大井町「だるまや」 鮮度抜群、新鮮な上質いわしを味わい尽くす


DSC02951

大井町は学生時代に過ごした街です。当たり前のように闇市の名残のある細い路地が伸び、そこにはびっしりと謎めいた店がハモニカのように並んでいる。いまは再開発が進みだいぶすっきりとしてしまいましたが、10年前はもっとごちゃごちゃした街で、それが「開拓心」をくすぐられました。行ったことがない酒場を覗いてみたい、今の私があるのは大井町のおかげかもしれませんね。

そんな大井町で教授と飲むのならやっぱりここ、「いわし料理だるまや」です。JR東海道線沿いに品川方向へ100mほど歩いたところにあります。ちょうどここが飲食店街と住宅地の境界のあたりで、この先はとたんに静かになります。

昔からかわらぬ佇まい、店先のP箱以外は、静かで落ち着いた、ちょっと入るのに勇気がいる感じ。これがまたいいんですよ。うん。

 

DSC02943

入るとすぐに厨房に対面するカウンターが奥へと伸びています。その奥には座敷もありますが、やはりここはカウンターでご主人の調理風景を眺めながら飲むのが一番。

ビールはサッポロとアサヒがあります。ここに来たら昔から変わらず「黒ラベル」です。そういえば恩師もサッポロ派だったっけな。お通しは日によって変わりますが、今日は葉物のマヨネーズ和え。あとはすぐに出る料理で白菜を注文。

それでは今宵も乾杯です。

 

DSC02945

さぁご覧あれ!この豊富なイワシ料理の数々。イワシ専門店は他にも好きなお店はいくつかありますが、ここほどの品揃えは滅多に出会えません。いわしのグラタンとかカレー風味などの変化球がありますが、メインとなるものもどれも外れなく美味しい。特に注目していただきたいのが「いわしのせごし」があること。鮮度自慢な証拠ですね。

 

DSC02946

いわしのユッケがおすすめ。もちろんお刺身も食べるのですがこれもぜひ試してみてください。脂がこれでもかとのっているいわしはユッケ風の味付けに実は非常によく合うんです。もりもりと野菜も食べられるし、おつまみにもなるので一石二鳥。

 

DSC02948

素早い手つきで、でもとても繊細な包丁さばき。いい仕事しているでしょう、このいわしの刺身。メニューには「刺身」としか書いてありませんが、それはもちろんいわしのこと。

この通り、立派ないわしで、まるで鯵のような大きさ。足の早い魚ですが、鮮度が良ければよいほど美味しい。だからここのいわし刺身はめちゃくちゃ美味しい。最初にこれを食べたときの感動は今も忘れられません。

 

DSC02949

まる煮は2人前からなので一人で飲むときはちょっと大きい。そんなときはこれ、水煮。刺身でも使われる大きいいわしを崩れるかどうかぎりぎりまで煮込んだもの。でも旨味は逃げ出していなくて、きゅっきゅっとしたいわし特有のちりちりの身から旨味が染みだしてきます。薄味の生姜とちょっとの塩で味付けされた特製のつゆにつけていただきます。

こうなるとビールからお燗酒に移行するのがごく当たり前の流れ。お酒大きいのをぬる燗でください。あ、あとつみれ汁もお願いします。

扉の向こうを行き交う東海道線の音が主張しすぎずに店の中へと聞こえてきます。常連さんと店主の地元トークもよいおつまみで、ここに来ると古き好き大井町を感じられてほっとできるんです。

いわし料理屋だしいわしそのものの質も素晴らしいのですが、この店の中にある昭和の大井町で飲んでいた人々の残り香を楽しんでみるのも良いかと思います。

ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ブログランキングへ応援ボタンからの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

だるまや
03-3450-8858
東京都品川区南品川6-11-28
17:00~24:00(日祝定休)
予算3,000円

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«