赤羽「まるます家」 酒の都で星空会は大盛況!


こんにちは!

星空会という飲み会を不定期で開催しています。
ブログを見てくださっている読者さまや飲み屋さんで仲良くなった飲み友達と楽しむ飲み会なのですが、おかげ様で毎回楽しい乾杯ができています。
これまでご参加いただいた皆さま、ありがとうございます。

昨晩は星空会in赤羽ということで、喜多屋さん、まるます家さん、丸健水産さんの3店を巡る梯子酒散歩をしてきました。

参加者は全部で8名。募集が前日だったなかでこれだけお集まりいただけてとっても感謝です。
喜多屋では、「酒場の人だっけ」と呼ばれるなど、すっかり馴染みの人になりました(笑

DSC01293.jpg 

メイン会場に選んだのは、赤羽のランドマーク的存在、みんな大好き「まるます家」さんの二階です。

人数が多かったので心配でしたが、それは大丈夫。
ちゃんと予約をしていきましたから。

さぁ、皆さん、ジャン酎のご準備はよろしいでしょうか。それでは、乾杯( ^_^)/□☆□\(^-^ ) 

DSC01285.jpg

ジャン酎モヒートはまるますさんの定番ドリンク。
ハイリキプレーン1Lボトルをとって、ミントとライムを入れてモヒート風にしていただきます。

これはスイスイと飲めちゃうんですよね~。

こちらは女性陣側。みんなでワイワイ!
会話の内容は女性らしい話題は・・・皆無(笑

馬力で55ホッピーを見た!という話題や、吉祥寺のいせやはふるさとの味。三茶の久仁は外せない田都線で貴重な一軒。
そんな話題が続きます。

富士屋本店にいったらナス味噌、ハムキャ別、まぐろブツは鉄板コーデですよね!など、とにかくマニアック(笑 

さすが、星空会の皆さまは酒場愛が本当にすごいです。

DSC01282.jpg

皆さん、普段、会社の飲み会などでは周囲の人のペースに合わせて控えめに飲んでいますが、このときは違います。
なにせ、飲みっぷりのいい人ばかりが集まっているのですから。

普通の飲み会ではみられないようなハイペースで次々とお酒が空いていきます。
ジャン酎もう一本!

DSC01286.jpg 

おつまみは、まるますさんで基本どころを当然おさえています。
私も常連の一人ですが、参加者の中にもまるます通いの人が多いので、何を頼めばいいか、メニューを見なくてもわかっています(笑

コイのあらいはくさみが一切無く、繊細な風味が実に美味。もちもちした食感が癖になります。

DSC01287.jpg

こちらは隠れた人気メニュー。たぬき豆腐はまるます好きの間ではマストな料理です。

お豆腐に天かすときゅうりなどを載せてめんつゆで味付けしている料理。
自宅でも簡単につくれそうなのですがバランスがいつも絶妙だなーって感じています。

まだ食べたことがない方はぜひ!

DSC01288.jpg 

今日のホヤは北海道産の上物だよーとお姉さんが教えてくれました。
まるますさんのホヤはアタリが多いんです!

ほや酢が今日のナンバー1!なゆコレ☆です。

海の栄養がたーっぷりつまっているホヤは健康にもいいのですが、なによりも日本酒との相性の良さがポイントです。
海水の美味しいところだけを集めたようなホヤに合わせるために・・・

DSC01289.jpg

赤羽の地酒、丸眞正宗を2本お願いします!

味はやや甘めの生貯蔵酒の300mlがまるますの定番酒です。
福娘などもありますが、せっかく赤羽で飲むのなら、やっぱり地酒がいいですね。

DSC01291.jpg 

時間がかかるけど、これも外せないガッツリメニュー、まるますさんのジャンボメンチは自家製です。
大きいですが、ふわっとしていて見た目ほど重たくないんです。

チリソースをつけて食べれば、ビールが飲みたくなること間違いなし☆彡
ということで、星空会ですし、サッポロビールを頼みましょう~。

まるますのビールは赤星です♪
あと、ジャン酎も追加でお代わりを。

DSC01292.jpg 

8人、同じテーブルに集まって宴は続きます。
皆さま、とっても楽しそうに盛りあがって、よく笑い、よく喋ってとっても楽しい時間です。

お酒を飲むペースが早いのに、みんな赤くならないのはさすがですね。安心して飲めます。

お集まりいただき本当にありがとうございます。
共通の話題が飲み屋さんですが、異業種交流会のような感じにもなり、様々なお話が聞けるのもいいですね。

また皆さまと乾杯したいたです。
昨日はありがとうございました!

ごちそうさま。

 


☆訪問記はこちら
赤羽「まるます家」 赤星・ジャンチュウモヒート

 

☆話題に出てきたお店はこちら
三軒茶屋「久仁」 田都線イチのもつ焼き屋 
渋谷「富士屋本店」 大人の社交場で笑顔になろう

 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ1日1回クリックしてくださると嬉しいです。    



コメントは受け付けていません。


こちらの記事もどうぞ



«