居酒屋

福岡・中洲「安兵衛」 老舗のれんの向こう側。数多の酒好きから慕われる名物おでん

JR博多駅から西鉄天神駅までの間は、びっしりとネオンが灯る繁華街ですが、実は区画ごとに街の顔は大きく異なります。 大人が静かにお酒を味わう街ならば、やはり西中洲でしょう。天神の雑多さや、中洲の怪しい賑わいとも違う、食通好 […]

酒田「久村の酒場」 酒・肴・人。心を癒やす庄内の風土に触れるひととき。

酒田は山形県第三の街です。同じ庄内地方で人口13万人の街、鶴岡とは20キロほどしか離れていなく、両方の街は一体化して庄内の中心地を担っています。内陸にある鶴岡は庄内藩の城下町。かたや酒田は北前船交易で栄えた商業の町と、江 […]

早稲田「源兵衛」 昭和元年創業、縄のれんの向こうに変わらぬ酒場がある

早稲田駅から徒歩7分ほど。早稲田通りに面した街角に突然立派な酒場が現れます。1926年(昭和元年)創業の源兵衛です。日暮れ前にもかかわらず、店内からは賑やかな声が聞こえます。 「やき鳥、シューマイ、天鷹」の看板が飲み客を […]

下関「三枡」 わざわざ行く価値あり!街を代表する老舗の名酒場でふくに酔う

下関は対岸の門司と並び、海峡の街として栄えた港湾都市です。現在は鉄道、道路ともに結ばれ、小倉を中心とした北九州都市圏と一体化しています。鉄道こそ下関を経由していますが、道路交通は街の中心部を通らず門司につながっていて、下 […]

押上「エミシ」 お洒落なモダン空間。焼肉をおつまみにクラフトビール。

焼肉とクラフトビールの組み合わせを楽しむと言えば、どんなお店を想像するでしょう。とうきょうスカイツリー駅から徒歩数分の場所、2017年にオープンした「エミシ」は、肉×クラフトビールを楽しむ居酒屋です。 居酒屋といっていい […]

羽後本荘「焼鳥元気」 吹雪く夜でも賑わう元気な店。本荘で酒場飲みならココ!

秋田と新潟を結ぶ北日本の大動脈であるJR羽越本線。この路線で、秋田から約50キロを新潟方向に南下した街、羽後本荘にやってきました。駅は由利本荘市の中心部にあります。本荘は現代では人口約8万5千人、秋田県四番目の街ですが、 […]

南砂町「葛西橋」創業60年、地域密着の元気酒場は日曜日も笑い声

入谷を起点に伸びる東京の主要幹線、清洲橋通り。馬喰町、浜町など旧日本橋区を抜けることもあって知名度の高い道ですが、その終点は意外にも江東区東砂5丁目でぷっつりと切れています。これは、現在の葛西橋通りより北、清洲橋通りの延 […]

那覇・県庁前「なかむら家」 沖縄鮮魚を楽しむ地元酒場。えーぐぁーマース煮に泡盛を。

那覇の人に「普段はどんなお店で飲むのが好き?」と聞けば、やはり観光客が多い国際通りより、一本入った路地や、飲食店が密集していないエリアに点在する”知る人ぞ知る”系がお気に入りのようです。 やはり那 […]

東京「ふくべ」それはひょうたんの別名。全国40蔵の酒をきっちり正一合で。

日本酒ブームです。いまは少し落ち着いて、改めて若い世代にも根付いてきた頃でしょうか。日本酒ブームは幾度となくおきて、その時々に興味を持った世代が、今もそのときに好きになったお酒を、好きなタイプのお店で楽しんでいます。 東 […]

高知「大吉」 創業三十余年、地元に愛される名酒場のカウンターで酔える幸せ

四国4県を飲食で表すならば、高知県はきっと「酒」でしょう。街中がノンベエであふれる「どろめ祭り」に、朝から飲めるフードコートで明るいうちから宴会中の「ひろめ市場」。全国を巡っていても、こんなにお酒で満たされる街は珍しいで […]

弘前「しまや」 派手じゃない。じんわり心を満たしてくれる郷土の味を知る。

昨今、外食にフォトジェニックを求めることはあたりまえになりました。ですが酒場に関してはそうなって欲しくないというのが筆者の思いです。飲食店を取材しそれを仕事にする身としては、写真映えは否定するのはいかがなものかと思います […]

東京「鳥やき宮川」 ああ素晴らしき東京焼鳥。八重洲に恥じない名門の串に乾杯

東京のやきとりといえば、ひらがなで「やきとり」と書けば豚。そして漢字で「焼鳥」ならば鶏という使い分けの伝統があります。豚モツは戦後の混乱期を中心に広がりをみせましたが、鶏のほうは戦前から東京の酒場の肴の顔でした。 新幹線 […]

茅場町「もつ焼きミナト」 こだわり大将とほっこり女将さんの空気感に癒やされる

新川といえば江戸で最大の酒市場だった街。江戸時代には新川を目指して、灘の下り酒をいかに早く届けるかと、新酒の季節は酒蔵が一番舟を競ったそうです。 現在も酒問屋の日酒販や、酒造では白鹿の辰馬本家酒造やキンミヤでお馴染みの宮 […]

倉敷「金平」歴史と風情と素敵な肴。よき街には良き酒場がある。

倉敷は岡山駅からJR山陽本線でわずか15分の移動ながら、街の雰囲気はがらりと異なります。岡山は岡山藩池田家の城下・武家の街、変わって倉敷は商都の風情です。 海運の拠点だった倉敷は徳川幕府の直轄「天領」でした。現在でも独特 […]

新潟「せきとり本店」 手がとまらない!巨大な唐揚げも気づけばぺろり

新潟のせきとり本店といえば、地元の人には知られた存在。 在京キー局にも取り上げられることがあり、その名は少なからず知られています。看板料理はカレー風味の半身唐揚げです。メディアで取り上げられすぎるとディープな酒場を愛する […]

4 / 662345672030