サッポロ黒ラベル

福岡・中洲「安兵衛」 老舗のれんの向こう側。数多の酒好きから慕われる名物おでん

JR博多駅から西鉄天神駅までの間は、びっしりとネオンが灯る繁華街ですが、実は区画ごとに街の顔は大きく異なります。 大人が静かにお酒を味わう街ならば、やはり西中洲でしょう。天神の雑多さや、中洲の怪しい賑わいとも違う、食通好 […]

神田「神田屋」 センベロ好き必見!あのテングが始めたネオセンベロ店登場

サラリーマンの街・神田駅の周辺は、毎日飲める、安く楽しい「センベロ」の激戦区です。人気の老舗酒屋の角打ちも、150円均一で売り出した怪しいミラーボールが輝く酒場も、水色のドラム缶を囲む立ち飲みも、よりどりみどり。センベロ […]

下関「三枡」 わざわざ行く価値あり!街を代表する老舗の名酒場でふくに酔う

下関は対岸の門司と並び、海峡の街として栄えた港湾都市です。現在は鉄道、道路ともに結ばれ、小倉を中心とした北九州都市圏と一体化しています。鉄道こそ下関を経由していますが、道路交通は街の中心部を通らず門司につながっていて、下 […]

羽後本荘「焼鳥元気」 吹雪く夜でも賑わう元気な店。本荘で酒場飲みならココ!

秋田と新潟を結ぶ北日本の大動脈であるJR羽越本線。この路線で、秋田から約50キロを新潟方向に南下した街、羽後本荘にやってきました。駅は由利本荘市の中心部にあります。本荘は現代では人口約8万5千人、秋田県四番目の街ですが、 […]

桜木町「中華酒場風来坊本店」 本格中華を立ち飲みで!野毛で新たな給水スポット誕生

横浜の飲み屋街はJR横浜駅周辺より、むしろ1駅移動した桜木町・野毛のほうが規模が大きく、また独特な闇市由来のムードを漂わせていることもあり、ノンベエの間では昔から注目されています。また、以前は東急東横線の終着だったことや […]

弘前「しまや」 派手じゃない。じんわり心を満たしてくれる郷土の味を知る。

昨今、外食にフォトジェニックを求めることはあたりまえになりました。ですが酒場に関してはそうなって欲しくないというのが筆者の思いです。飲食店を取材しそれを仕事にする身としては、写真映えは否定するのはいかがなものかと思います […]

東京「鳥やき宮川」 ああ素晴らしき東京焼鳥。八重洲に恥じない名門の串に乾杯

東京のやきとりといえば、ひらがなで「やきとり」と書けば豚。そして漢字で「焼鳥」ならば鶏という使い分けの伝統があります。豚モツは戦後の混乱期を中心に広がりをみせましたが、鶏のほうは戦前から東京の酒場の肴の顔でした。 新幹線 […]

渋谷「魚力」 神山町に深みを加える存在、100年鮮魚の大衆食堂

渋谷駅の周辺はゆっくり飲めるお店は少なく、落ち着かない。どこか静かに昼酒ができるところはないものか。 今日もお昼から飲みたい気持ちをいっぱいにして、東京を西へ東へ。そうだ、と思い出して向かった先は、NHK放送センターにほ […]

戸畑「はらぐち酒店」 港と鉄の街に角打ちあり。ひときわ賑わう酒天国

今日は戸畑駅にやってきました。この街は明治の中頃までは小さな漁村でしたが、その後、近代化という巨大な時代の変化に飲み込まれます。門司と福岡を結ぶ大動脈「九州鉄道」(現:JR九州・鹿児島本線)の開通、そして大正に入ると旭硝 […]

築地「やじ満」 市場の朝酒は焼売にビール。〆はもちろんラーメンで!

築地市場の店は早起きです。午前中からみんなで飲んで、昼過ぎにはおしまい。 ご存知の通り、市場で働く人の朝は早く、日付が変わった頃から市場は活気がでてきます。深夜0時出勤、朝9時退社という人はあたりまえ。一般の人よりもかな […]

「サッポロビール九州日田工場」 阿蘇・九重連山に囲まれた水郷でうまれるビール

九州の地における近代的なビール醸造は1912年(明治45年)に北九州・門司で設立した帝国麦酒株式会社から始まります。1913年(大正2年)には醸造設備が完成し、サクラビールの名で発売されます。その後の統合により、九州初の […]

田町「永山」 個室で食べる蕎麦居酒屋。ゆったり創作蕎麦前で黒ラベル[PR]

提供:サッポロビール 居酒屋の専門性や特化が進む中、最近は蕎麦居酒屋のカテゴリーも賑わいをみせています。昔は街の個人経営のお蕎麦屋さんが担っていた蕎麦屋で飲む「蕎麦前」が注目されているのはとても良いことです。 田町にオー […]

小岩「大竹」 美味しく安く居心地よし!朗らかな名店。移転しても変わらぬ魅力

小岩のもつ焼きといえば、皆さんの一番はどこでしょう。名店揃いの小岩でお店選びは毎度悩みます。 駅の北口で香ばしさに誘われて吸い寄せられる「大竹」も名店です。 40年間に渡り北口で愛されてきた大竹ですが、二の字カウンターの […]

登戸「ヤキトリハウス 平安郷」 進化した街に残る不思議な屋台小屋。

新宿から登戸まで、これまでは急行で20分。2018年3月17日からは4分短縮され16分で結ばれます。1980年代から続けられていた小田急線の複々線化工事がついに完成。小田急沿線がぐんと都心に近づく大改造です。 それに合わ […]

八戸「なんぶや」 八食センター内の日常食堂は、海鮮料理がよりどりみどり

新幹線に乗って魚を食べに行こう! 魚好きの筆者。どれくらい好きかというと、週に一度は築地市場を散歩するほど。 東京の居酒屋で食べるお刺身に全く不満はありません。むしろ、日本中からこれだけ集めてくれることに感謝でいっぱいで […]

3 / 441234561020