新富町「サ嘉ダチ 」 魚が好きならば寄り道必須、魚河岸立ち飲み


DSC02063

魚のいい店、みーつけた。ということで、今回は八丁堀・新富町から徒歩3分ほどの場所にある立ち飲み「サ嘉ダチ」をご紹介します。2014年の夏にオープンした築地の海鮮を扱う酒場です。

築地からも徒歩10分程度の場所にあり、ジャンルを命名するとすれば「魚河岸立ち飲み」とでもつけましょうか。築地、新富町は魚系の酒場は老舗を中心に人気店が多数ありますが、立ち飲みとなるとめずらしい。

ずっと気になっている酒場だったのですが、最近近所に引っ越したこともあり、先日初めて訪問しました。それがもう感動で。こんな素敵なお店があるのに、どうしてもっと早く飲みに行かなかったのかと。

 

DSC02065

人気料理はもちろんお刺身。築地買い付け刺身盛り合わせは580円からとリーズナブルです。中で二人前、大は三人以上でないと食べきれなさそう。

 

DSC02062

黒板メニューは、男鹿産天然岩ガキ(380円)やシャコとタコの梅肉酢(480円)などお酒が進むこれぞ肴といった名前が並びます。

 

DSC02057

それでは、まずは瓶ビール(中びん550円)で乾杯しましょうか。生ビールはサントリーモルツ、瓶は3社揃います。立ち飲みでビール4社揃うお店って滅多にありません。これなら、誰との見に来ても安心です。

まずはラガー飲み比べということで、キリンクラシックラガーとサッポロラガーの2本を用意。どーんと登場、どっちから飲もうかな。それでは乾杯!

 

DSC02067

あれこれおまかせ盛りの中(980円)がこちら。分厚いホタテなど6点入ってこの価格。採算は大丈夫なのかと心配になるくらいのボリューム満点、そして質のいい立派な刺盛りです。丁寧な仕事で、ただザクザクと切って盛ってをしているだけでないことがわかります。

 

DSC02072

お刺身はビールよりも日本酒だ!と言われるかもしれませんが、いやいや、夏はマグロをつまみにくいっと瓶ビールというのも乙なものです。

 

DSC02060

ここのたらこポテサラ(300円)は美味しい。たらこの旨味と塩気とマヨネーズのバランスが、などと言わずに、素直に美味しい。ビールが進み過ぎる。細かく刻んだたくわんが食感に個性をあたえ、さらにポテサラに甘味を加えています。

 

DSC02079

お酒は櫻正宗に。新富1丁目に東京支店があるので、こちらのお店はご近所さん。だから、ということではないそうですが、櫻正宗が定番酒として置かれています。櫻正宗は私の自宅常備酒のひとつで、普段から愛飲しています。辛すぎず深すぎず、バランスの良いお酒です。

 

DSC02081

生しらす、いくら、カニの合盛りがここの名物で、上げ底ではなく本当にたっぷりと深めの器に入っています。これで550円は大変オトク。これで550円は正直考えられない。日本酒は一合では当然足りずおかわりしたくなる、なんて素晴らしいおつまみでしょう。こればかり食べたら申し訳ない(笑)

 

DSC02082

魚のアラ入り湯豆腐(350円)は、たっぷり豆腐一丁が魚のだしを吸って登場。鰹節やとろろこんぶで旨味をつくるのが一般的ですが、豪快な市場メシのような湯豆腐もまた楽しい。エアコンのきいた中で、お燗酒と湯豆腐というのもいいじゃないですか。

 

DSC02061

豆腐味噌漬けなど、ちびちびつまむメニューを常連さんからおすそ分けいただきましたが、美味しいに決まっています。他にも気になるメニューが多いので、じっくり通って開拓していきます。

まだ若い店主さんですが、良心的で鮮度抜群の海鮮を求めて常連さんは年配の人も多い。新富町という土地がらか、落ち着いたお客さんばかりで大人の雰囲気があるのもいい。

魚好きの皆さん、ここは会社帰りにちょっと寄り道してでも飲みに行くべきお店ですよ。合盛りに瓶ビールからの櫻正宗をぜひ。

ごちそうさま。

 

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

サ嘉ダチ
03-6222-8676
東京都中央区新富1-3-10 桑原ビル 1F
17:00~23:30(日祝定休)
予算1,800円



“新富町「サ嘉ダチ 」 魚が好きならば寄り道必須、魚河岸立ち飲み” への1件のコメント

  1. […] 新富町の人気立ち飲み「サ嘉ダチ」【記事】の二号店がオープンしました。場所は同じ新富町で、銀座一丁目や八丁堀からも徒歩で数分という立地です。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«