サッポロ黒ラベル

荻窪「串鳥荻窪西口店」 道民お馴染みの味を東京で、焼鳥は空を飛ぶ

北海道・札幌をメインに、道内で約30店舗を展開するローカルチェーン「串鳥」。特に札幌市内はJRや地下鉄の主要駅前には必ずといっていいほど出店していることもあり、札幌出身者にはお馴染みの味、故郷の味だと聞きます。 以前、S […]

名鉄岐阜「風来坊 新岐阜店」 みんなを夢中にする手羽先は土地の味

東海道新幹線が開業間近の1963年(昭和38年)、九州からやってきた大坪氏が名古屋市熱田に開いた鶏料理を看板に掲げた食堂「風来坊」。名古屋にやってきた大坪氏のスタイルがそのまま店名です。 現在は名古屋を代表するご当地料理 […]

汐入「ヒデヨシ商店」 これぞ横須賀、パスポート不要の異文化交流

京急電鉄の沿線は個性豊かで魅力的な酒場が数多くありますが、一際個性的で日本でもここだけにしかない雰囲気をもった角打ちがあります。 昭和27年創業の「ヒデヨシ商店」は、汐入駅から徒歩1分の酒販店。朝9時から通しで夜までやっ […]

立川「酒亭 玉河」 昼酒の王道、愛され続けて65年の大衆居酒屋

だれですか、立川は酒場空白地帯だとか言っている人は(笑) ごめんなさい。立川の皆さま、お待たせいたしました。JR東日本の駅で乗降客数15位、とっても立派な立川駅の周辺を一度も触れていないで、なにか「酒場巡りマガジン」でし […]

近鉄奈良「かっちゃんの大衆酒場ザスタンド」 チョイ飲み不毛地帯の希望の星

日本有数の観光都市、奈良の周辺には実は飲み屋の数は少ない。 JR奈良駅と近鉄奈良駅、2つの玄関がありますが、街の中心は近鉄奈良駅側です。駅を降りればすぐに興福寺の境内や門前町が広がり、そのまま歩いていけば東大寺の大仏へ繋 […]

目黒「駒八目黒さんまセンター」 これぞ居酒屋、掘りごたつでさんま肴に黒ラベル

今日は目黒の駒八をご紹介します。1975年(昭和51年)に三田で創業した居酒屋駒八は、本拠地である田町・三田エリアを中心に6店舗を展開しています。 創業42年になる老舗ながら、いまでも「駒八おやじ」こと、創業者の八百坂氏 […]

武蔵小山「佐一」 再開発の波を乗り越えて、地元に愛されるいいお店

本日は武蔵小山の銘店をご紹介します。 武蔵小山駅前は、もともとは闇市の名残を感じる複雑に入り組んだ夜型商店街が広がっていました。入り口にあった焼き鳥立ち飲みも、奥の飲み屋になってる寿司屋も、いまやすべてが懐かしい。 そん […]

上野「たる松本店」 ガード下で70年、王道の酒と肴を気どらずに

愛してやまない飲兵衛が集う街、「上野」。不忍池を中心とした江戸時代から続く行楽地の名残を保ちつつ、昭和の懐かしいムードも随所から感じられ、時間旅行をするような錯覚が楽しめます。また、お酒好きとしては、マルイの裏からJRの […]

銀座「お多幸銀座八丁目店」 この街で一世紀、東京を代表するおでんで一献

銀座・並木通りは言うまでもなく、最高の商店街です。国内外の有名ブランドの旗艦店が立ち並び、飲食店も伝統と品位を感じる名店ぞろいです。日常的なお店からハレの日に使う高級店まで、どんなお店でも「さすが銀座だね。」と感じさせて […]

尼崎「下山酒店」 労働者の街の名物角打ち、お酒屋さんで朝から浸る

尼崎にやってきました。大阪駅周辺や隣の三宮とも違う独特な雰囲気の街で、北口から長く西へ伸びる商店街が街のシンボルです。大きな工業地帯を抱える尼崎は、早い時間から飲めるお店も多い。商店街から一本入ったところには、味わい深い […]

新橋「ビヤスタンド ライオン新橋店」 初の立ち飲み業態へ、サッポロビール飲み比べ

1957年から新橋の外堀通り沿いにオープンしている銀座ライオン新橋ビヤホール。2000年代になっても古き良き昔の酒場の感じが伝わる昭和な建物が現役でしたが、そんなビヤホールも建物の老朽化により閉店。その後、建て替えが行わ […]

国分寺「おは肴」 大皿料理を手軽な価格で。一寸一杯の進化系

今日は国分寺ノンベエに愛されている止まり木をご紹介します。2014年にオープンした大皿料理が自慢の居酒屋です。料理上手の大将がつくる肴はどれも美味しいと評判で、近隣の飲食店で働く人達も常連です。 国分寺駅は北口の飲み屋横 […]

仙台「地雷也」 堂々たる銘店、蔵王の白炭で焼き上げる山賊料理

今回ご紹介する酒場は、仙台・国分町で1963年(昭和38年)に創業した銘店「地雷也」です。東北最大の都市・仙台にはそうそうたる飲み処が暖簾を掲げていますが、山・里・海の美味しいものを食べさせてくれる名酒場としてここ「地雷 […]

石神井公園「加賀山」 こんな場所に!腕自慢のもつ焼きは確かな美味しさ

今日は西武池袋線の石神井公園に来ています。ちょっと前までは地上にあった西武線らしい駅も、高架化され近代的な姿に生まれ変わりました。 あわせて商業施設や高層マンションも建ち、人の流れがちょっと変わったように思いますが、商店 […]

鹿児島・天文館「湯どうふごん兵衛」 大正7年創業、銘店の味で星を飲む

南九州最大の歓楽街「天文館」の由来は、薩摩藩の第8代藩主の島津重豪がこの地に天文観測や暦の研究をする明時館・別名、天文館を設けたことからきています。貿易で栄え、ヨーロッパ文化の研究など、西洋への憧れが強かった鹿児島の歴史 […]

2 / 371234561020