日暮里「鳥のぶ」 ワインもボールもある飲み屋


こんにちは[晴れ]

たまに聞かれます。「なゆさんてどんなお仕事しているの?」と。
普通のOLですよぉ~。

飲み屋さんがたくさんある街で働いています(*^_^*)
趣味が飲み屋さん巡りなのです。 

両親ともに呑兵衛でしたので、育ちと体質の両面からも飲み屋さんとの相性が抜群です[かわいい] 
東京荻窪生まれ、荻窪の飲み屋さんはそこそこ詳しいのですょ~。

昔は荻窪・中野・新宿くらいでしたが、気づいたら都内全域の飲み屋さんに顔を出すようになりました(笑

さてさて、謎の存在と言われているお師匠と、今宵も酒場巡りです。

お師匠「ワインが飲みたい。」
私「焼酎ハイボールが飲みたい。」

・・・ビストロにいくか大坪屋にでもいくべきかというところでしょうか。
[ひらめき]

あるじゃないですかー、私の大好きなお店が日暮里に☆彡

DSC07721.jpg 

ということで、日暮里駅下車、早足でやってきました。居酒屋鳥のぶさん。[ぴかぴか(新しい)]

喉がからからなので、まずはボールで乾杯( ^_^)/□☆□\(^-^ ) 
金宮焼酎と天羽の梅、強炭酸でつくるボールは、色は琥珀色、口当たりが大変良く、すいすい飲んでしまいます。

DSC07723.jpg 

イサキのお刺身をお願いします。わぁー、いっぱい☆彡 

築地には年中みかけるお魚なのですが、イサキってちょっとお高いのよね~。
こちらは大衆酒場なので600円で出してくれるのが嬉しいです。

うん、もちもちしていて美味。のどごしでも旨味を感じます。

DSC07728.jpg

次はお師匠の飲みたかったワイン。 赤ワインを選びました。
ヴェロネッロ ロッソ、ミディアムボディのイタリアワインです。テーブルワインですが、コスパのよい銘柄で、これなら毎日飲めます♪

菜の花おひたしとヴェネツィアの出会い、ここは日暮里です。 

DSC07730.jpg 

合鴨の治部煮です。
片栗粉でとろみがついています。治部煮本来の作り方から大将なりのアレンジが入っています。

合鴨と赤ワイン、あいます☆彡

こちら、料理の種類がものすごく多いのですが、大将がほぼ一人で作っています。そして、腕がいい!
何を食べてもハズレがありません。

そうそう、まさかのオムライスやおしるこって品書きもあります(笑

 DSC07732.jpg

すっかりビストロ風になりました[るんるん] 

まぐろのほほ肉ソテートマトソースをお願いしました。
盛り方もキレイですし、なにより味付けがいい!

旨味たっぷりのとろとろマグロを食べれば、もう笑顔が止まりません。そしてワイン。しあわせー。
爪楊枝と醤油さしがなければ、ここはビストロです(笑

DSC07738.jpg 

あれ、もう一本飲んじゃいました?はやいよぉー。え、私がほとんど飲み干した?てへへ^^;

じゃあ、一番搾りで休憩を[かわいい] 

DSC07740.jpg 

しめは牡蠣ほうれん草グラタン。こんなボリュームで、牡蠣もたっぷりなのに650円。そして、味はなかなかのもの。
ここで美味しければ、わざわざパークサイドダイナーで食べなくてもイイかも?あ、どっちも好きです[あせあせ(飛び散る汗)]

それにしても、どの料理も大衆酒場のレベルを越えていきます。ほんと素敵なお店[るんるん] 

今年も鳥のぶさんには通っちゃうなぁー[グッド(上向き矢印)] 

ごちそうさま[わーい(嬉しい顔)] 

 


☆前回の訪問記

 

居酒屋鳥のぶ (居酒屋 / 西日暮里駅日暮里駅三河島駅) 

夜総合点★★★★ 4.5

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ人気ブログランキングへ←1日1回クリックしてくださると嬉しいです。 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«