新橋「新橋やきとん」 立ち飲みもつ焼きの普段使いに


DSC00235 (コピー)

新橋は焼きとん・焼き鳥屋さんが多く、山手線のドアが開くとやきとりの匂いがすることもあるくらいです。
数が多いだけに、どこへ行こうか悩みますよね。

それぞれの特長をよく把握していると、シチュエーションにあわせて最適なお店選びができるのですが、なかなか難しいものです。

たとえば、一人で軽く飲んでいこうというときはここ、「新橋やきとん」はいかがでしょう。
阪急第一ホテルの近く、あまり飲み屋街のイメージはない一画の路地裏にそのお店はあります。

狭いお店がひしめきあうこの街では、比較的大きなお店で、しかも店構えはギラギラと光る提灯によってかなり目立っています。迷うことはなさそう。

DSC00218 (コピー)

いらっしゃいませ。こちらへどうぞ。
個人経営ではないのですが、大衆酒場の人間味ある接客なので居心地はよいのではないでしょうか。
まずはホッピーで乾杯しましょう。

ビールはアサヒスーパードライ、チューハイ類はホッピー(セットで200円)かサワー、お茶系ハイが定番。サワー類は「わるならハイサワー♪」の博水社のものを使っています。

DSC00225 (コピー)

もつ焼きは1本100円からで、本数の縛りはなく好きなものを少しずつ食べられます。
シロ、ハツ、カシラなどの定番をおつまみとして、笑顔が素敵なお兄さんのオススメ「ネギチャーシュー」も追加で注文。

一品料理ももつ焼き屋の定番ばかりなのでさほど酒類はないですが、ここで手の込んだ料理は頼む人もいないでしょう。

DSC00222 (コピー)

チャーシューはたしかに勧めるわけがわかります。あれよあれよと一杯目がからっぽに。

DSC00232 (コピー)

ナカ(200円)を追加してホッピーをどどっと流し込みます。ここのお店もマドラーがついてきますが、ホッピービバレッジ社ではマドラーを使わないことを推奨しているので、私もいつも使わずに。

つくねを食べながら、店内のテレビをぼーっと眺めています。
ボリュームがあって食感にアクセントもありなかなかいい感じ。

DSC00233 (コピー)

そうこうしていると、自然と立ち飲みのお客さんとも会話が始まってきます。
お向かいの方は新橋の立ち飲みは初めてなのだそう。あ、じゃあいいお店知っていますよー、例えばこことか、あそことか(笑)

DSC00220 (コピー)

ナカをさらにおかわり。ボリューム的にはソト1・ナカ3かな。

DSC00229 (コピー)

ハムカツって東京の酒場でひそかなブームですよね。
テレビ朝日系の「タモリ倶楽部」でも、酒場のハムカツが特集になったり、グルメ系雑誌でも度々コーナーがもうけられています。私はどこのお店が好きかは、ここではナイショです。

新橋やきとんさんのハムカツは昔懐かしい薄いハムをつかった定番のもの。変わり種が多くなっていますが、食べたいのはコレなんだという人も多いでしょう。

DSC00227 (コピー)

野菜を食べないとこのままでは不健康になってしまいます。
ということで、オクラ浅漬を追加。さらにホッピーもプラスして。氷が入っているとはいえ、ナカの量は皆さまのご期待に添えるくらいだと思いますがいかがでしょう。

DSC00219 (コピー)

天井を見上げたらハイサワーのおしりポスターがずらり。今夜はホッピーを選んでしまいましたが、次回はハイサワーにしますね!

甲類焼酎は誰も異論はないでしょう、宝焼酎なのでたくさん飲んでもクリアなまま。さて、次はどのお店へとはしごしようかな。
やきとんを軽く食べたくなったら一度お試しあれ。

ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもお酒のお役に立てましたら、 ブログランキングのボタンを押して投票をお願いいたします。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/なゆ)

 

新橋やきとん
03-3539-4838
東京都港区新橋1-14-8 有信ビル 1F
16:00~24:00(日定休)
予算1,500円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«