キリン一番搾り

折尾「高橋酒店」 100年角打ちへようこそ!酒と人が織りなす魅惑の世界

酒屋の片隅で飲むことを、飲食店と呼び分ける意味として「角打ち」という言葉が定番化していますが、”角打ち”は東京や大阪で生まれた言葉ではありません。 東京では、「立ち飲み」や、古くは「もっきり」と呼 […]

経堂「ベコ太郎経堂店」 せんべろの次はコスパステーキ!晩杯屋新業態

都内を中心に27店舗を展開する晩杯屋。当初は駅前の小箱の立ち飲みでしたが、最近は秋葉原店など百席近くある着席型も登場。それでも、コンセプトはブレることなく誰でも気軽に使えるコスパ系せんべろです。 そんな晩杯屋が本格的な新 […]

蒲田「いとや」 新宿の人気店の味、南の酒都へリアレンジ

突然ですが、都県境手前の街の酒場は魅力的だと思いませんか。北の酒都・赤羽、西の酒都・小岩、そして南はといえば蒲田。きらびやかな東京のイメージは薄れ、どこか人間くささが街を緩く包んでいるような。 山手線一円にはない&#82 […]

静岡「金の字支店」 地元が愛する肴、カレーがつなぐ人情がある

静岡のおつまみといえば、桜えびやしらす、黒はんぺんなどが定番ですが、「もつカレー」というものが実は知る人ぞ知る名物です。いや、Syupoを御覧の皆さんは”ノンベエ”さんでしょうから、知っているよと […]

平井「ちょい松」 ちょいとカウンターで一献、名物酒場の姉妹店

平井は居酒屋天国です。とくに老舗の個人酒場は実力派揃い。南口の名物酒場といえば松ちゃんで、70席もある大箱にも関わらず口開けから1時間もすれば満席ということが毎日続いています。 そんな松ちゃんは、江戸川区の篠崎に支店を開 […]

大曽根「みのや北村酒店」 酒屋は笑顔を売る処。明るく楽しく心地よく

お酒は楽しくほどほどに。 酒造会社のポスターによく書かれている適正飲酒の文言ですが、やっぱりお酒は楽しく飲まなきゃいけません。酔って忘れたいこともあるかもしれませんが、お酒は日常に潤いと笑顔を与えてくれる最も身近な嗜好品 […]

新宿「日本再生酒場」若き立ち飲み、いまや街の立派な景色

新宿三丁目に「日本再生酒場」というなんとも個性のある名前の立ち飲みが誕生したことは記憶に新しいのではないでしょうか。 なんせ、新宿三丁目の末廣亭がある三角地帯の飲み屋街に突然、昭和30年代の”三丁目の夕日&# […]

清澄白河「だるま」 80種を超える豊富な料理、大好き下町大衆酒場

下町の酒場の特長のひとつに、決して駅前だけにあるわけではない、というものがあります。どの駅からも微妙に離れた、商店街や参道、はたまた団地の隙間にと、いたる場所に店があります。 職場と自宅の距離が近く、そんな人々の暮らしに […]

蒲田「晩杯屋蒲田西口店」 ノンベエに優しい街、さらに使いやすく

赤羽の老舗立ち飲み「いこい」の流れをくみ、武蔵小山から始まった晩杯屋。250円からのお酒と100円台のおつまみで人気となり、いまや都内を中心に27店舗を展開する一大せんべろチェーンに成長しました。 そんな晩杯屋が2017 […]

京都・河原町「たつみ」 昼から・立ち飲み・千円ちょっとの三大魅力

京都の居酒屋というとどんなイメージをお持ちでしょう。なんとなく、おばんざいだったり、割烹だったりと、どこか”はんなり”した感じはありませんか。 もちろん、そういうお店も多いですが、観光客が行き交う […]

大井町「豚のいろ葉」 大衆酒場で豚づくし、焼とんだけが豚じゃない

横丁ブームの中、大井町駅北口から東へ伸びる2本の細い路地・東小路飲食店街が人を集めています。人気のせんべろ酒場や、老舗の立ち食いずし、肉屋の店頭で焼鳥片手に缶酎ハイを楽しむ店、そして角打ちまで、その顔ぶれは様々です。 そ […]

武蔵小杉「くろ兵衛」 センターロードの午前を彩る大衆酒場

武蔵小杉。 再開発で高層マンションが立ち並ぶいまの街並みからは想像ができませんが、その昔は巨大な工業都市でした。東京機械製作所などの重工業が主体で、東横線の車窓からトタン屋根が並ぶ灰色な景色と、駅を挟んだ反対側の飲み屋街 […]

蒲田「スパ串酒場 うまいける」 中華+酒場=楽しい!手軽さと個性が魅力

昨今シャンツァイ(パクチー)や独特な中華スパイスを使って、定番中華とは一味も二味も違った料理を提供する店がラム肉ブームも追い風にして注目を集めています。 もともとは中国東北地方の料理がベースと言われており、寒さに負けない […]

大山「わいわい」 昼から飲もうよ、お手軽価格の飲み処

板橋区大山は、昨今お昼から飲める店、安く飲める店の出店が著しいエリア。もともと歴史ある街の大山は、ハッピーロード大山を軸として広い面で賑わっていた頃の面影が随所に残っています。 川越街道と鎌倉街道の交差点であり、そして地 […]

高知「中洲」 もつ鍋の銘店は、次世代へ引き継がれて下町酒場へ

高知はかつおをはじめ、魚介類を肴にした居酒屋が多く、飲み屋の顔ぶれからも地域性があっておもしろいです。いまでこそ、東京でも鰹の藁焼きが普段の生活範囲にはいってきていますが、昔は高知ならではでした。 逆に、高知にも日本全国 […]

2 / 1612345610