京成立石「四ツ木製麺所」 うどん屋さんだけど、飲み屋さん


DSC07542

大人の遊園地、昼酒の聖地、飲兵衛の楽園、そんな別名が付くほど個性的な飲食店が多い立石。

ターミナル駅でもないのに、なぜこんなに酒場が?と驚いてしまいますが、このあたりは町工場密集地帯。
働いた後、ちょいと飲みに行こうという人たちが多かったんでしょうね。今も、職人さんたちの姿を見かけますが、飲み方がかっこいいんです。背筋を伸ばして、カッと飲んでいる姿は惚れ惚れします。

そんな立石で、最近話題の酒場があります。
その名は、四つ木製麺所。ここは立石なのに四つ木?と思いましたが、聞けば四ツ木から移転してきたのだそう。昔はテイクアウトだけだったそうですが、いまは飲食スペースを設け、店内で食べていけるようになっています。

ここまでは、うどん屋さんのお話。私は、うどんライターではなく、お酒の人。うどんの話だけでは終わりません。

DSC07536

13時頃、お昼ごはんを兼ねてやってきました。駅からのんびり歩いて10分ほどかかる立地ですが、酔いざましにはちょうどいい距離かな。
道が複雑なため、初めての方は地図のご用意を。

いらっしゃいませー。どうぞー。
笑顔にお店の女性が案内してくれました。

えーっと、ランチメニューにはお酒がありませんが、ダメ元で、「瓶ビールをいただけますか?」
出てきたのは赤星。ほら、だんだん普通のうどん屋さんじゃないことに気づいてきませんか。

乾杯!

DSC07538

せっかくの製麺所ですから、うどんを。
ぶっかけ(330円)をはじめとした普通の麺のほか、ほうれん草をねりこんだ”ポパイ”なんていう麺もあり。トッピングの天ぷらは100円台で、ワンコインでお腹いっぱい食べられるお店です。

プラスアルファでミニ盛りの丼ぶり(300円台)があり、海鮮モノが色々と揃っています。

うどんは腰がありもっちり、汁の色を見ると東京味ではなく讃岐のもの。なるほど、そういえば、お店の作りも本場讃岐のうどん屋さんに見えてきます。製麺スペースの手前にちょっとしたイートインスペースがあるのは讃岐の定番ですもんね。

DSC07539

なめろうというよりは、アジの漬けという感じですが、この味付けが後を引く美味。鯵ももっちりしていていいものだと思います。

夜はお刺身を出すんですよ、と話してくださるご主人。

そう、このお店は夜は居酒屋さんになるんです。ジャンルを強引につけるとしたら「うどん居酒屋」かな。
お刺身は鮪、ヒラメ、鯛、カンパチなどの東京でよく食べられる定番魚が日替わりで入っているんだって。

DSC07540

お酒の種類もしっかりで、焼酎はキンミヤを入れています。

定番のホッピーの他に、酎ハイもしっかり。
天羽の梅エキスをおいているそうで、焼酎ハイボール(300円)やレモンサワー(ホッピービバレッジ社)なんかも楽しめます。

そして、日本酒はなんと伏見の銘酒「櫻正宗」です。櫻を置いている居酒屋さんってあまりありませんが、私は灘でイチ・ニで好きなブランドです。

それにしても、ここのお酒のチョイスはまるで私の心を読んでいるかのような銘柄ばかり。ご主人の趣味なのか、はたまた。

DSC07541

まだオープンして間もないので、固定客は少ないのかなーと思っていたら、家族連れや女性グループなど、飲兵衛以外の人も結構食べに来ていて賑やかでした。

近くには飲み屋街があるわけですし、きっと夜は飲兵衛の社交場となっていることでしょう。カウンターで一人飲むもよし、テーブルで4人くらいで盛り上がるも良し。
四つ木の新名所といっても過言でははない四つ木製麺所。”もつ焼き”だけではない立石の魅力をぜひ体験してみてください。

ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、 是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/なゆ)

 

四ツ木製麺所
03-5670-7610
東京都葛飾区東立石2-11-7
twitter @Oyaji_Udon
[平]昼11:30〜14:30/夜17:30〜22:00(火定休)
[土]11:00〜21:00 [日祝]11:00〜16:00
予算1,500円

大きな地図で見る



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«