桜木町「世界のカクテル山荘」 昭和のバーが野毛の終着点


こんにちは!

野毛を飲み歩く、なんという心地良い響きでしょうか。
この気持ちに共感できる人は立派な飲兵衛さんです。

桜木町駅の北側に広がる「野毛」と呼ばれるエリア。住所も野毛町になりますが、住所区画からすこし外れても、飲み歩く人たちからは野毛と呼びます。 

野毛のローカル文化は、いらっしゃいませが「おかえりなさい」、おまお越しくださいから「ってらっしゃい」と言うところ。
あのお店もこの老舗にも、野毛に根付いた文化は実に楽しいです。

そして、飲み歩く人は決して一軒・二軒では済ませないのです。
軽く飲んで梯子、そしてまた梯子。
武蔵屋さんで櫻正宗を飲んで、けんちゃんでビールを飲んで、仙人でホッピーを飲んで、末広さんで焼き鳥を食べて、ぼちぼちバーに行く?

そうなったらこちらです。「世界のカクテル山荘」さん。
外観は昔の喫茶店風ですが、店内は東京・中野のブリックと同じくらいの昭和から何も変わっていない世界が広がります。

DSC01020.jpg 

入ってすぐにカウンター、そしてテーブル席が数卓。マスターは普通のお父さんって感じで、家族で経営されていて女将さんもフロアでオーダーを取ってまわる光景はバーと言うよりは居酒屋さん。

カクテルは本格的なものが揃っていますので、いつもの感覚で好きなものを頼めば大丈夫。
この日、お師匠はバランタインをダブルでロック、私は「横浜」という名のカクテルを頼みました。 

DSC01016.jpg

レシピを聞くと、ジン、ウォッカ、アブサン、オレンジジュースとのこと。
そういえば、ヨコハマという名のカクテル、聞いたことがあります。結構メジャーでしたよね。

軽快なシェイカーの音を楽しみながら、供されるまでの時間、雰囲気を楽しみます。 

はい、乾杯☆彡

アブサンが入っているので、香草の香りがとっても爽やかです。
レシピとしては度数が高いですが、とても飲みやすく、爽やかなカクテルですね。
これはまた横浜のバーで飲むときにお願いしましょう。

DSC01017.jpg 

お師匠はいつものバランタインのダブルですね。
しぶーい(*´∀`*)

DSC01018.jpg 

さて、おつまみですが、これが実におもしろくて、なんと中華メニューが豊富です。
たしかに中華街ではなくても横浜は中華料理店が街中にあります。なんとバーにもあるなんて。
おとなりの常連さんはラーメンがオススメとお話されていましたし、隠れた人気メニューなのかしら。

なぜでしょう、野毛を飲み歩いた最後にこの「ちゅるりん」としたワンタンがとても心地よいです。

DSC01019.jpg 

もう一杯飲みましょう。マスターに「はは、お強い」なんて言われつつ、次はサイドカーを選びました。
飲みやすさから女性を酔っ払わせるカクテル。

ブランデー、ホワイトキュラソー、レモンジュースのレシピのサイドカーは確かに飲みくちが優しくいくらでも飲めてしまうような錯覚になりますね!

さて、店内を見渡すとなんとウィスキーのボトルがキープされて並んでいます。バーでボトルキープ、うん、不思議~。
そして後ろをみるとなんとジュークボックスが現役です。

世界中をまわる船員さん御用達のバーなのでしょうね。壁には世界中の紙幣が飾られています。
東京とは異なる横浜の雰囲気、とても楽しいです♪

ごちそうさま。


世界のカクテル山荘バー / 桜木町駅日ノ出町駅馬車道駅

夜総合点★★★☆☆ 3.3

 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ1日1回クリックしてくださると嬉しいです。  

 

☆梯子するならコチラ
桜木町「新京」 安くて美味しい野毛の家 
桜木町「うみとはたけ」 魚のお店を発見
桜木町「末広」 やきとりの銘店で〆ましょう



コメントは受け付けていません。


こちらの記事もどうぞ



«