サッポロラガー

野方「秋元屋」 2004年は、やきとんが下町だけではなくなった年

いささかキャッチーなタイトルを書かせていただきました。 やきとんといえば東京下町酒場を代表するようなツマミ。ウイスキーハイボールに似たうっすら琥珀色をした酎ハイとセットで、東京の経済成長を支えてきた元気のみなもとです。 […]

白山「やるきホルモン」 群馬から店舗へ直送!網焼きホルモン酒場

2017年8月31日、文京区白山駅前に網焼きホルモンを看板料理とした大衆酒場「やるきホルモン」がオープン。「やるき」の店名の通り、やるき茶屋などを展開する「大庄」の新業態です。 「やるきホルモン」の1号店となる白山店は、 […]

北千住「つみき」 良心価格の美味しいもつ焼。アットホームな空間でのんびりと。

ノンベエ界隈ではおなじみの酒場タウン「北千住」。 各路線が集まることからアクセスもよく、なにより駅前には多数の名酒場がひしめき合っていて、何を飲もうか決めていなくてもとりあえず北千住に行けばなんとかなるという力強さが街の […]

恵比寿「酔っ手羽 恵比寿店」 いつでも気軽と手軽さを。ふらりと飲みたい日に最適

今回ご紹介する「酔っ手羽」は、山手線沿線を中心に十数軒の店舗を展開する手羽先が名物の大衆酒場。特長はなんといっても手軽さ・気軽さです。24時間営業、いつでも飲んでいけるオールタイムモーニングならぬ、いつでもアフター5な飲 […]

本八幡「馬越」ご近所さんが羨ましい!正統派コの字酒場、始動!

ここはJR総武線本八幡駅から徒歩3分の場所。飲み屋街から少し離れ、住宅街にぽつりぽつりと飲食店が点在するエリアに、注目の新店「馬越」が8月オープン。 船橋の名物酒場「増やま」が開いた期待のお店。多くの常連さんから支持され […]

赤羽「まるよし」 復活!名物はきゃべ玉と焼酎ハイボール、正統派コの字で乾杯

古くから工場や鉄道、タクシー営業所に病院など、24時間稼働する職場が多い赤羽。明け番の人を吸い込むような朝から暖簾を掲げる老舗酒場が建ち並ぶ街。漫画やテレビでも梯子酒の街、朝酒・昼ベロの街として頻繁に登場し、酒場ファンを […]

札幌すすきの「金富士酒場」すすきのの隠れ家、3本240円が魅力の焼鳥酒場

東京の串焼きは豚もつが多いですが、札幌では鳥がほとんど。最近は東京・中野のもつ焼屋がすすきの交差点に出店し、ますます札幌は串焼き酒場がブームとなっています。 そんな北日本最大の繁華街すすきのの中心部にありながら、知る人ぞ […]

田原町「やきとんたくちゃん」 雰囲気、立地、なにより味よしの新やきとん

2017年6月13日大安、浅草田原町に雰囲気よしのやきとん新店舗「たくちゃん」がオープン。御徒町のまーちゃんで修行されたタクちゃんが独立して誕生した酒場です。御徒町のまーちゃんは個性的な味つけの味噌タレのカシラやシロの炭 […]

新宿「樽一」 名物は鯨と浦霞!変わらず愛されつづける名居酒屋

1968年(昭和43年)創業の樽一は、半世紀続く新宿の銘店です。初代佐藤孝さんが脱サラをして、まだ地酒が珍しかった時代に宮城の銘酒「浦霞」と三陸の幸、そして鯨を看板に掲げてはじまった居酒屋です。学生の街・高田馬場で開業し […]

大森「蔦八」 昭和の食文化を次の世代へ!復活の煮込みの銘店

大森の飲み屋というと、地獄谷こと山王小路飲食店街が有名ですが、この街は駅から全方向に下町ムードの飲み屋街がまんべんなく広がっています。歴史あるアーケードに店を構える老舗海鮮酒場などの定番や、最近は立ち飲みワインバルなども […]

桜木町・野毛「ヤマヤ鮮魚店」 海鮮の頼れる選択肢!三浦地魚山盛りです

【企画】<野毛たてのみ横丁>を全軒制覇!一軒目編 ご存知、神奈川県最大の飲み屋街・野毛。最寄りの桜木町駅から野毛へと入る際に通る「野毛小路」。この玄関口新たな横丁が2017年春オープン。その名は「野毛たてのみ横丁」。横町 […]

高松・瓦町「しるの店 おふくろ」 受け継がれて半世紀。歓楽街の真ん中へただいま

JR高松駅は宇高連絡船時代の名残もあって港に隣接しており、潮の香りと波音が聞こえてくるところにあります。繁華街へは、ここから小さな電車「ことでん」で2駅先の瓦町駅まで乗車するか、もしくは10分ほど歩くことになります。 香 […]

市川「朝日屋」 低価格、高品質!腕のよい料理にノックアウト

市川の朝日屋を知ると、ちょっとした低価格居酒屋では感動しなくなるかもしれません。とにかく、高品質で低価格と、日常酒場の王道をいく魅力をもったお店です。 もつ焼きのモツは船橋食肉市場直送、焼鳥の鶏は朝挽き国産鶏。もちろん注 […]

小倉「大太鼓」 居酒屋を愛するものならば、とろけてしまうだろう

酒場の魅力の一つに、空間の色っぽさというものがあります。脈々と街の変化の中で受け継がれた飴色の空間。わかりやすく言えば、「レトロ」や「年輪」という言葉になるのですが、絵に描いたような昭和の風情がよいのではありません。 作 […]

折尾「高橋酒店」 100年角打ちへようこそ!酒と人が織りなす魅惑の世界

酒屋の片隅で飲むことを、飲食店と呼び分ける意味として「角打ち」という言葉が定番化していますが、”角打ち”は東京や大阪で生まれた言葉ではありません。 東京では、「立ち飲み」や、古くは「もっきり」と呼 […]

1 / 261234561020