【閉店】恵比寿「梅暦酒店」 ビールの街、駅前で続く老舗角打ち


DSC01157

恵比寿は言わずと知れたヱビスビール発祥の街です。
商品名としての恵比寿が先にあり、それを造るの街の駅だからと、ビールを出荷するように設けられた山手線の駅は「恵比寿」となりました。住所も恵比寿という名前になり、名実ともにビールの街、サッポロビールとともに歩んできた街です。

いまは恵比寿の工場は千葉に移り、その跡地は再開発されて恵比寿カーデンプレイとなりました。イルミネーションがきれいでクリスマスの時期、ムードを盛り上げてくれます。

工場こそなくなりましたが、ここは日本麦酒(現サッポロ)発祥の地。いまも本社はガーデンプレイスにあります。

さて、そんな恵比寿にも良い感じの角打ちがあるのですが、やはり取り扱いの中心をみれば星マークがついています。
「梅暦酒店」は、駅からも近く、価格もリーズナブルで、ふらっと立ち寄れる使い勝手の良い角打ち酒屋。

さっそく飲んでいきましょう。

DSC01158

生ビールはサッポロ黒ラベル、さすがというか、サッポロの商品が非常に充実しています。
こちらにハシゴする前に恵比寿ガーデンプレイスで生ビールを飲んでしまいましたので、ここでは大好物の玉露割りに。

この濃い緑と渋い味、ファンも多いのお茶割りです。

こちらのお店、女将さんはかなり濃い目に焼酎をいれますので、なかなか飲みごたえがあります。

DSC01159

酒屋さんなのですが、角打ちのスペースとしてカウンターが設けられていて、パッと見た感じは立ち飲み屋の雰囲気。

ここがあの恵比寿なんだということを忘れてしまいそうな、ここだけのんびりとした時間が流れています。

DSC01152

恵比寿ガーデンプレイスのおしゃれな空間を楽しんだあとは、やっぱりどっしり構えた老舗の角打ちや飲み屋さんもいいですね。

ごちそうさま。

 

(取材・文・撮影/塩見なゆ)

梅暦酒店
03-3441-8722
東京都渋谷区恵比寿1-5-8
16:30~21:00(土日祝定休)
予算800円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«