北千住「大はし」 130年の歴史の上で煮込みが美味しい


DSC01283

北千住にある大はしは明治10年の創業。根岸の鍵屋や神田司町のみますやと並ぶ東京最古参の居酒屋です。

大はしといえば「千住で二番」というフレーズ。お客様が一番でお店が二番。名物に美味いものありということで、ここの人気メニューは牛煮込み。大将が守り続ける大鍋で煮込む牛煮込みは、東京の人気煮込みのなかで一番甘く、すき焼き風の味付けです。並んで人気の肉豆腐は、この鍋で煮こまれているお豆腐で仲間で味が染み込んでいて絶品。

煮込みを食べに定期的に通いたいお店ですが、実はお刺身や揚げもの類も種類豊富でどれもリーズナブル。なにより美味しいです。

知名度が高くて聖地巡礼のように飲みに来るお客さんも見かけますが、お店の雰囲気や常連さんの醸し出す雰囲気は、これぞまさしく大衆酒場。キビキビとした動きで接客を続ける大将と、跡継ぎの若、二人の流れるような接客は見ていて実に楽しいです。

ビールはキリンラガー、日本酒は山形正宗、そして壁一面に並ぶボトル焼酎はすべて金宮です。キンミヤが日本一売れているのではないかと思う大はし。私のボトルももちろん入っていますが、これだけキープしている中すぐに見つける大将の記憶力には驚かされるばかりです。

キンミヤには下町でお馴染みの梅エキスをたらして梅割りで飲むのが好きですが、度数が強すぎるときはプラスで炭酸を追加して焼酎ハイボールにしていただきます。

大はしさんのグラスにはキンミヤマークが付いていますが、これは大はし専用で他店では見かけないオリジナルのもの。

長いカウンター、壁側の食堂感あふれるパイプイス、座ってみれば居心地の良さに驚きます。壁に貼られた短冊を眺めながら飲む瞬間、きっと笑顔になりますよ。

人気のお店ですので、雨の日などを狙っていくと良いかもしれません。

ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文/なゆ)

 

大はし
03-3881-6050(予約不可)
東京都足立区千住3-46
16:30~22:30(土日祝定休)
予算2,000円



“北千住「大はし」 130年の歴史の上で煮込みが美味しい” への1件のコメント

  1. 大越龍一郎 より:

    『〜わたる(千住)大橋』というフレーズでしたっけ?この「大はし」は、千住の関所ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«