蒲田「信濃路 蒲田店」 昼酒天国、場末という名の摘みで飲む


DSC06989

北の赤羽、南の蒲田。京浜東北線の県境の街は酒場が充実しています。お昼から飲めるのはあたりまえ、年がら年中飲み続けられるこのエリアは酒都だなんて呼ばれることも。ディープな酒場好きの聖地、蒲田で飲み歩きましょう。

JR蒲田と京急蒲田に挟まれたエリアは特にディープなところで、昔は飲み屋へ行くためとはいえ歩くのを躊躇するような路地もありました。最近はだいぶ風紀も改善していますが、あんまりキレイになりすぎると昭和酒場まで消えてしまいそうで怖い。大田区さん、どうぞほどほどに。

駅前ロータリーから入ってすぐのところにある「信濃路」はそんな蒲田の飲み屋を話す上で外せないお店です。牛めし、カレー、そば、うどんの看板の通り、ここは定食屋さんのですが、それをつまみにお昼から飲むことが可能。

定食食べている人の横でこっそり飲む…ではなく、ほとんどの人が飲んでいるのが驚き。

 

DSC06984

壁にずらりと並ぶ短冊の品書き。見ているとみんな食べたくなってきます。定食は500円から、炒めものの単品も充実しています。ここでいつもカレーをつまみにビールを飲んでいる常連さんがいらっしゃるのですが、毎回同じ献立であきないのかなぁ。

 

DSC06982

さて、飲みましょう。ビールはアサヒスーパードライ。生と瓶の両方があります。大瓶が500円と、昨今の相場からすると安い。100円台の小鉢をおつまみに、メインが来る前にちびちびはじめましょ。

瓶ビールをトトトっと注ぐのが好き。注ぎ合ったら乾杯!

 

DSC06983

野菜炒め系がいろいろと。肉野菜炒めや豚生姜焼きなど、食事系のテレビドラマにも登場しそうな昭和のメンツが揃っています。焼き魚、揚げ物も一通りあり、飲兵衛の食べたいものはだいたい揃います。

ドリンクはとまとサワーやコーヒーサワーなどが注目銘柄?焼酎甲類をコーヒーで割ったもので、決してしゅわしゅわしていません。

 

DSC06986

温めてもらった切り干し大根。味付けはとっても家庭的。甘くてほっこりする味です。豊富なラインナップですが、ほとんどが手料理で食べていると健康になりそうな気がします。

 

DSC06987

肉ニラ炒めは私の好物。この香り、このコク、豚肉は少なくていいんです。肉の旨味を染みこんだニラともやしで飲むのはたまりません。

食堂の炒めものってどうしてこんなに美味しいのでしょう。自宅でも簡単に作れる料理なのに。

 

DSC06988

さて、料理も揃いましたし、ここからは日本酒の生酒を瓶でもらってどっしり構えて飲み進めましょうか。外はまだ明るい、店内は夕方の情報番組から流れる「いま話題のラーメン店は…」という声が誰のためでもなく響いていて、厨房からは中華鍋のカランカランという心地よいリズムが聞こえてくるこの空間。

カウンター一番奥の常連さんは、「もうすぐ年金がはいる日だから」なんて話を店の方と会話中。あぁ、穏やかな午後の時間。なんて幸せなのだろう。

ディープで昭和、場末感漂う空間なのですが、そこには長い時間をかけてたくさんの人が飲んできた熱量のようなものが残っているような気がして、これこそが最大のつまみなんじゃないかなと思います。

もうちょっと飲んでいきましょう。
ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ブログランキングへ応援ボタンからの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

信濃路 蒲田店
03-3738-5343
東京都大田区蒲田5丁目16-8
6:00~23:00(基本無休)
予算1,600円



“蒲田「信濃路 蒲田店」 昼酒天国、場末という名の摘みで飲む” への3件のフィードバック

  1. ヘンリー森本 より:

    何時も楽しく拝読させていただいています。
    鶯谷にも同名で非常に渋い食堂居酒屋がありますが、何か
    関係があるのでしょうか?ご存知でしたらお願いします。

    • 塩見 なゆ より:

      こんにちは!
      ご愛読いただきましてありがとうございます。
      鶯谷、蒲田、そして大森にもあり、内容や営業時間等もだいたい似ています。系列という、そういう関係です。

  2. ヘンリー森本 より:

    大森にも有るんですね?有難う御座いました。ヘンリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«