押上「エミシ」 お洒落なモダン空間。焼肉をおつまみにクラフトビール。


焼肉とクラフトビールの組み合わせを楽しむと言えば、どんなお店を想像するでしょう。とうきょうスカイツリー駅から徒歩数分の場所、2017年にオープンした「エミシ」は、肉×クラフトビールを楽しむ居酒屋です。

居酒屋といっていいのか悩むお洒落な外観で、それは店内に入っても同様です。

 

下町の中心に突如姿を現した東京スカイツリー。その結果、どっぷり下町だった押上界隈にはモダン・先進・海外といったキーワードが加わり、いま、押上は東京の他の街にはない化学変化がおきています。

 

そんな今の押上らしさがつまった「エミシ」。江戸モダンをテーマにしたお洒落な空間は、酒場ライターが立ち寄るのはお門違いに思えるかもしれません。ですが、こんなに尖っていても、本筋はしっかり「飲み処」なのでご安心ください。

 

ビールは国内のブリュワリーから取り寄せたクラフトで、個性違いでバランスの取れた内容です。これに加え、サッポロビール那須工場で醸造されるナショナルクラフトな存在「白穂乃香」が加わります。

 

瓶ビールではサッポロ赤星(580円)のほか、インポートビールが用意されています。お店の品揃えを考えたご主人は、プライベートではサッポロ党だそうです。

 

ビールのほか、個性的な日本酒も揃えています。全体的にクラフトを切り口にしているので、ドリンクも尖ったものが豊富。自家製のレモンサワーも自慢だそう。

 

クラフトビールはお楽しみにしておき、まずはサッポロ白穂乃香(680円)で乾杯。品質管理の徹底が飲食店にも求められる扱いの難しい白穂乃香。ただし、手間がかかる分、状態がよいと上等なフルーツのような美味しさが感じられます。

 

では、続いて料理を。おつまみは500円前後でポテトサラダに肉豆腐など、オーソドックスな酒場料理が30種類ほど並びます。

 

「実家が焼肉屋で、肉の仕入れ・扱いには自信あり」と話すご主人。低温加熱や炙りで提供する牛刺が看板料理です。国産のブランド牛を使用しているのに価格はリーズナブル。クラフドールはどうしても割高感があるので、フードの値段が抑えられていると安心しますね。

 

お洒落なカウンターに置かれた木板をおもむろに外すと、そこからは「えっ!」と思わず声をだしてしまう驚きが。なんと焼肉のガス台が埋め込まれていまます。

 

注文したのはお肉三種盛り(1,280円)。モツは大丈夫ですか?と質問されたので、「大好物」と回答。内容ははご主人と相談しながら決められるので、そんなやり取りも楽しいです。

 

厨房にささっとお肉を取りに行き、たっぷりのお肉とともに戻ってきました。手際よく塩こしょうで下味をつけ、目の前で焼肉がはじまります。

 

撮影用だから量が多いのではなく、普段からこのボリューム。鮮度がよさそうなぷりぷりのお肉が焼かれていきます。

 

はい、おまちどうさま。

ううー、こうなるとビールをおかわりしたくなる!

 

お店はご主人と奥様、そして大人っぽい雰囲気の落ち着いた10代の息子さんの3人で切り盛りしています。タップの扱いや肉豆腐は息子さんの担当。

 

組子欄間(くみこらんま)風の美しい細工から顔をだしたタップから注ぐ光景は絵になります。

 

ビールは売り切りで入れ替えていく方式。伊勢角谷麦酒などクラフトビールでは知られたブルワリーから、まだまだ東京では見かける機会の少ないものまで幅広い。

 

比較的味の主張が強いクラフトには、肉が合うと日頃から思っていますが、この組み合わせはまさに理想的。

 

シンシン、シンタマ、トモサンカク、ハツ、レバなどを、刺しで食べられるぎりぎりの火加減で調理。もちろんロース刺しが王道ですが、やはり肉にこだわるご主人の技をおまかせで楽しんでみてほしいです。

 

ポテトサラダは奥様の自慢の料理。家族経営のアットホームな雰囲気にセンスが加わると、こうもよくなるのかと感じさせてくれる肴の数々です。ご夫婦ともお酒をよく飲むそうで、ノンベエの気持ちをよくわかっていらっしゃるのもポイントでしょう。

 

二階は「O3 inn TOKYO」というホステルになっていて、日本内外からの旅行者が東京観光の拠点として利用しているそうです。一泊2,500円なので、酔っ払ったらそのまま寝てしまうというのも手かもしれません。(満室の可能性もあります)

 

店の奥はお洒落な小上がりやテーブル席が配置され、グループで落ち着いてクラフトビールを片手に語り合いたくなる空間です。敷居やテーブルを移動すればイベントも可能だそうで、食・宿に加え、交流の場としても盛り上げていきたいという想いがあるそうです。

江戸モダンで超カッコイイ。クラフトビールに、リーズナブルに楽しめるこだわりの焼肉。そして家族経営のほっこりした雰囲気。これまでたくさんの飲食店を巡ってきまたが、こんな雰囲気ははじめて。そしてとっても気に入りました。

ご興味ありましたら、ぜひ覗いてみてください。近くにはワイン角打ちもありますし、個性派好きのノンベエの皆さんはぜひ押上へ。

ごちそうさま。

 

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

 

エミシ
050-5594-8806
東京都墨田区押上3-25-17 Lohビル 1F
18:00〜24:00(土は17:00~・日は15:00~22:00・不定休)
予算3,000円



“押上「エミシ」 お洒落なモダン空間。焼肉をおつまみにクラフトビール。” への1件のコメント

  1. おのっち♪ より:

    何もかも綺麗ですね、
    押上で白穂乃香(//∇//)
    プロ、貴重な情報ありがとうございます(^^ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«