蒲田「とっちゃん」 シャリキンホッピーが待っている!安くて美味しい人気店


DSC04353

蒲田がテリトリーの皆さま、羨ましいです。実にうらやましい。だって、名酒場だらけじゃないですか。仕事帰りに立ち寄るお店には全く困りませんよね!大箱の老舗から怪しい立ち飲みまで幅広く、素晴らしいお店がとっても多い。蒲田に引っ越して延々とクローリングしたいほど。

たとえば、美味しい焼鳥でホッピーが飲みたくなればここ「立ち飲みとっちゃん」がおすすめ。京急蒲田寄りの商店街川から少し呑川のほうへ入った場所にあります。人通りが多い場所ではないのですが、ここは連日満員になる人気店です。

入り口にぶらさがるホッピーのちょうちんが目印です。店内は縦に長いカウンターと奥に1卓だけ4人テーブルがある立ち飲み店です。お客さんは地元の方がほとんどでお客さん同士の交流もあるみたい。お店の方は常連さんも一見さんも区別なく丁寧に接客してくれるので初めての人も安心です。

 

DSC04339

ドリンクメニューから見ていきましょう。今夜は何を飲みましょうか。やはり最初は生かな。サワー類は290円ととてもリーズナブル。キンミヤハイボールというのはプレーンの酎ハイのこと。どれもベースの甲類はキンミヤです。ホッピーはあとで飲むとしてまずは…

 

DSC04337

アサヒスーパードライから。生ビール395円は嬉しい価格です。珍しいまるこっいジョッキで登場。ぐいぐい飲みましょう、乾杯!乾いた喉に嬉しい刺激。

 

DSC04340

つづいてフード。串焼き(やきとり・もつやき)がメインのお店ですが、一品も種類豊富。これにプラスして黒板メニューがあるので、小箱の立ち飲み店としてはなかなかのラインナップ。串な気分でなくても食べたくなる料理が多いので、なるほど常連さんが居心地良く飲まれている訳です。

 

DSC04343

黒板メニューから鶏のユッケをチョイス。鶏料理の種類が多く、お店の自慢の大山鶏が楽しめます。甘辛い味に卵黄を絡めていただきます。ねっとりとした旨味、鶏のもちもちとした食感がビールをあっという間に乾かしてくれます。

 

DSC04345

空いたジョッキをお返しして代わりにいただいたのはフローズンホッピー。キンミヤを作る宮崎本店的に言う「シャリキン」のホッピーです。ジョッキまで冷凍庫に入っているので2凍1冷ホッピーということになりますね。メーカー公式ジョッキがまた嬉しい。おつまみには常連の皆さんが食べられているマカロニサラダを。胡椒かけますか?もちろん。

 

DSC04349

いんげんの醤油漬け。これが塩っぱすぎず、でもホッピーとの愛称がとにかくいい。カロリーもないことですし、ぽりぽりつまみながら幸せな酒場時間を過ごします。

 

DSC04342

つくねや鶏はつも含めて串はすべて90円均一。ひとまわり小ぶりとはいえ、シャリっとコリっとした独特な食感がくせになるつくねが90円なのはびっくり。大山鶏のハツはぷりっとしていて噛むとじゅーっと旨味が広がります。

 

DSC04341

次にねぎま、かわを。1本から注文できますのでお一人の場合はいろいろ試してみてはいかがでしょう。ここの焼鳥は焼き具合もよくタレはバランスが取れていてとても美味。

 

DSC04351

ホッピーからプレーンの酎ハイ、キンミヤハイボールに。これがまた嬉しい濃さ。私が濃いの好きだなんて話していないのに、やっぱり流行る個人店はいつだってストロングですよね!

 

DSC04338

キンミヤのポスターはまだわかるけど、サンピースのPOPをみるとは思いませんでした。サンピースとはキンミヤ焼酎を製造する三重県の宮崎本店がつくったウィスキーで、街場ではめったに見かけない幻の国産ウィスキーです。一升瓶に入っているのがおもしろい。

 

DSC04347

いかがでしょうか。蒲田の人気立ち飲み「とっちゃん」。美味しい大山鶏を肴にキンキンに冷えたホッピーを飲んで蒲田の夜を満喫されてみては?

梯子先はたっぷりありますので、ここで始めて二軒目を目指すのも良いかと思います。ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ブログランキングへ応援ボタンからの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

立ち飲み とっちゃん
03-3734-0709
東京都大田区蒲田4-3-4
16:00~23:00(日祝定休)
予算1,800円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«