検索結果

キーワード「昼酒」での検索結果は次の通りです。

亀戸「立ち飲み居酒屋 ヤッホー」 人気ワンコイン酒場の流れをくむ立ち飲み店

亀戸は最近立ち飲みの新店ラッシュが続いています。歴史ある大衆酒場を補完するように、お昼から飲めるパクチー系昼酒酒場やオシャレだけど酒場感覚のカウンタービストロなど、選択肢は様々です。 そんな変化の激しい亀戸で、おそらく一 […]

船橋「吉光 船橋北口店」 これぞ漁師町の実力だ!安くて早くて新鮮

東京湾の魚介類を酢飯といっしょに握った江戸前寿司は、江戸時代に屋台飯としてはじまりました。一寸の間にさくっと小腹を満たす、まさに江戸っ子気質にぴったりの食べ物です。 じっくり座って食べる高級店もよいですが、梯子酒の合間に […]

京成八幡「竹千代」 下町電車に寄り添うもつ焼き屋でハイボール

下町をゴトゴトと走る京成電鉄が好き。昼酒酒場の脇をガードをきしませながら行き交う堀切も、空港連絡の使命を帯びたアクセス特急が下町の人情なんてどこへやらと踏切遮断で通過していく立石もイイ。 コテコテの大衆電車の中に、最新の […]

京都・河原町「たつみ」 昼から・立ち飲み・千円ちょっとの三大魅力

京都の居酒屋というとどんなイメージをお持ちでしょう。なんとなく、おばんざいだったり、割烹だったりと、どこか”はんなり”した感じはありませんか。 もちろん、そういうお店も多いですが、観光客が行き交う […]

武蔵小杉「くろ兵衛」 センターロードの午前を彩る大衆酒場

武蔵小杉。 再開発で高層マンションが立ち並ぶいまの街並みからは想像ができませんが、その昔は巨大な工業都市でした。東京機械製作所などの重工業が主体で、東横線の車窓からトタン屋根が並ぶ灰色な景色と、駅を挟んだ反対側の飲み屋街 […]

丸亀「一鶴本店」 香川の鶏は骨付き!名物に旨いものあり

香川県の名物料理といえば確実に「うどん」と言われますが、うどんではお酒は飲めません。あ、うどん居酒屋で良いお店がありますので、否定ではなくて。 こちらの人々の酒の肴といえば、瀬戸内の海の幸と、そしてみんなの故郷の味「骨付 […]

大山「わいわい」 昼から飲もうよ、お手軽価格の飲み処

板橋区大山は、昨今お昼から飲める店、安く飲める店の出店が著しいエリア。もともと歴史ある街の大山は、ハッピーロード大山を軸として広い面で賑わっていた頃の面影が随所に残っています。 川越街道と鎌倉街道の交差点であり、そして地 […]

綾瀬「綾瀬飯店」 ほっとする、懐かし中華の美味しい店

街角の中華屋でお昼から飲むことに憧れたことはないでしょうか。蕎麦屋と同じで、お昼から飲んでいる人もいますし、通しでやっていることが多く、居酒屋がなくとも中華屋さえあればお昼酒は捗るものです。 派手じゃない、話題の店でもな […]

新丸子「晩杯屋新丸子店」 神奈川県上陸・立ち飲みのひとつの完成形

正直、ここまで晩杯屋が拡大するとは思っていませんでした。現在25店舗。神奈川県初出店は、東急東横線・新丸子駅改札からと徒歩30秒の場所です。 本店がある武蔵小山へは東急目黒線で一本ですし、東横線沿線にだって祐天寺と学芸大 […]

銀座「ニュー鳥ぎん」 路地裏の昭和を愛でるひとときを。

銀座はいつも流行の最先端で、きれいで美しいもので溢れています。街並みも時代とともに変化し、現在も様々な施設が建て替えをすすめています。そんな変わりゆく銀座にも、アパレルブランドが並ぶ中央通りや並木通りからひとつ・ふたつと […]

祐天寺「大衆酒場晩杯屋 祐天寺店」 大衆酒場化はアキバへの布石か、業態変更

晩杯屋は2017年2月現在、23店舗を展開している格安外飲み酒場です。もともと赤羽の老舗立ち飲み「いこい」で修行を積んだ現・晩杯屋の金子社長が独立し、東急目黒線の武蔵小山に小さな立ち飲みを開業したのがはじまりです。 東急 […]

追浜「一銭酒場 えびす」 魚屋直営、三崎のまぐろを肴に京急飲み

おそらく、首都圏の大手私鉄沿線のなかで、一番飲み屋が多い路線は京急電鉄ではないでしょうか。 都内では立会川や京急蒲田に、多摩川を越えれば、京急川崎はもちろん、キリンビール横浜工場が線路脇にある生麦や子安、神奈川には市民酒 […]

明石「三國酒店」 酒の街・西灘の角打ちは楽園だ

日本酒生産量一位の兵庫県。菊正宗や白鶴、剣菱といった大手蔵がある東灘が日本酒の故郷として知名度が高いですが、東灘と並んで酒の都なのが実は明石市と言われています。 江井ヶ嶋酒造をはじめ太陽酒造など現在、市内では7蔵が日本酒 […]

船堀「百味家」 家族経営のあったか食堂は朝から営業、おふくろの味で乾杯

やっぱり都営新宿線は最高です。埋立地の開発を目的として開通した比較的新しい路線なのに、探ってみるとあるわあるわのイイお店。平行しているJR総武線や京成線沿線の年代物の街とは違う、昭和のベッドタウンの独自進化がみられるので […]

西荻窪「サレカマネ」 それは西荻以上に、杉並らしい。

西荻窪は昨今、飲み屋の新店が相次いでオープンしています。もともと、飲みの街としての歴史は長く、南口の闇市の名残が色濃くのこる柳小路をはじめ、戦後の杉並の復興と発展とともに歩んできた半世紀酒場がいまも昭和のムード全開で暖簾 […]

5 / 16345678