築地「トミーナ」 場内唯一のイタリアン、瓶ビール片手にガザミを独り占め


いよいよ移転まで一年を切った築地市場。間接的とはいえ飲食に関わるものとしてその行方は気になります。何より市場で働く皆さん、仕入れに集まる飲食店や小売店の方の負担が少ないことを願いたいです。

築地の場内には市場関係者向けとしてはじまった飲食店が横丁の小箱のように並び、食のプロを唸らす店は次第に有名となり、いまや立派なグルメエリアです。

トミーナはそんな場内の一号館で長く営む場内唯一のイタリアンです。寿司や海鮮丼は観光客で人気ですが、魚河岸に来たら「鮮魚」というイメージにあえてとらわれなければ、並ばずに入れることも多いトミーナをおすすめしたいです。

 

カウンターだけのコンパクトなつくりで、近隣の食堂や寿司屋に似た大衆的な佇まい。御年91歳の看板娘のママを筆頭に家族経営で優しい雰囲気が魅力です。女性客に対しては「お嬢様」と呼んでくれるのも素敵。

さて、市場の食堂なので朝から昼までの営業です。それでもお酒を飲む人は多く、瓶ビールはキリンラガーの小瓶(400円)が次々空になっていきます。ハウスワインはグラス(600円)だけでなくなんボトル売り(3,000円)もしています。

スパゲッティとピザの二択で、場所柄海鮮具材が豊富。旬の食材を使うので市場の入荷にあわせて「牡蠣」「ズワイガニ」「ウニ」など臨機応変に加わります。

 

一緒についてくるサラダをおつまみに瓶ビール。トトトと注いで乾杯!

昔ながらのたっぷりドレッシングのサラダは不思議なほどにビールを進ませます。

 

定番ではなく「あったら嬉しいな!」「のスペシャルメニュー、わたり蟹(正式にはガザミ)のトマトクリームパスタ。市場食堂はインパクトあり個性的な料理で溢れていますが、このインパクトは別格です。

 

市場でみかける最大サイズのガザミを1パイまるごとを使い、味噌や腹、付け根の身をほじくりだしトマトクリームソースと和えてさらにスパゲティを加え混ぜたもの。大きなイタリアンの皿にも収まらないほど巨大です。

 

具だくさん、というよりも、わたり蟹の煮込みといえるくらい身でいっぱい。昔懐かしい昭和の味と思いきや、これが結構本場のテイストも加わり美味なのです。

さらに脚の身はそのまま詰まっているので、両手にソースをいっぱいつけながら、蟹フォークでぐりぐりほじくり、それをおつまみにワインを飲むと、もう幸せ。

 

フィンガーボールとナプキンが用意されますが、それでも大変なことになりますのでオシャレ着などで来ずに、蟹と向き合いやすい格好とおしぼり持参が無難です。

2,600円でこんな巨大なガザミを食べられる。ズワイガニのカルボナーラも1,700円。ほかにも市場ならではの海鮮スパゲティがいっぱいです。海鮮パスタ好きならばここに来て、ビールとワイン片手に頬張るべし(笑)

市場移転後も管理棟3Fに入居するそうなので安心です。

ごちそうさま。

 

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)
お詫びと訂正:ガザミを一部ザカミと表記しておりました。

 

トミーナ
03-5565-3737
東京都中央区築地5-2-1 築地市場 1号館
8:00~14:30(水曜日などの休場日12:00~14:00・日祝定休)
予算3,000円



“築地「トミーナ」 場内唯一のイタリアン、瓶ビール片手にガザミを独り占め” への1件のコメント

  1. おのっち♪ より:

    真似っこしたいメニューです♪ヽ(´▽`)/
    場内では蕎麦屋か中華屋の頻度が高い私ですが、
    パスタも楽しめそうですねφ(..)φ(..)
    気になりつつも未開拓の店でしたので是非!

    プロ、貴重な情報ありがとうございます(^^ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«