名古屋「大甚本店」 100年酒場の風情に酔う、酒場っていいな


DSC04067

明治40年創業、日本を代表する名門老舗酒場「大甚本店」。名古屋の繁華街、栄に近い広小路伏見の交差点の脇にある3階建で、近くまでくればすぐにわかります。黒い外観、ちょっとした植木鉢が並び、ぴしっとかかる暖簾、店構えを見ているだけでもお酒が進みそうな雰囲気です。

4時のオープンから次々と常連さんが流れ込み、5時頃には満席となる人気店です。名店の噂は全国的なので、名古屋に来たら一度は立ち寄ってみたい”憧れの酒場”という人も多いのではないでしょうか。

間口は狭いのですが、その外観からは想像のつかないほど奥に伸びる店内には、8人席のテーブルがずっと続いています。二階にも席があり、ちょっとした宴会などで利用することも可能です。名古屋の皆さん、大甚で納涼会とか羨ましい!

客席をまわす3代目のご主人はいつもにこにこ。黒縁のメガネがお似合いです。混み合っている店内でも、「ここにどうぞ」とちょっとした気遣いが嬉しい。

 

DSC04080

入ってすぐのガラスのケースに並ぶ小鉢から好きなものを選んでもっていくという仕組み。最後にお皿の形状をみてもらい、精算するという流れです。並ぶ小鉢のほかに、厨房横に置かれた冷蔵ケースに並ぶ魚をみながら、「これは塩焼きで、これは煮付けで、刺身で」などと、好きな食べ方で調理をお願いできます。出来上がったらテーブルまで運んできてくれます。

 

DSC04074

大皿に盛られた料理はどれも素敵な肴ばかり。

 

DSC04081

飴色の内装に暖色の照明、この空間に浸れるだけでも幸せになります。

 

DSC04072

小鉢からつぶ貝の煮付けと蝦蛄を選び、飲み物はキリンクラシックラガー大びん(610円)をいただいて、では始めましょうか。昭和40年頃の味を今に伝えるキリンクラシックラガーは、名古屋工場で製造されている地元のビールです。

賑わう店内、ご相席はあたりまえ。すみません、隅っこおじゃまして、いただきます。では乾杯!

 

DSC04069

小鉢は250円から350円がほとんど。蝦蛄も立派な大ぶり殻付きのものが300円くらいと、なんと素晴らしい。味付けは飲兵衛好みのちょっぴり濃い目。口に残るしっかりとした余韻にラガーの苦味がよく合います。

 

DSC04075

入り口に広島西条の銘酒・賀茂鶴の四斗樽が鎮座。大甚本店向けに特別に作られているものです。樽脇でお燗番をつとめるのが三代目女将。並ぶ大徳利は、冷(ひや)といえばそのまま常温で、絵館は湯煎で行われます。

 

DSC04078

正二合入るであろう大甚の大徳利(720円)には大甚の文字。冷でもらって、ととっとガラスのお猪口に注いで乾杯。瓶ビールをチェイサーに樽酒を飲み進める、おつまみには酒飲みの心をつかむ美味しいものばかり。最高です。

 

DSC04082

とり貝はそのものが立派で美味しいのはもちろんのこと、この酢味噌がまた素晴らしい。ふんわり甘さを感じる樽酒に、甘酸っぱいこの酢味噌が心地いい。

 

DSC04086

厨房横にあるケースから選んだ鮎がやってきました。こんなに立派でもやはりお手頃価格。飲んで食べてを楽しんでも二・三人でシェアすればひとり千円ちょっと。日常で使われ続けて一世紀以上、今夜も常連さんがいつもの美味しさを楽しみます。あぁ、羨ましい。

大瓶が似合う酒場、大甚はやはり酒場好きならば一度は飲みに行くべきでしょう。酒場の良さを再認識させられます。

ごちそうさま。

 

(取材・文・撮影/塩見 なゆ 取材協力/キリンビールマーケティング株式会社)

大甚 本店
052-231-1909
愛知県名古屋市中区栄1-5-6
16:00~21:00(日祝定休)
予算1,600円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«