検索結果

キーワード「老舗」での検索結果は次の通りです。

川崎「養老乃瀧 京急川崎駅前店」 実力の老舗チェーン

こんにちは ひものやを出た私達。もう少し飲みましょう、でもどこにします? あ、養老乃瀧をさっきみかけたのですが、そこにしませんか 養老乃瀧は創業55年以上の歴史あるチェーン店です。直営の他FCでも店舗展開をされていますが […]

大宮「いづみや本店」 老舗の駅前酒場

< ![CDATA[ こんにちは 清龍酒造の新酒祭りはとーっても楽しく、また来年もぜひいきたいなって思います。東京への帰り、今日は大宮でいってみたいお店があるので、二人で宇都宮線を大宮駅で下車 目指すお店は駅の階段をくだ […]

新宿「イーグル」 老舗のバーでザクロを

こんにちは 新宿の夜、清龍で飲んだ私たち。お腹はいっぱいだけど時間はまだ19時過ぎ。 まだ早いので、もう少し飲んでいきますか☆彡 向かったのは新宿駅への帰り道、雑居ビルの地下にある老舗のバー「イーグル」です イーグルは新 […]

綾瀬「綾瀬飯店」 ほっとする、懐かし中華の美味しい店

街角の中華屋でお昼から飲むことに憧れたことはないでしょうか。蕎麦屋と同じで、お昼から飲んでいる人もいますし、通しでやっていることが多く、居酒屋がなくとも中華屋さえあればお昼酒は捗るものです。 派手じゃない、話題の店でもな […]

蒲田「酒と飯ビートル」 樹木の蜜は赤星だ!みんな大好き大衆酒場

新しいけど懐かしい、今風ではなくあえて古典的な酒場のかたちを取り入れた”ネオ大衆”な酒場が蒲田で人気です。近隣の飲み屋とともに蒲田の夜を明るく灯す店の名は「ビートル」。白い暖簾のコの字カウンター、 […]

秋葉原「晩杯屋秋葉原店」140席、巨大なせんべろ酒場がアキバに誕生

秋葉原に本日晩杯屋がオープンしました。全席数140、カウンターの一人飲みスペースから、4~8人くらいまで対応できるテーブル席まで、幅広い利用シーンに対応できるお店です。 地下鉄日比谷線の2番出口からならば傘も不要なくらい […]

[3月14日開店]晩杯屋秋葉原店先行レポート~超大きい~

タイトルで”超大きい”なんて、小学生並の感想でしたが、明日2017年3月14日オープンの晩杯屋秋葉原店に、開業前の先行取材をしてきました。 おさらいですが、晩杯屋は東京都品川区、当時はまだ闇市の名 […]

武蔵小杉「文福武蔵小杉店」 街の味・カレー煮込みで笑顔になろう

住みたい街ランキングで上位になったことで話題の「武蔵小杉」。古くから工業地帯で、南武線の前身、国有化前は南武鉄道という私鉄だったころから、多摩川と南武線の間は大規模な工業地帯でした。 東急電鉄が開業した時点では武蔵小杉と […]

京阪三条「赤垣屋」 川端の銘店で名誉冠、創業80余年の縄暖簾

東京や大阪の酒場といえば、駅を中心として飲み屋街が広がっていますが、京都は違います。JR京都駅周辺にもリド飲食店街など、多少は飲む場所はあるのですが、銘店と呼ばれるような存在は駅から離れて点在しています。 京都の酒場を語 […]

銀座「武ちゃん」 銘焼鳥を肴に、酒場は街の過去と未来を繋ぐ場所

銀座の中心、4丁目交差点からほど近い銀座三原通り沿いに、一軒の焼鳥屋があります。三越からはティファニーの先にある三原通り口から徒歩1分もかからないという、まさに一等地。こんなところに焼鳥屋と、初めての人は驚くに違いありま […]

2月25日はヱビスの日。銀座ライオンは24日15時~25日終日ヱビス半額★

東京のビール、恵比寿麦酒 1890年2月25日、東京で最初のビールが「目黒のさんま」で知られる北目黒の丘で誕生しました。その名は、恵比寿麦酒。 北海道の札幌麦酒、横浜の麒麟麦酒、関西の朝日麦酒と並び、日本を代表する麦酒銘 […]

保谷「晩杯屋保谷店」 西武池袋線に進出!いまや東京を代表する立ち飲みチェーン

現在、都内で24店舗、神奈川県で1店舗を展開する晩杯屋。もとは2008年、赤羽の老舗立ち飲み「いこい」をもとにして武蔵小山駅前で4坪からはじまった立ち飲み屋です。武蔵小山のいまはなき闇市の名残のある一帯の小さなお店は、驚 […]

中目黒「晩酌 銀紋」 大衆酒場の魅力とはなにかを考える店

洗練されたオシャレな飲食店が立ち並ぶ、いかにも東京らしいきらびやかな街、中目黒。 街情報番組ならば冒頭にはそんな言葉で紹介されるのでしょうけれど、Syupo<シュポ>は酒場めぐりマガジン。若者が集うバルは素通 […]

尾張一宮「日の出寿し食堂」 明治創業の堂々たる風格に浸る喜び

尾張の国の一宮、真清田神社があることが由来となった尾張一宮は、歴史ある街です。江戸時代のメインルートである東海道は名古屋から先は四日市、亀山を抜けて京都へ向かいますが、近代に入って現在の東海道本線となる鉄道が開通した18 […]

池袋「やきとん ひなた池袋東口店」 かしら味噌だけじゃない、進化したひなたが登場

当たり前ですが、焼鳥は鶏肉です。ですが「やきとり」とひらがなで書くと鶏ではなく豚、やきとんの意味になります。最近は区別なく使われるようになりましたが、そんな表記で別けるという文化ができるほど、東京は焼鳥・焼とん天国です。 […]

5 / 333456782030