新宿「パーフェクトビヤガーデン2017」 40周年の黒ラベルを極上で楽しむ空間


毎年恒例となったサッポロ黒ラベルをパーフェクトな状態で楽しめる「パーフェクトビヤガーデン」。東京と大阪の2会場で開催され、東京では新宿駅前で7月13日にオープンしました。

開催場所は昨年までは大手町でしたが、今年は新名所「Newman」や「バスタ新宿」に隣接するJR新宿駅新南口改札前に完成した「Suicaのペンギン広場」となり、ますます好アクセスに。

 

新南口改札からならば徒歩60秒で生ビールにたどりつける立地なので、新宿で降りる用事があるときには、夏の間は気軽に立ち寄りたい。駅に近いだけでなく、JRの線路の直上にあるため空が広く、代々木のドコモタワーやタカシマヤタイムズスクエアなど、南口を代表する眺望が広がります。

南口前の雑踏に巻き込まれないのは嬉しいのですが、慣れていないとちょっと迷いそうなのでご用心。

 

通常利用と予約利用で入り口がわかれていて、ビールのジョッキなど一部内容も異なります。こちらは通常利用のビヤカウンター。料理とビールを提供する窓口の手前に券売機があり、事前に食券を購入する仕組み。初日の混雑する店内でもスムーズに流れていました。ちなみに、この券売機、なんと交通系電子マネー「Suica」も利用できます。きっぷ感覚でさくっと一杯。

 

パーフェクトの黒ラベルは通常の生と何が違うかといいますと、大きなポイントとしてタップ(ヘッド)の形状があります。通常は、手前に引くとビール、奥に押すと同じ注水口から泡がでますが、パーフェクトはこの泡が横に流れ出ます。きめ細かな泡を液に強く当てないように後載せすることでミクロン単位のクリーミーな泡でビールに蓋をします。グラスやサーバーの洗浄と、グラスとビールの温度も厳しい条件がついています。

 

屋内にテーブル席のスペースが確保されています。初日は大盛況でした。

 

少人数ならば、あえて外で飲むというのもオススメしたい。暮れゆく新宿の街並みと行き交う電車を眺めながら、暑さの落ち着いた夏の夜を生ビール黒ラベルとともに楽しむなんて素敵でしょ。線路を見下ろせるカウンターやちょっとしたテーブルも用意されていて、軽食程度ならばまったく問題なく楽しめます。

 

振り向けは新宿駅。それではパーフェクト黒ラベル(600円税込)で乾杯!

 

Suicaのペンギンにも乾杯!ちなみに、このペンギンは名前がそのまま「ペンギン」らしい。理由は、みんなが持つSuicaだから一人ひとりで名前をつけてねということなのだとか。じゃあホシザキちゃんと呼ぼう。

 

鮮度も提供品質も抜群の生ビール。400mlほどのジョッキですがあっという間に飲んじゃいます。パーフェクト黒ラベルのジョッキの底にはサッポロビールを表す北極星がエンボスされているので、床のスポットライトを当てるとキレイにビールの中に浮かび上がります。

 

こちらは予約席のスペース。入り口も別になっていて席数もさほど多くないので落ち着いて会話を楽しみつつ過ごせます。後会計となっていて、長く飲むならばこちらが良さそう。タワーが2つあり、通常のサッポロ黒ラベルのほかに、サッポロ黒ラベル<黒>の生も会場限定で用意されています。

 

価格は同じで、ビールが600円。ほかにデュワーズハイボール、バカルディモヒート、ウーロンハイにワインなどが用意されています。

 

東京会場の運営はニユートーキヨー(大阪はニューミュンヘン)で、フード類もビヤホールでお馴染みの本格おつまみが揃っています。

 

おすすめはヘルマンさんのビヤウインナー(700円)。ニユートーキヨーの定番おつまみのひとつで、恵比寿ガーデンプレイスのビヤステーションでも人気の一皿。ヘルマンさんというのは、日本ハムのヘルマン工房の名前。あ、こんなところで北海道コラボしている!

 

窓の向こう側は新南口改札口があり、帰途につく行き交う人たちを眺めつつ、ひと足お先のビールが美味しい。予約席ではジョッキではなく、空気層によってビールの温度上昇を防ぐ特殊なグラスが用意されています。パーフェクトジョッキと保冷グラス、皆さんはどちらが好みでしょう。

 

泡と液の境目で渦を巻く霧状の泡(フロスティミスト)で泡が持ち上げられて最後の一口までなくならない泡。飲むごとに泡の層(レーシング)がグラスについていきます。よいビールの証。

 

ここはお酒好きの鉄道ファンの方は間違いなく一等立地。

 

缶ビール、居酒屋のびん生、ビヤホールの生、サッポロビールはどこで飲む黒ラベルも一緒ですが、これを「極限までおいしく注ぐメーカー公式な注ぎ方だとこんなに美味しいよ」ということを広めるためのアンテナショップ的なビヤガーデンです。

黒ラベルのスペックを最大に引き出した味、体験されてみては?

ここは新宿ですから、このあとは新宿ライオン会館や思い出横丁に繰り出すのもいいですね。

ごちそうさま。

 

(取材・文・撮影/塩見 なゆ 取材協力/サッポロビール株式会社)

 

THE PERFECT BEER GARDEN 2017
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 JR新宿駅新南改札外「Suicaのペンギン広場」
オープ期間2017年7月13日(木)~2017年9月17日(日)(無休・荒天時臨時休あり)
営業時間 平日 17:00~23:00(L.O 22:30) 土日祝 12:00~22:00(L.O 21:30)
http://www.sapporobeer.jp/beer/garden/



“新宿「パーフェクトビヤガーデン2017」 40周年の黒ラベルを極上で楽しむ空間” への1件のコメント

  1. おのっち♪ より:

    初日に一人で行ってみましたが、意外とすんなり楽しめました(^^)v

    お目当ての黒ラベルの黒ビールも味わえて大満足!

    タイムリーな情報ありがとうございました(^-^ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«