新今宮「難波屋」 釜ヶ崎の中心地で今日もJAZZが流れます


DSC09431

新今宮駅から南へ。簡易宿泊所が立ち並び、激安のアルコール類を販売する自販機の前でお昼間からパック酒でうたた寝している人たちも多い、西成釜ヶ崎の中心地。西成警察署も近く、この界隈について少しでも知識を持っている人ならば躊躇してしまうか、それとも、心得ているいう感じですーっと入っていくか、いずれにしても、他の大阪の飲み屋街を梯子するのとは違った緊張感があるのは確かです。そこで半世紀にわたって愛され続けている立ち飲み屋が今回の目的地「難波屋」です。

朝8時からやっていて、夜中まで通しでずっとやっているので、オールデイドリンカー御用達。場所が場所なだけに、あれなものかとお思いがちかもしれませんが、これがまたいいお店でして。ぜひとも「せんべろ」上級者は飲みに行き、ここの魅力にハマって欲しい。

ファサードテントこそかすれているものの、きりっと白地に黒文字の暖簾が「イイ店だよ」と誘っているように見えます。

 

DSC09420

店内は奥に長くカウンターが伸びていて、奥はなにやら薄暗い空間が広がっています。昼の日差しが差し込む店内、蛍光灯の明かりはいらないくらいに照らされいて、実に健康的。そんな空間で、まずは喉の渇きをダイビンで落ち着かせましょう。

ダイビンは450円で、アサヒスーパードライとサッポロ黒ラベルから選べます。ちなみに生はアサヒで、なんと一杯250円です。キリンの淡麗500缶があったり、角ハイボールも推しているので、あいりん地区でも4社対応済み。

大阪に来てからずっとスーパードライでしたので、ここでは久しぶりの黒ラベルを飲みたいということで、それでは乾杯です。

 

DSC09423

餃子、揚げ春巻き、豚テキ、鯖の塩焼き、焼きそば、焼肉などカロリーたっぷり茶色系の品書きが並ぶ短冊。どれも200円台と笑ってしまうほど安い。すぐ出るメニューとして、カレーや豚汁、肉豆腐などがカウンター内側の大鍋でぐつぐつとされています。そうですね、それでは麻婆豆腐をもらいましょう。

 

DSC09424

たっぷり丼ぶりにいれてもらい、一品でも十分な存在感。最後にささっとネギを載せてくれるなど、安くとも最後の一手間をどの料理にもしてくれます。ここの料理は美味しいと評判で、安さと独特な雰囲気を求めて、釜ヶ崎以外から集う人も多い。いや、いまはむしろそっちの人がメインになっているのではないでしょうか。

ちなみに、実は20年ほど前、父親と一緒にここに来たことがあり、そのときは確か鯖の塩焼きを食べたと思うのですが、今でも新鮮な記憶として残っています。当時は、「なんてところに連れてくるんだ」と子供ながらに感じていましたが、いまから思えば、「なんて素晴らしいところに連れて来てくれたのだ」と感じます。

 

DSC09425

いろいろ話題にしたいものが多いのですが、そのひとつにチューハイがあります。サーバーチューハイ(250円)と書かれた酎ハイと、それとは別に「チューハイ」というものが別にあります。前者はアサヒビール社の「樽ハイ倶楽部」という商品で、関西を中心にメジャーなやや甘い系チューハイ(甲類ではなくスピリッツ)なのですが、ここでは後者が実に興味深い。

これに反応するのは、タモリ倶楽部で酎ハイの歴史やら下町炭酸の放送で興奮するような一部のマニアだけだと思います(私もその一人)が、能勢酒造株式会社という大阪のご当地割材メーカーの瓶入り割材がでてくるのです。ノセミネラルという文字、昭和のままのリターナブルが現役化のように思わせる使い込まれた古風な外観。これは素晴らしい。

能勢酒造は、大阪府能勢町にある清涼飲料水メーカーで、東京でいうところのハイサワーで有名な博水社的なところ。いや、むしろ、よりマイナーなトーインこと東京飲料というべきか。

興奮のあまり、割材紹介が長くなってしまいましたが、驚くべきことはもう一つ。ビンの横に出てきたコップをご覧頂きたい。お水ではありません。焼酎です。昼酒でほろ酔いというレベルを超えてしまうほどでてくるのです。

 

DSC09427

キンキンに冷凍庫で冷やされているジョッキで飲むというサービス、そしてメタメタな量の焼酎。素晴らしいのですが、釜ヶ崎パワーを感じずに入られません。美味しいですが飲み過ぎ注意。

さて、難波屋には秘密があります。実はここの奥はライブスペースになっているのです。夜から始まるので日中は電気も消えて薄暗いですが、防音が施された空間となっていて、「西成ジャズ」という名で頻繁にライブが開催されているのです。50年続く老舗立ち飲みでJAZZという不思議な組み合わせ、なんとも言えない大人がワクワクできる空間だと思いませんか?

西成ジャズを聞かせてもらいましたが、結構本格的で、ご近所のお父さんたちでもしっている定番から結構マニアックな楽曲まで幅広く10曲ほど演奏されます。入場料はなく、演奏終了後の投げ銭がミュージックチャージの代わりです。ネットで開催日が紹介されていますので、それを狙っていくのもあり。ファンも多く、賑わっていますよ。ちなみに、難波屋の料理人の松田さんがグループのバンマスでドラマーです。

素敵な個性派立ち飲みで盛り上がりませんか。ごちそうさま。

 

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

 

難波屋
電話なし
大阪府大阪市西成区萩之茶屋2-5-2
8:00~翌1:00 (木不定休)
予算1,000円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«