麻布十番「魚可津」 豊富な旬の魚を味わう、街を代表する一軒


DSC08399

東京のおしゃれな街にもいい雰囲気の居酒屋はあります。例えばここ麻布十番。高級車が走るレンガただみの麻布十番商店街沿いに魚の美味しいお店「魚可津」があります。

個人経営の飲食店で、一階は厨房とテーブル席、二階は大人数で宴会ができる空間があり、場所も都心にあるので非常に使い勝手のいいお店です。そしてなにより、魚好きの食通をしっかりと唸らせてくれるクオリティがあるお店です。

DSC08408

窓際のテーブル席からは十番商店街を眺めながら飲めるので実に優雅。それでは、一杯目は瓶ビールにしてはじめましょう。

DSC08407

お通しはニシンの味噌漬け。これから始まる魚料理への期待を感じられる一品です。それでは乾杯!

 

DSC08400

日本酒の品揃えが豊富。八海山や獺祭などの人気銘柄から珍しいものまで様々。

DSC08403

こちらが料理メニュー。しわし、真鯛、ほうぼう、いさき、そして気になるメバルの煮付けなど。どれを頼もうか悩むこの時間が好き。

 

DSC08406

海鮮料理がとにかく豊富。宴会は3,000円からで飲み物は別と一般的な大衆酒場から比較すれば高級ですが、ここの魚のクオリティならばむしろ安いと感じるかもしれません。

DSC08410

まずはもずく酢でスタート。食前の酸味が嬉しいです。

DSC08409

お刺身、今宵は鯵をチョイス。関アジとのことで、脂も乗っていてなにより鮮度が抜群。ビールもいいですが、これは日本酒にすぐ切り替えたくなりますね!

 

DSC08414

続いて焼き魚。のどぐろが大好物でして、それを発見したので悩むことなく注文。長崎のものということですが大変立派です。もっちりとした食感、ねっとりとした旨味が口いっぱいに広がります。

あぁ、これはもう我慢できません。

DSC08413

 

本格焼酎をロックで。わー、なみなみですね。

DSC08411

つづいてめばるの煮付けを注文。しっかり一尾で1280円。これは嬉しいじゃないですかー。味付けは優しく甘辛控えめ。東京風ではなく、どちらかと言うと関西風の味付けです。

 

DSC08419

こんなに美味しい魚が揃うと、日本酒も飲みたくなっちゃうじゃないですか。キリっと冷えた沢の鶴特別純米をいただきましょう。沢の鶴は灘の大手蔵ですが、このクラスのものはあまり見かけませんよね。

 

DSC08418

最後はアジフライを注文。かなり大きくて食べごたえ十分。ソースがついてきますが、これは醤油でも良さそうです。

DSC08416

揚げたころもにふわっと広がる醤油の香り。サクっとした食感を残しつつ、じゅっと口の中に広がる旨味。おおぶりのアジフライには醤油があいます。

 

DSC08415

行き交う人や車を眺めつつ、のんびり美味しい魚とお酒でいい時間。麻布十番で用事がある時にはぜひ。ちょっとした打ち合わせ飲みやデートにもおすすめです。

ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ブログランキングへ応援ボタンからの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

魚可津
03-3401-7959
東京都港区麻布十番1-6-5
17:30~23:00(無休)
予算4,000円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«