アサヒスーパードライ

北千住「千住の永見」 ときわ通りの止まり木で心をほぐすひととき

今日は北千住で大定番の大衆酒場「千住の永見」をご紹介します。1948年(昭和23年)創業です。 5路線が乗り入れる北千住駅は巨大なターミナル。でも、すべての路線が南北の同一方向を向いているので方向感覚が崩されずに意外とわ […]

京都「橋本酒店」 一杯270円から、硬派角打ちの真髄を楽しむ銘店

京都には実は結構角打ちが残っています。駅前や繁華街に近いお店がなにかと話題に上がりますが、今回はとびきり硬派なお店「橋本酒店」を紹介します。 京都鉄道博物館の開業で話題になった梅小路公園をこえて更に七条通りを西に進んだと […]

関内「利久庵」 70年続く銘蕎麦店は、蕎麦前も秀逸だ

今日は関内の蕎麦屋「利久庵」にやってきました。世界中の料理が味わえるこの界隈、最近は若い人向けのもつ焼き店なども登場し、これまでの渋い大人の街の雰囲気から変わりつつある地域でもあります。 利休庵はそんな関内にある、横浜を […]

横浜「クラーテル」 駅前一等地で静かに賑わう角打ち酒場

横浜駅から徒歩1分の場所に角打ちがあることをご存知でしょうか。 しかも路地裏やネオン街ではなく、本当に一等立地の場所にあるんです。横浜駅東口、そごうへ続く地下街に降りずに地上にあがると、横浜を代表する企業・崎陽軒の本店や […]

名古屋「のんき屋」 あなたは道飲み派?味わい深い酒場で癒される

本日は名古屋の老舗酒場をご紹介します。JR名古屋駅から徒歩10分、名古屋の主たる繁華街とは異なる少し離れた場所に、昭和の酒場が並ぶ一画があります。ザラメと八丁味噌の香りがぷーんと漂うこの路地は、名古屋の酒場巡りでは必ず立 […]

高円寺「大衆酒場バクダン」 創業60周年。超いい!昭和を愛でる幸せ

物騒な名前ですが怖くありません。若い人がつくった最近の酒場を巡る方だと、店名以上にこの店構えであっとうされて引き返してしまうかもしれませんが、そういう意味も含めて、「怖くありません」。 昭和を愛でるという表現がぴったりの […]

上大岡「ろばた焼安兵衛」 街に根付いて30余年、当たり前だから心地いい

京急線の沿線は名酒場揃いです。日本中の酒場をめぐるという趣味であって仕事としている私も、いつか引退する時が来るならば、住処は京急の沿線を選びたい。どの駅にも必ず一軒・二軒と味わい深い酒場がありますが、上大岡は特別、いいお […]

六本木「大衆割烹 三州屋 六本木店」 色めく街の人情割烹は40周年

飲兵衛の味方、三州屋。神田本店や銀座、蒲田などにあることでも知られています。暖簾分けのお店ですが、お酒は蒲田を除いてサッポロと白鶴で、おつまみには鳥豆腐やまぐろをメインとした海鮮を中心としたメニュー構成で、いくらかの共通 […]

八王子「金太郎北口店」 昭和43年創業の八王子を代表する焼鳥酒場

八王子をホームにして飲み歩かれている方には、焼鳥といえば「金太郎」ではないでしょうか。八王子駅を中心に界隈で10店舗を展開する八王子ローカルのドミナント酒場。創業は1968年という半世紀近く続く八王子を代表する飲み屋です […]

王子「平澤かまぼこ」 京子さんの味を求めて先輩方が集う店

1999年、立ち飲み営業をはじめた平澤かまぼこは、いまや王子の朝酒・昼酒、そしてせんべろを語る上で外すことの出来ない一軒です。もともとは1962年創業のかまぼこ店で、おでん屋になったいまも自家製のかまぼこを肴として提供し […]

米原「三松」 琵琶湖畔の地元愛され食堂で郷土の幸を

何を思ったか米原で途中下車。月に何度もお世話になっている東海道新幹線ですが、米原はいつも通り過ぎる駅。 「あ、米原を通過したからそろそろ京都、降りる準備をしなくちゃ。今宵は四条河原町で飲もうかな…」なんて考えているあたり […]

長崎・観光通り「かにや本店」 おにぎりにCL、長崎の謎の〆文化

2016年10月1日からJRグループや長崎県、旅行会社共同による観光PR【長崎ディスティネーションキャンペーン・『旅さきは、ながさき』】が始まります。期間中は特別な旅行商品や特別運転の観光列車の登場、ご当地も歓迎ムード一 […]

福井「おたん」 創業70年、新しくなった玄関口でも変わらぬ郷土の味を

しばらく来ない間に驚くほど変化した福井駅前。路面電車の福井鉄道もオシャレな電停に生まれ変わり、ドイツ・シュツットガルトからやってきたレトラムが走ります。北陸新幹線の工事も着々と進行中で、そんな中でJR福井駅周辺は一足お先 […]

富山「丸一」 大人になったら日本海に飲みにいこう

北陸新幹線の開業で東京から富山は2時間で移動できる距離になりました。東海道でいえば京都と同じくらい。本当に近くなりましたね。東海道側と違って、今まであまり足を延ばさなかった北陸・日本海側。ふと、日本海の青鈍色と北陸の酒場 […]

松戸「鳥孝」 骨付き鶏唐揚げを片手に、昔ながらの合同焼酎

松戸といえば何の街?地理マニアならば、江戸川がつくりだした沖積平野、歴史マニアならば水戸街道の宿場町として栄えたとなり、鉄道マニアならば常磐線の電車の基地がある街、でしょうか。あ、ギャンブルで言えば競輪も有名ですね。あ、 […]

4 / 2123456720