田町「永山」 個室で食べる蕎麦居酒屋。ゆったり創作蕎麦前で黒ラベル[PR]


提供:サッポロビール

居酒屋の専門性や特化が進む中、最近は蕎麦居酒屋のカテゴリーも賑わいをみせています。昔は街の個人経営のお蕎麦屋さんが担っていた蕎麦屋で飲む「蕎麦前」が注目されているのはとても良いことです。

田町にオープンした「永山」(えいざん)は、1階はクイック利用ができる標準的な蕎麦屋。そして3階には個室利用の蕎麦を軸とした宴会コースが楽しめる空間と、二種類の用途が同居しています。

そういえば、昔のお蕎麦屋さんも座敷では宴会があったもので、それも含めて同じ流れと言えそうです。

 

1階は軽くビール(生ビール黒ラベル580円)や日本酒(白壁蔵 特別本醸造など600円~)をもらって玉子焼き(780円)からはじめて天せいろ(1,580円)で〆るという軽い晩酌が良さそうです。

 

3階は宴会席。掘りごたつでゆっくり過ごせるので気軽な相手との会合飲み向き。本日はサッポロビールさんと利用します。

 

まずは乾杯。状態のよい生ビール(580円)。サッポロ黒ラベルで乾杯!フロスティミストの層が分厚く見た目も美しい。

 

日本酒はバランスの取れた品揃え。コースでは頼める内容に制限もありますが、赤星も飲み放題です。

 

お酒は凡そ600円前後。都営地下鉄三田駅から徒歩1・2分の立地でもあり、余裕のある個室ならば妥当な価格帯でしょう。

 

コースは5,000円から7,000円。そば寿司からはじまり刺身やさつま揚げ、かけつゆの豚鍋に〆のそばが創作のオリーブそばと粗挽きそばの2種類。どのコースもそばがしっかり組み込まれています。

 

最初のひとしな、そば寿司は創作型。一般的には巻きずしのように造りますが、こちらはドーナツ状になっています。鯛やいくらで蕎麦を包んでいます。

 

宴会コースの刺身は箸休め的に具合。旬にあわせた内容で仕入れは築地市場。本来はここから鍋がでてきます。

 

さくっと揚がった天ぷらとアスパラなどの野菜。こうくると次第にそばが食べたくなってきます。コースはボリューム満点なので、蕎麦のためにお腹に隙間をあけておいて。

天ぷらにデュワーズとブレンデッドウイスキーの組み合わせってやっぱり合います。ここではデュワーズで。

 

蕎麦を前にして、天ぷらやお刺身を肴に八海山。

 

店内で挽いている蕎麦は、店内で数種類つくりわけて打ち、その日の打ち立てを提供してくれる。挽き立て、打ち立ての蕎麦は嬉しいものです。

 

朝打ち・二八のそば。せいろなどの標準的なメニューの他にも創作系が充実し、オリーブをまぜて打ち、トマトのつけ汁で食べるオリーブそばや肉野菜蕎麦など華やかな内容です。

 

宇和島鯛めしのように刺身の鯛をつかい、鯛は胡麻だれとあえごはんにのせた鯛ごはんは蕎麦と並び〆で人気とのこと。築地市場の休市日にはでてこない曜日注意の料理です。少したべあとは蕎麦つゆを基本としたお出汁をかけて、二度美味しい。

蕎麦屋と居酒屋が融合した「永山」。そば職人から伝授された若きスタッフがつくる創作をはじめ、新しい蕎麦前の楽しみ方を提案してくれるお店です。

ごちそうさま。

 

(取材・文・撮影/塩見 なゆ タイアップ/サッポロビール株式会社)

 

打ちたて蕎麦 永山
050-5590-5140
東京都港区芝5-32-10 土屋ビル
11:30~14:00・15:00~23:00 (土日祝・祝前日は11:30~22:00・無休)
予算3,500円・コースでは飲放題付きで5,000円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«