高円寺「鉄板バル SOURCE」 ソースという名のバルでちょい飯


DSC00572

高円寺の路地裏にあるソースの香りが漂うバルがあります。その名も「鉄板バル・ソース」。ソースですよ、ソース。しかも鉄板バル。これはもうお好み焼きってことじゃないですか。でもバルということはワインが…あー、よくわからなくなってきた。じゃあ飲みに行きましょう!

この街はそもそもいい居酒屋やバル、バーが多い。阿佐ヶ谷では一晩中遊べないけれど、高円寺ならばのんびり始発まで飲むことができる。ひとつ隣の中野も素敵な飲酒タウンなのですが、ときどき違った雰囲気を味わいたくなる。そんなとき、高円寺というチョイスがやってきます。こんな路地にこんな名店が?という発見が多いのも魅力です。

 

DSC00551

ソースという店名の通りメインのおつまみはお好み焼きやネギ焼きといった鉄板焼き系。お好み焼きが550円という価格設定は高円寺らしい毎日飲酒ができるちょうどいい値段。

 

DSC00553

ドリンクはというと、バルということでワインを中心に洋酒が一通り揃います。リンゴのお酒シードルが最初の一杯によさそう。お好み焼きにシードル、いままでない組み合わせだけれど、合わないこともなさそう。だってガレットを大阪風にしたと思えば(笑)

 

DSC00554

とはいえ、一杯目のドリンクは生ビールで。それでは乾杯!
薄いグラスが飲み口にキレをあたえていて美味。

 

DSC00555

すぐでるおつまみは300円台からとリーズナブル。お通し感覚でひとつ・ふたつ頼んでそれをつまみながらメインの鉄板料理を待つとしましょう。それにしてもここのポテトサラダは美味しい。ねっとりとした食感、粒マスタードの香りも食欲をかきたてます。

 

DSC00558

鉄板料理の相棒といえばどて焼きは外せませんね。ビールとの相性はもちろんですが、案外赤ワインとだっていけるのに驚きます。

 

DSC00560

250円でやまもりでてくる豆もやし。ちょっぴり濃い目の味付け、ブラックペッパーの刺激でシードルが進みます。
常連さんに一番人気かもしれないメニュー。お隣さんも毎回頼むのだとか。

 

DSC00561

シードルをぐいぐいと飲みながら、ザ・居酒屋的な料理をつまむ。甘いシードルは苦手ですが、キリっとしたブリュットならばチュウハイ気分で進みます。

 

DSC00563

この日はお腹を空っぽにして飲んでいたので、少しは炭水化物をいれておきましょうということで、塩焼きそば。カリっとしてたり柔らかかったり、まだらになっている食感がたまりません。

 

DSC00567

おまちかね、大阪スタイルで麺なしキャベツたっぷりの厚みあるお好み焼きです。500円前後ながら十分なボリューム。ワインを軽くつまみながら夕飯を兼ねるならばちょうど良いのではないでしょうか。住宅街との境目にありますし、仕事帰りの一人ごはん的な利用をされている会社員の方多し。

 

DSC00568

グラス450円のその名も「お好み焼きワイン」をあわせます。以前、酒販店の商談会にて大手酒卸の国分がソース大手のオタフクソース社とともに、お好み焼きに合うワイン提案というコーナーを設けていたのを思い出します。

デイリーワインですが、展示会でオタフクソースとコラボするだけあって本当にお好み焼きによく合う。いや、オタフクソースの味によく合うのかも?見つけたらお試しあれ。

 

DSC00570

おしゃれなカウンター、もともとはバーだったのが、だんだんお好み焼き成分が高まっていき今の鉄板バルになったのだそう。

大衆酒場だけでなく、こういう変化球を楽しむ酒場も多い高円寺。中央線沿線は飲み屋がたいへん多いですが、高円寺はその他の駅とはまた違った独特な雰囲気があって楽しい街です。ぜひ用事なくとも飲みにいらしてみては?

ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ブログランキングへ応援ボタンからの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

鉄板バル SOURCE
03-6383-1701
東京都杉並区高円寺南4-24-4
18:00~26:00(金土は29時まで営業)
予算2,800円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«