高田馬場「サウンズ テラス」 最近、ゆっくり夕焼けをみたのはいつですか?


DSC01231

オフィスに居るとき、家にいるときはずっとパソコンの前。最近、夕焼けをみたのはいつだっけ。のんびりと沈む夕日を眺めながらビールが飲めたら、きっと幸せだろうな。

東京の空は狭い。オープンテラスで飲んでいても、どうしても囲まれている感はあります。たまにはぐーっと背伸びをして美味しいお酒を楽しみたいものです。やっぱり、そんなときはビアガーデンですね!

今回ご紹介するビアガーデンは、地下鉄東西線の高田馬場駅から直結の場所にありながら、素晴らしい開放感あふれるお店です。11階建ての建物の屋上。高田馬場にこんなビアガーデンがあったんだと正直に驚き、そして感動しました。

 

DSC01233

見てください、このロケーション。早稲田通りに面していながら、界隈のビルよりも背が高いこともあって、ぐるりと周囲が広がっています。こんなに空が広い場所に来たのは久しぶり。

 

DSC01238

まさに天空のビアガーデン!周囲に高い建物がないので、展望は抜群にいい。新宿の高層ビル群をはじめ、六本木ヒルズや池袋サンシャインまで見える眺望。高層ビルは片面の景色ですが、ここは大型ビルではないので、ぐるりと見渡せるのです。

 

DSC01234

夕暮れのビルの屋上、日差しも落ち着いてきて夕涼みという言葉がちょうどよくなってくる時間、取材にお伺いしました。仕事柄毎日飲んでいますが、こんな感動したのは久しぶり。屋根がないので雨天は楽しめませんが、その分、余計なものがなくとにかく空が広い。

 

DSC01240

同ビルで飲食店を運営されている会社のビアガーデンなので、屋上の厨房設備は必要最低限に抑えられていて、すっきりとした印象なのもポイント高い。

 

DSC01245

テーブル席は2時間制で、飲み放題は30分前で終了です。途中から天候の影響で中止となる場合は残り時間に応じて料金が減額になる旨などの説明があります。

 

DSC01249

メニューは、2時間制90分の飲み放題とバーベキューセット、おつまみ、締めの焼きそばとアイスがついて4,500円。

 

DSC01247

さらに+500円で、スミノフレモネードやよなよなエールが選べる贅沢コースもあります。クラフトビールが飲み放題のビアガーデンは珍しい。カクテルも種類豊富で、ビール好きでなくとも十分に楽しめそう。

 

DSC01251

暮れていく空の下、クラフトやカクテルもいいけれど、やっぱり私はナショナルビール!いつも、どこでも飲めるけど、これほど環境によって味の違いを感じるビールはないと思います。どうですか、このシズル感。夕日を浴びて黄金色にかがやく一番搾り。

 

DSC01254

新宿を眺めて、それでは乾杯!くいーっと飲んで最高の気分。すべて解き放たれるようなこの感じ、最高に贅沢な気分です。

 

DSC01255

ぐーっと飲んで一息で半分も飲んでしまいました(笑)
グラスの温度、洗浄、ビールそのものの鮮度も最高。泡もばっちりのビールです。

 

DSC01252

料理が運ばれてきました。バーベキューはもちろんセルフで焼くのですが、それでも席数に対して店員さんの数が多くてスピーディーできめ細やかに対応してくれます。ビールをぐいぐい飲みたい私にとって、オーダーからビールが出てくるまでが早いのも嬉しいポイントです。

 

DSC01258

さぁ、バーベキューセットが揃いました。色とりどり、もりもり食べましょう。サンチュがついてくるのもいいですね!

 

DSC01256

牛肉盛り合わせ。3人前ですがボリュームたっぷり。ビールとお肉で盛り上がりたいというパワフルな人たちがきても、結構な満足感があるのではないでしょうか。

 

DSC01267

トキ色の空の下、これでもかという広々した空間を味わいながら食べるバーベキューは美味しいに決まっています。

 

DSC01283

ビアガーデンの定番、枝豆、ピクルス、ポテトサラダなどを摘みながら、キリン一番搾りはぐんぐんと空になります。取材に同席頂いている男性陣を差し置いて、私が一番ハイピッチで飲んでいます。これでも酔っ払わないようにと遠慮しているのですが(笑)

 

DSC01264

そして、今日一番の贅沢、クラフトビールの「よなよなエール」も飲み放題!琥珀色のビールが夕日に照らされてフロスティミストが煌めきます。

 

DSC01263

柑橘系の爽やかな香りとほんのり甘い味わい。ふわっと何かが抜けていくような、言葉に表せない心の扉を開け放つような気分。

 

DSC01281

皆さんはどっちのビールを選びますか?状態のいいビールを心地よい空間で飲み比べる、なんと贅沢な瞬間でしょう。

 

DSC01286

ビアガーデンによくある万国旗や提灯、陽気なBGMはなく、大人のゆっくりとした時間が流れています。早稲田通りに面していながらも40m近い高さがあることで、まるで高田馬場とは思えない静けさがあります。

 

DSC01307

+500円のコースで選べるスミノフレモネード。とき色の空にあわせて、乾杯!

 

DSC01309

乾杯はビールで、そのあとはリキュールをのんびり楽しみたいというときには、「ひんやりあんず」、そして7月5日に登場したての「ひんやりライチ」も選べます。

 

 

DSC01275

夕日に当ててその輝きを楽しむのであれば、ハイボールもいいですね!それにしても、何杯飲んでいるのやら…(笑)

 

DSC01313

暮れてきますと、テーブルスタンドが設置されているので、それを点灯させれば一層ムードが高まります。いいなー、学生時代、こういう場所でデートをしたかったです。

 

DSC01317

時間経過とともに表情を変えていく東京の景色をゆっくりと美味しいお酒を片手に楽しむ。

 

DSC01324

デートならば、角のテーブルが特等席かな。ムードたっぷり。

 

DSC01325

早い時間は比較的空いていましたが、時間とともにお客さんも集まってきました。それでも、やはり大人のビアガーデンという感じで大きく騒がず穏やかに暮れゆく眺めを楽しんでいるようで、そんなお客さんの層も含めてここのビアガーデンはレベルが高いと思います。

 

DSC01290

コース利用が多いですが、実はこちらはチャージ不要でドリンク・フード500円均一(ボトルビールのみ700円・いずれも税込)のバー利用も可能です。

 

DSC01335

バーはビアガーデン用のテーブルスペースの反対側、カウンターに座ってゆっくり過ごせます。この景色は、左が高田馬場駅で、右が池袋という眺め。

 

DSC01342

夜景を眺めながら、ほろ酔いを時間を共有する。いいものですね。

 

DSC01340

バーコーナーはビアガーデンに取り扱いのない飲み物もあり、ハイネケンやギネスも取り扱っています。高田馬場はわいわいとした酒場やバルが多いですが、駅直結でこんなに大人な空間があるというのはあまり知られていませんね。気軽に1杯だけ飲んでいくのももちろんOK。

 

DSC01343

本当はあまり広めたくなくて、こっそり通う隠れビアガーデンにしておきたい。それほど気に入っています。

この夏、一度は体験して欲しい素晴らしいビアガーデンです。どうです、このあと一杯。私が一人飲んでいましたら、オフですので見逃してください(笑)

ごちそうさま。

(取材・文・撮影/塩見 なゆ 取材協力/キリンビールマーケティング株式会社)

 

天空ビアガーデン「SOUNDS terracebeer & summer〜」
03-6265-9888
東京都新宿区高田馬場1-17-14SOUNDS bldg. 屋上
17:45~23:00(6/28~9/30予定)
予算5,000円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«