渋谷「鳥佐」 道玄坂で50余年、界隈きっての老舗を味わう


dsc02717

渋谷の酒場は席の距離が近くガンガンと盛り上がっている店が多く、今日はしっぽり飲みたいなというときの選択肢は、「大衆酒場」というチョイスの上ではなかなか難しいものがあります。そんなときに、ぜひ思い出して欲しいのがこちらです。

昭和40年創業の「鳥佐」。渋谷に50年続く老舗の焼き鳥店です。「109」の裏、道玄坂という賑やかな立地にありながら、落ち着いた店構えを残しています。駅からも近く、ふらりと立ち寄ってカウンターで飲んでいくには丁度いい酒場です。白い暖簾には「TORI SUKE」とアルファベットでも店名が入っているのが渋谷らしい。外国からのお客さんもぽつぽついらっしゃいます。

 

dsc02712

老舗ながら手入れの行き届いた店内は昔ながらの内装を活かしつつ温もりある空間になっています。このあたりの大衆酒場でコテコテ過ぎるところはちょっと悩むというときにも便利です。仕事関係やデート利用にもおすすめ。家族経営で店の雰囲気同様、接客もとても温もりがあり、道玄坂で飲んでいることを忘れさせてくれます。

 

dsc02687

入ってすぐが厨房や焼台を囲む奥に長いカウンターです。テーブルサイズにゆとりがあるので、せわしなさがなくていい。奥は小上がりでグループできたらここでゆったり飲みたい。

まずは瓶ビールから。老舗の基本、ラガービール(中瓶530円・中生570円)を置いています。それでは乾杯!

 

dsc02696

おつまみは、小鉢が300円前後、煮込みはもつ煮込みとすじ煮込みから選べて480円、焼鳥は1本120円からと、この場所にある酒場ではかなり庶民的です。店の雰囲気や料理の内容から考えれば、当然通いたくなるお店と言えるでしょう。

 

dsc02703

焼鳥は程よい大きさ。肉汁を残すジューシーな焼き具合に程よい塩加減。香ばしい炭の香りは、ハイボールの気分を誘います。

 

dsc02714

ハイボールは富士山麓、御殿場のウィスキーソーダです。焼鳥とハイボール、スモーキーな香り同士の相性がいい。鶏皮の脂の旨味を程よく流してくれるので次の一口もすっきり楽しめます。

日本酒はあさ開(盛岡)が一合320円、チューハイや焼酎ロックも300円台と、焼鳥だけでなく飲み物もお財布に優しい価格です。

 

dsc02702

タレはとろみのあるもので、甘めのみたらし風のもの。重ねて漬けて焼いているのでテリテリです。自家製つくね(180円)は、とくに食べておくべき1本です。

 

dsc02709

皮からし和えや自家製ポテトサラダなど、焼鳥屋らしい料理が一通りそろっていますが、その脇で、刺身盛り合わせ、まぐろのぬた、たたみいわし、エイヒレなど日替わりの黒板メニューには海鮮も色々揃っているので、二次会であれこれちょっとずつ摘みたいというときにもオススメできます。

続く酒場には理由がある、老舗のカウンターを楽しみませんか。

ごちそうさま。

 

(取材・文・撮影/塩見 なゆ 取材協力/キリンビールマーケティング株式会社)

 

鳥佐
03-3464-8642
東京都渋谷区道玄坂2-29-13 若槻ビル 1F
17:30~翌0:30(金は29時まで・日祝は17時から)
予算2,700円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«