サッポロ氷彩サワー

沼津「にし与」 駿河湾の幸を肴にちょいと一杯。幸せの朝酒を求めて西へ

桜えびは、ほぼ100%が駿河湾で水揚げされています。さらに禁漁期間もあるため、とれたてを食べるなら年に二回、春と秋がチャンスです。春は3月から6月にかけて、秋は10月下旬から12月。 まだ間に合う桜えびを求めて、電車に乗 […]

弘前「鳥ふじ」 旅情を肴に一献。縄のれんの先に、津軽の日常がある。

日本有数の大城郭・弘前城を中心に広がる弘前市。明治後期では仙台、盛岡に次ぐ東北3位の規模を誇った立派な街でした。現在は青森県第三位にまで縮小しましたが、それでも国立弘前大学をはじめ、立派な行政施設の数々に往時の風格を感じ […]

羽後本荘「焼鳥元気」 吹雪く夜でも賑わう元気な店。本荘で酒場飲みならココ!

秋田と新潟を結ぶ北日本の大動脈であるJR羽越本線。この路線で、秋田から約50キロを新潟方向に南下した街、羽後本荘にやってきました。駅は由利本荘市の中心部にあります。本荘は現代では人口約8万5千人、秋田県四番目の街ですが、 […]

名古屋・伏見「酒津屋伏見店」 50年目の地下街で、昼酒を楽しもう!

伏見地下街という名前を聞いたことがありますか。名古屋市営地下鉄東山線の改札から直結した地下街で、1957年に建造された通路です。 ここがいま、名古屋の飲み屋を語る上で外すことができない激アツなスポットになっています。名古 […]

新橋「かずみんや」 おつかれさまと笑顔で迎えてくれる地階の癒やし小料理屋

ニュー新橋ビルやSL広場を含む烏森口再開発の話が着実に進む新橋。戦後の荒廃と複雑な利害関係が見え隠れした闇市を整理した駅前のビルは、高度経済成長期を代表する再開発のひとつです。それがもうすぐ見られなくなるというのは、古い […]

東銀座「ふくよし」 たこ焼き屋台でさくっと飲む、ハッピーアワーは500円

東銀座は歌舞伎座で有名ですが、路地裏には多数の小さな居酒屋やバルが点在し、実にいい雰囲気を漂わせています。近所の会社員が仕事上がりでふらふらと赤ちょうちんに吸い込まれていく小道に、一軒おもしろい飲み屋があります。 たこ焼 […]

蒲田「かるちゃん」 鰻で立ち飲む昭和な世界、今宵も赤星で

暑い夜、今日は鰻で元気になりたい。 でも、なんだか鰻料理屋に”行くぞ!”と構えるのではなく、千円札二枚を握りしめてふらりと一寸一杯を楽しみたい。 そんなときに選びたいお店がここ、蒲田の「立飲かるち […]

1 / 11