新橋「大友」 300円均一ほっとする味、今宵ものびのび始めましょう


DSC04862

日本一居酒屋がある街、新橋。あらゆる業態がずらりと揃い、価格帯も千円でお釣りがくる驚き値段からハレの日用途まで幅があります。コンセプトも色々、だから毎日飲み歩いても飽きません。昨日はやきとん、今日はお刺身とあっちへこっちへ。

例えば立ち飲みでほっとする味を求めるのならばここ「大友」がおすすめです。ビールもおつまみも300円均一のお店です。ご主人と女将さんが二人で切り盛りされており、それがほどよく温かい雰囲気をつくりだしています。

西口商店街より奥のディープなお店が立ち並ぶ路地側にありますが、改札から150メートルというたいへん便利な立地。開放感たっぷりのビニールで覆われた空間でざっくばらんに立ち飲むのが楽しいです。5時オープンとともにぽつぽつとお客さんが集まってきて6時には満員状態になります。

 

DSC04866

名物は牡蠣や白子のおでんでこれを目当てに飲みに来るリピーター多数。その他の料理も丁寧につくってくれるので色々試してみて欲しいです。厚揚げ、ポテサラなどが軽く摘んで一次会前の時間調整に使っています。

 

DSC04865

ビールはキリンとアサヒの2社の生樽があります。300円で生ビールが飲めるというのは新橋にあって珍しい。それでは一番搾りで乾杯です!

 

DSC04870

いかの一夜干しを肴に夕方から始める生ビールタイム。ほっとするひとときです。自宅だとマヨネーズはカロリーが、なんて気になりますが、立ち飲みならばたっぷりつけて頬張りたい。

 

DSC04871

チューハイも300円なのですが、ここのは炭酸が強くて美味しい。シロップではなくてそのものが乗っているのもポイント高いでしょ。少し前までは生すだちハイが人気でしたが、終売になりまして今は生ライムハイが新名物となっています。くいくい飲んでいると結構酔ってきます。

 

DSC04868

鶏皮ポン酢は焼鳥の皮を串から外してポン酢をかけたもの。なんということないメニューなのですが、メインの飲みをはじめる前や、散々飲んだ後の梯子でふらりと立ち寄るときにはこういうのが食べたくなるんです。

 

DSC04867

おでんとやきとりがここの看板料理。日本酒尾瀬の雪どけを飲みながら、屋台のおでんを摘む感覚で、新橋ののびのびとした雰囲気を楽しまれてみてはいかがでしょう。立ち飲みがお好きな飲兵衛さんなら、ふとした機会に立ち寄りたくなること間違いなし。

2杯2品で1200円、わかりやすいでしょ。

ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ブログランキングへ応援ボタンからの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

大友
03-3431-7318
東京都港区新橋3-16-9
17:00~23:30(日祝定休)
予算1,200円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«