪」 注目は仕入力。豚モツ好きならば一度は食べて焼き刺し

中央線沿線は豚モツ天国です。どの駅前にも老舗や実力あるもつ焼き店が立ち並び、杉並区民ならば行きつけの一軒や二軒はたいていあります。 西荻窪も横丁に老舗や新進気鋭の人気店がありますが、ここ「豪」も忘れてはいけない存在です。 […]

高円寺「きど藤」 二人揃ってパワーアップ!安くて美味しい立ち飲みの新常識

2012年に有名立ち飲み店から独立したお二人が始めた高円寺の「きど藤」は、その安さと安定した料理が話題を呼び、気がつけば東京の立ち飲みにおけるニュースタンダードと言える存在になりました。 「きど藤」はお二人のお名前からと […]

広島「猿猴橋たまい」 瀬戸内の大衆イタリアンで鯉ボール。横丁飲みの魅力ここにあり

駅も電車も駅前も。いま変化の真っ只中の広島駅周辺は真新しさが溢れています。その中でぽつり、ぽつりと闇市の名残を今に残す古い町並みが残っていて、そのコントラストが実に心地いい。 駅前横丁は京都のリド飲食店街などにみられる屋 […]

野方「みつぼし」 いま注目の飲み屋街に期待の新店、キーワードは地元愛

野方の駅前商店街「野方ヤッホーロード」は昭和で時が止まったとようなアーケード。よくぞ残してくれましたというレトロな眺めは野方の街に奥行を感じさせます。「ヤッホー」は野方を音読みしての言い方です。   人気もつ焼 […]

溝の口「大衆酒場ただいま」 正統派の酒場を現代の形で。入門編にも最適です。

昨今新店が相次ぐ大衆酒場。おなじみのチェーン居酒屋の次は個性をアピールしたお店が登場し、ネオ大衆酒場と呼ばれるお店も増えてきた2010年代。これがさらに次の流れとして、いま「正統派大衆酒場」がブームです。 L字カウンター […]

上野「大統領支店」 ある意味、パンダと並ぶ名所です。愛されて68年目

終戦から数年、混乱収まらぬ上野は巨大な闇市が生まれ、現在のアメ横へとつながります。闇市の生活必需品はやがてアメ横へ。そして空腹を満たしてきた掘っ立て小屋の食堂は上野の飲み屋街へと姿を変えていきます。 1950年創業の大統 […]

調布「大衆酒場ゴールド」変化球色々!試したくなる料理いっぱいの人気店

飛田給の味の素スタジアムでサッカー国際試合開催のため混み合う京王線の車内。サムライブルーの人たちに囲まれながらも皆さんとは一足お先に途中下車。今日は調布にできた大衆酒場ゴールドが目的地です。 思えば、前に調布で飲んだのは […]

八丁堀「日本豚園」 正当大衆酒場。もう、ネオ大衆とは言わせない?

2017年の年の瀬も迫った12月26日、八丁堀に大衆酒場「日本豚園」がオープンしました。コンセプトは王道の大衆酒場。オシャレにしたりバルっぽくするネオ大衆ではなく、まさに直球勝負。 オープン初日に取材する機会があり、さっ […]

千葉「花澤三友」あなたも社長!?千葉一の巨大唐揚げを食べて出世しよう

唐揚げとビールは切っても切れない関係です。皆さんはどこのお店の唐揚げがお好きですか。 全国各地には鶏の唐揚げや素揚げを看板料理に掲げる名酒場があります。例えば千葉ならば駅から徒歩10分ほどの「花澤三友」でしょう。千葉で一 […]

御徒町「御徒町西口やきとん」下町の名物もつ焼きがさらに身近に

1973年、浅草橋駅の西口ガード下で創業。連日サラリーマンでごった返す浅草橋の大衆酒場の代表的な存在の「西口やきとん」がなんと御徒町に出店。 もともと大衆寿司店があった場所を改装し、40年以上続く西口やきとんの「新鮮」「 […]

北千住「ざわさん」 安くて美味しい人気の立ち飲み。さすがは飲みの街

北千住は駅前に巨大な飲み屋街が広がります。駅からわずかの場所に新旧様々なお店が軒を連ねるほか、5分、10分と歩いた先にも満席の賑わいになる名酒場が暖簾を掲げているのも特長です。 数多い北千住の名店のなかから、今回は新進気 […]

元町「山田酒販」 明るく清潔、キレイな角打ちで神戸っ子と乾杯

日本全国、酒屋で飲める角打ちは街の色が濃くて観光地とは違った旅情が楽しめます。神戸元町で昼から飲める角打ちといえば「山田酒販」でしょう。 最寄りは阪急花隈駅ですが、港町神戸を散策がてら元町駅から歩いてくるのも楽しい場所。 […]

五反野「つみき五反野店」 駅徒歩30秒。手軽で使いやすいモツの店

東武スカイツリーラインの五反野駅。昔から大衆酒場は数こそ多くなくても今も続くよいお店がある街ですが、最近はニューフェイスの登場が続き、ちょっとしたノンベエ注目エリアとなりつつあります。 もつ焼きの「つみき」もそのひとつ。 […]

たまプラーザ「さざえ」 新しい街、多摩田園都市にも酒場は必要です

東急田園都市線の開業は1966年。戦後、拡大を続ける東京圏のベッドタウンとして東急電鉄の主導で開発された多摩田園都市は、鉄道の開通前は典型的な日本の農村地帯でした。 たまプラーザも田園都市線の開業年に誕生した街です。「た […]

武蔵小金井「百薬の長」 4代目が守る二の字カウンターで、豚もつと甲類焼酎

連続立体交差化で表情が変わった中央線武蔵小金井駅。狭い駅前広場にバスやタクシーがびっしりと溜まり、踏切の音が街に響いていたのは過去の話。いまや明るくピカピカ、駅ナカも充実し、駅周辺は再開発で大型マンションが林立しています […]

1 / 201234561020