蒲田「豚番長」 人気立ち飲みで昼からビール&やきとんを


DSC07000

大田区蒲田。南の酒都は今日も元気です。明るい時間からやっている立ち飲みも多く、時間に関係なく大いに賑わっています。ひなびた飲み屋街も大好きですが、一人で飲んでいてもテンションが上がるような街もまたいいものです。

蒲田駅の東西、どちらに降りても駅前は飲み屋、飲み屋、飲み屋。いったいどこからそんな飲酒ニーズが湧いてくるのだろうと不思議で仕方がありません。西側で飲むといえば、東急池上線の高架下とその周辺の路地が基本中の基本。

バーボンロードという愛称のついたこの一帯は小箱で個性たっぷりな酒場が連なっています。どこに入ろうか悩みながらちょこちょこ覗きつつ歩くのが楽しい。お店の人に「いらっしゃい」と声をかけられて思わず飛び込んで入ることも多々。ひょいと入っても良いお店が多いです。

例えば、明るい時間から飲むならばここ「豚番長」はいかがでしょう。土日祝は14時からやっているやきとんのお店。

 

DSC06996

ドリンクメニューはこんな感じ。生ビールはキリン一番搾り。ビールはアサヒです。この界隈はビール銘柄が併売のお店が多いです。結構銘柄指定する人も多い。

バーボンロードだけあって、定番の角ハイのほかにバーボン・ジムビームも置いています。酎ハイ類では豆乳ハイ、ジャスハイあたりが気になります。

 

DSC06998

フードメニューは串が一本110円。親切に部位の説明がついています。焼き鳥、揚げものなどクイックで提供できる料理が中心で、立ち飲みらしいスピーディーさがあります。とはいっても、お店さん的には焼き鳥、やきとん、串かつと、営業前の串打ちは大変そう。

 

DSC06995

ビール、今日はアサヒスーパードライでスタートです。大びんで550円。それでは、今日も明るい時間から乾杯。

 

DSC06990

さて、豚番長といえば店名の通り「やきとん」を食べるお店なのですが、私のイメージではこっちのほうが強いです。山盛りでてくる玉子マカロニサラダ(300円)。味は濃い目でボリューム満点、これだけで大びん1本は余裕、ジムビームや酎ハイもぐいぐい飲めてしまう強烈なひと盛りです。

提供時のブラックペッパーをかけてくれるのですが、この香味やコリコリとした食感もマンネリにならない大切なポイント。カロリーなんて気にしちゃいけない、美味しいは大正義。

 

DSC06993

やきとんは1本から注文可能です。なんこつ、カシラ、ハラミなどをタレで。甘さがしっかり効いたみたらし味で、カラシをたっぷり塗って頬張れば納得の美味しさ。

結構大きいサイズででてきますので、一度にいっぱい頼むと満腹になってしまうので要注意です。

 

DSC06999

ビールは大びんでもあっという間です。立ち飲みで、しかも明るい、それなのに賑わう満卓の店内、そんな三拍子が揃うとお酒はいつも以上に美味しく感じます。続いて注文しましたのは、オーダーが入ってから抹茶から作ってくれる自家製の緑茶割り。たっぷり緑でお茶の渋味もあるので、やきとんの油をほどよく中和してくれてちょうどいい飲み物です。

 

DSC06992

近くにもお昼からやっているお店はいくつもありますが、ひときわ賑わっているこちら。厨房を囲むLカウンターがメインのお店で、常連さんも多いですがお店の方は初めてのひとにも満遍なく親切対応なので、立ち飲み入門という方にもおすすめです。

夜はここで軽くはじめて、それから周辺のカジュアルバーに繰り出していく人も多い。この界隈で立ち飲みに悩んだらこちらをどうぞ。

ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ブログランキングへ応援ボタンからの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

やきとん 豚番長 蒲田店
03-3739-7058
東京都大田区西蒲田7-63-6
16:00~24:00 (無休・土日祝は14:00~)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«