子安「じおう」 鉄路に挟まれた狭隘立地で楽しむ鳥料理が美味


DSC03817

京急に乗って飲みに行こう!ということで、今回も子安から。JR線と京急線に挟まる細長い土地、両側は100キロ以上の速度で電車が行き交う鉄道好きならば絶好の環境?の中洲的な場所にも素敵なお店があります。

狭隘な場所ではありますが、JR新子安駅からも京急子安駅からも徒歩すぐというとにかく立地がいい。両駅を乗り換える人は少ないとは思いますが、会社帰りの人がちょっと飲んでいくにはとても便利なお店「じおう」。

焼き鳥をメインに豊富な鳥料理をおつまみにして、ご当地ビールであるキリンや全国の珍しいワンカップを飲もうというお店です。細長いカウンターだけの立ち飲みで、いつもとても賑わいます。表口からは入れないから裏のドアからはいって、とご主人。店内は常連さんを中心にいい雰囲気で皆さん飲まれています。騒がしくなく、お店の人と常連さんの程よい距離感があり、それが一見さんでも溶け込めそうな感じです。

 

DSC03798

さてドリンクを。生麦のキリンビール横浜工場まで数百メートルの距離。そりゃビールはキリンだよね。しかもハートランドを置いています。立ち飲みでハートランドの樽生は珍しい!一番搾りと2ライン入れているし、しかも生樽は20Lと大きい。

 

DSC03797

ハートランドの樽生が400円ってリーズナブルですねー。嬉しいので一杯目はもちろんビールで乾杯!専用グラスでくいっと飲むととても心地いい。

 

DSC03796

酎ハイ類は320円、自家製のコーヒー酎(370円)も置いています。焼酎甲類にコーヒー豆をいれて味付けするコーヒー酎、飲んだことがない方からすれば不思議な飲み物かと思いますが、これが意外と美味しいんです。置いていれば必ず注文します。ということで、改めてコーヒー酎で地元の常連さんと乾杯。ここのコーヒー酎はマイルド。度数の高さがわからなくなる危険な飲み物で、リアルな酔い方を考えながら飲まないと足に来るかも?(笑)

 

DSC03801

なめろうを注文。ここは鳥専門店、なんとなめろうの鶏肉です。鶏たたきを鯵のなめろうのように味噌やネギとあわせて細かく包丁で刻み混ぜたもの。もちもちとした食感、味噌と鶏ささみの相性もよく、海鮮と違って臭みがないのでとてもすっきりとした味になっています。お店の人気ナンバー2だそうですが、なるほど、これははまります。280円って安いなぁ。

 

DSC03800

1番人気は湯どうふとのこと。鳥料理の立ち飲みなのに一位が湯どうふというのは不思議。みんなここで取り食べ過ぎているから?

 

DSC03799

浅漬けをもらって軽くクールダウン。

 

DSC03804

「京急線とホッピー」というタイトルでコラムを書きたいと思っているのですが、京急線沿線の酒場は昔からホッピーが人気。横須賀中央周辺のホッピー文化もそうですし、文庫や日の出町の界隈もホッピーの老舗や聖地的なお店が多いです。京急さん、もしくはホッピービバレッジさん、ご依頼お待ちしております(笑)

もちろん、ここ子安の立ち飲みにも立派にリターナブル業務用ホッピーを確認。もちろん飲みませんとね!ジョッキは冷蔵庫で冷やされているのが嬉しい。この季節でしたら氷をなしにして公式レシピで作っても良いかもしれませんね。

 

DSC03803

鶏たたき串など焼き鳥を注文しましょう。串は120円からで一本単位で注文ができます。

 

DSC03802

さらさらの甘めのタレに何度かつけ焼きしたつくね。ぷりぷりとした食感とタレの甘みがバランスよくて美味です。

 

DSC03808

ビールと並んでおすすめしたいのが店内にずらりと飾られたカップ酒。どれでも一本550円とのこと。純米酒から吟醸まで種類豊富。どれも同じ値段だと酒販店売価の高いものを選んでしまうような…なんて考えはせずに、飲みたいものをいただきましょう。Syupoで何度か書いていますが、私は京都・伏見の松本酒造のお酒が大好きです。京都の地元では「日出盛」という名で、アッパーなお店向けには「桃の滴」が、全国向けでは「澤屋まつもと」というブランドで展開しています。まさか子安の立ち飲み屋で澤屋まつもとで出会えるとは。

1合550円でハイクラスの日本酒が飲めるので、これはコストパフォーマンスが高い。かなり置いている種類が多いので地元の日本酒好きも御用達のようで、取材時もカップ酒をかっこ良く飲んでいる紳士が数名いらっしゃいました。

 

DSC03811

鶏料理の種類が豊富であれもこれも食べたくなってしまいます。鶏わさわつまみに日本酒をきゅっと。はぁ、幸せです。

 

DSC03812

お店の方は忙しくともさわやかな接客でとても親切です。安定感抜群、お通しなしで安くて美味しい品揃えに大満足です。ちょいと飲みたいときにこういうお店が駅前にあると、地元の人は素通りできなくてたいへんですね!

カップ酒好きな方、キリンLOVEな方、そしてホッピーを愛する方も、ぜひ赤い電車に乗って子安で途中下車されてみては?

ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ブログランキングへ応援ボタンからの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

立ち呑み本舗 じおう
045-534-9737
神奈川県横浜市神奈川区子安通3-338
平日夕方~23:00 日定休 詳細確認中
予算1,900円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«