新宿「石の家」 まったりランチは台湾料理で


こんにちは[晴れ]

杉並生まれ、新宿は小さいころからお庭でした。
幼い頃から映画は歌舞伎町で見ることが多かったですし、
私の両親はゴールデン街によく通っていたそうです。

新宿で食べる場所も昔からほんとよく周りました。

祖母とよく食べに行った中華料理屋さんが東南口にあります。
「石の家」さん。

DSC08016.jpg

キレイな建物に入っていますが、歴史はかなり長いと聞きます。
東南口って平成に入ってもまだ闇市の雰囲気を残していた場所で、駅ビルのルミネだけがタイムスリップしてきたかのような光景でしたが、いまはすっかりキレイになっています。

甲州街道の架け替え工事や新南口への新駅舎建設も進み、いま、大きく変化をしている一帯に、石の家さんはあります。[るんるん]

DSC08012.jpg

お師匠と二人、年始のお買い物がてら新宿にやって来ました。
ランチは中華な気分。うん、じゃあ石の家で。

はい、乾杯( ^_^)/□☆□\(^-^ )

金属のコップって実は苦手です(-_-)

DSC08013.jpg

まずは木須肉を。中華の中でも好きなメニューのひとつ。
昔ながらのラーメン屋さんの味でとっても懐かしい^^

今日はちょっと時間が遅いからか空いています。伊勢丹のグルメフロアは大行列だったのに。
こっちを選んで正解ね[かわいい]

客層はサラリーマンや宅配便の人、鉄道会社の人などが中心。いわゆるがっつり系?

DSC08014.jpg

昔からがっと頂いているのが、焼き餃子。
新宿って餃子激戦区なんです。

大陸、老辺餃子、若月、岐阜屋、そして石の家。あなたの好みはどこ?
え、上海小吃?、あはは。

DSC08015.jpg

しじみの醤油・紹興酒漬け。生のしじみを漬け込んだもので、生のとろりとした食感と、広がる磯のあまりがビールによく合います。台湾の屋台料理ですね。

似たようなものですと、酔っ払い蟹やケジャンなども生のカニを漬けています。日本では、生魚をぬか漬けにしないのはなぜかしら。微妙な味になりそうですが。[あせあせ(飛び散る汗)]

ビールを数本、紹興酒を軽く飲んで、この日のランチはいい気分に。
さー、次に梯子です。このまま夜まで新宿を飲み歩きましょう[かわいい]

ごちそうさま[わーい(嬉しい顔)]


☆前回の訪問記

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ←1日1回クリックしてくださると嬉しいです。

石の家中華料理 / 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«