小岩「ホリタ商店」酎ハイ200円、はんぺん焼き150円!昼から安く飲める小岩の素晴らしさ


テレビ番組でも、酔っぱらいの街という切り口で紹介されることの多い、総武線の東京東端の「小岩」。飲み屋だけではなく、昔の日本を感じどこか懐かしい街です。駅前には大型ショッピングセンターがありつつも、駅前には昭和の名残を感じる元気な商店街が放射状に伸びています。

お昼から飲めるおお店の多さでは、北端の赤羽や、南端の蒲田のほうが多いようにも思えますが、小岩は昼から営業というだけではありません。特長はなんといっても、その安さ。酎ハイが300円未満が当たり前なのは、いまどき都内でも珍しいです。

 

最近は新しいお店も続々出店中で、どのお店も早い時間から年季の入ったベテランなノンベエさんたちに親しまれています。「ホリタ商店」も、そんな小岩のニューフェイス。

午後1時からひらく立ち飲みで、物腰やわらかいマスターが切り盛りしています。取材には夕方4時頃に伺いましたが、早番の皆さんいい感じに出来上がっていらっしゃる。マスター曰く、小岩が一番酔うのは5時前だとか。午前から飲み続けてきた人にとっては、もう午前様状態でしょうか。

 

さて、この飲み物メニューを御覧ください。チューハイが200円というのが「小岩プライス」。アサヒ系の酒類が揃えられ、生ビールはスーパードライで400円。ニッカのハイボールは300円とお手頃。まぁ、チューハイの価格のインパクトにはかなわず、お客さんたちは皆さんチェーンチューハイ状態です。

 

せっかくですから、やはり一杯目は生ビールと行きたいところ。強い日差しの中を街歩きをしたあとには、キンキンに冷えたスーパードライがより一層美味しく感じられます。では乾杯。

 

続いて料理メニュー。店の業態は「鉄板焼き立ち飲み」で、メインはカウンターの内側に敷かれた大きな鉄板で焼く料理たち。開放感のある空間で出来たての鉄板料理は間違いなく美味しい。海の家効果とでも呼びましょうか。

脱サラしてはじめたというマスター。もともとノンベエさんだそう。その内容と価格設定はポイントを抑えているように思えませんか。

 

常連さんのおすすめは、はんぺん焼き(150円)。しっかりバターを使用して焼くのが嬉しいはんぺんは、ボリュームもあり一人ならば十分な肴として満たしてくれます。

 

競馬、パチンコ、勝った負けたなんて話を聞きながら、穏やかな小岩の時間。面した商店街を行き交う人をぼーっと眺めて飲んでいると、別世界に迷い込んだ気分です。都会暮らしの中にある、ちょっとしたバカンス気分(笑)

 

もう一品、手際よくちゃちゃっと焼き上げパタンと折って完成、イカ焼き(400円)。こちらもボリュームがあり、イカもたっぷり入っているので満足感があります。ひとり、ふたりならば、こんな具合のオツマミでちょうどよいですね。

 

せっかくなので、小瓶で置いてあるサッポロビールもバランスよく、改めて乾杯。

小岩らしい元気で明るい酔っぱらいさんと、仕事が早あがりや夜勤明けのお父さんたちが、午後のワイドショーを眺めてリラックスしている空間。値段の安さだけではない、居心地の良さを感じる立ち飲みです。

500円で50円チケットが11枚セットになった回数券があり、チケットで飲めば1割オトク。駄菓子屋の感覚で、散策途中の軽いお酒補給に立ち寄られてみては。

ごちそうさま。

 

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

 

ホリタ商店
東京都江戸川区西小岩1-22-9
13:00~23:00(日定休)
予算1,000円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«