地域

仙台「源氏」 変わらないこと、保つことの素晴らしさ。文化横丁で68年。

1950年(昭和25年)創業の「源氏」は、仙台取材の合間をみつけてはできるだけ飲みに立ち寄る、「とっておき」です。文化横丁の最古参と言われ、もとは穀物倉庫だった木造建築は、縄暖簾をくぐった瞬間に夢見心地にしてくれます。 […]

荻窪「世界のこにし」 ここはセンベロバー!?洋酒が揃う立ち飲み誕生

センベロも一般的な名称として浸透した昨今、大手も続々と参入し、市民権を得てきました。そして、今はただ低価格というだけでなく、センベロにも専門的なお店が増加傾向です。 例えばここ、荻窪にオープンした「世界のこにし」は、立ち […]

徳島「居酒屋」 かつての割烹、いまは居酒屋。良き店で酔う。

徳島に「居酒屋」という名の居酒屋があります。ここまで直接的な店名は珍しいです。そして、この「居酒屋」がとってもいいお店だとしたら、これはもう紹介しないわけにはいかないでしょう。 創業半世紀の老舗割烹が、代替わりを機にお座 […]

三軒茶屋「もつ焼きばん 三軒茶屋店」 田都線でもとんび豆腐とレモンサワーが楽しめます

中目黒で1958年(昭和33年)創業のもつ焼き「ばん」は、山の手を代表するもつ焼きの酒場です。もつ焼きのお供としてレモンサワーを日本で初めてメニューに加えたとされるお店としても知られています。 2004年に中目黒の創業時 […]

難波「豚足のかどや」ミナミの動力源!ぷるんぷるんの豚足にかぶりつく。

大阪はキタもミナミも、星の数ほど大衆酒場があります。東京であれば有名雑誌やグルメ番組でひっきりなしに紹介されそうな店が、この街ではごくありふれた存在です。 その個性は様々で、串カツやどて焼きだけで満足していてはもったいな […]

浜松町「浜松屋食堂」 芝商店街で、ハムエッグ・スパサラ・瓶ビール。

食堂飲みが好きだ。昭和から進化していないお惣菜で飲むのが好き。蛍光灯に必要以上に照らされて飲むのも好き。だって、そこには、その街にしかない味があって、人が居ますから。食堂で飲むということは、その地を肴に飲むということ。 […]

鳥取「焼鳥屋」 その名もずばり焼鳥屋。大山地鶏を楽しむ夫婦酒場

水が綺麗な土地には、美味しい山・里・海の幸あり。中国地方で一番高い山、秀峰大山に抱かれた自然豊かな鳥取は、美味しいものがいっぱいです。 鳥取の食材で必ず名前が上がる大山地鶏は首都圏ではブランド鶏としてもてはやされています […]

三軒茶屋「富士屋本店グリルバー三軒茶屋」 ワインを楽しむ”ツリボリ立ち飲み”が帰ってきた!

「美味しい料理を手軽な値段で。」 外食をする上で、このテーマは永遠です。「コスパ」という言葉が流行り始めるはるか以前から、日本では安く飲むために「立ち飲み」という外食文化が形成されてきました。 単純に安いだけでは誰かが疲 […]

天神「一善めし青木堂」 若者の街で変わることなく60年。老舗食堂でお昼酒。

福岡城と天神に挟まれた地域は「大名」と言い、その名の通り、江戸時代には重臣たちが暮していたことが由来です。九州最大の繁華街の天神からそのまま繋がっていて、今は若者向けのアパレルやインスタ映えするスイーツ店が立ち並びます。 […]

「パーフェクトビヤガーデン2018」 夏が来た!ビールが美味しい!新宿駅直結、★で乾杯!

サッポロビールが提案する「パーフェクトな生ビール」は、提供品質を追求した「生のうまさ」にこだわったビールです。 ここ数年、ビールの話題といえばクラフトビールで盛り上がっていますが、並行して「注ぎ方」や「飲み方」を提案した […]

秋葉原「やきとん元気」 アキバから徒歩3分。活気と雑多が作るお祭り酒場

多かれ少なかれ、秋葉原で「どこで飲む?」というシーンがありますよね。そんなとき、サブカル電気街で正統派の酒場を探そうとすると、実は結構悩むんです。例えばやきとんが食べたいとき、どうしますか? 「やきとん元気」は、そんなシ […]

宇和島「ほづみ亭」 宇和海の磯料理に舌鼓をうつ。ここで飲むことが旅の目的になる。

東京からおよそ900km。愛媛県南予地方の中心都市・宇和島。山と海とが入り組むリアス式海岸が続く宇和海に面し、対岸は豊後水道を挟み大分県です。宇和島城を中心とした城下町で、歴代藩主だった伊達家ゆかりの史跡も多く、歴史、自 […]

北千住「北千両」 暖簾の向こう側は別世界。郷愁酒場で心を満たす。

北千住には約200軒の居酒屋があります。それが毎晩、夕暮れとともに明かりが灯り、お酒好きの人々の笑い声で溢れるのですから、それはすごい熱量でしょう。 注目のやきとり屋から、老舗の煮込み屋、ビールマニア垂涎の品ぞろえを誇る […]

甲府「どてやき下條」 創業1937年。甲府中央最古の酒場でどてやき&ぶどう割り

甲府の「どてやき」で知られるどてやき下條は、1937年(昭和12年)の創業。山梨の県庁所在地で飲むならば、必ず立ち寄りたい名酒場です。 現在は三代目が暖簾とお姉さんたちが暖簾を守ります。初代が大阪出身ということから「どて […]

築地「つきじ芳野吉弥」 百年続く穴子卸の直営店で、穴子の昆布締めに舌鼓

魚の鮮度でいえば、やはり漁港が一番です。ただし、魚の安定した質の良さという点では東京中央卸売市場がピカイチでしょう。かつては日本橋、そして現在は築地にある世界最大の魚河岸です。600以上の仲卸が営業中で、規模が大きいだけ […]

1 / 1371234561020