キリンラガー

浜松町「魚錠」 創業110年・鮮魚流通のプロが仕掛ける名に恥じない魚の店[PR]

魚を看板に掲げた酒場は多い。いまや、東京の飲み屋街には一軒や二軒は必ずと言っていいほどにみかけます。漁港の酒場や海の家、はたまた漁船をモチーフにした業態など、バラエティに富んでいます。 そして、ここにきてついに鮮魚流通の […]

徳島「安兵衛」 阿波の味、ぜんぶ入り!朝からやっている定番の大衆酒場

徳島の大衆酒場と言えば、創業半世紀を迎える駅前の店「安兵衛」はまず外せません。朝から通しで営業、価格は庶民的、そして阿波の地ものが勢揃いと惹かれる要素は四国でもピカイチ。早い時間から大賑わいの店内は、入れ代わり立ち代わり […]

名古屋「恵三」 謎の習慣性!名駅の〆は名物カレー焼きそばで決まり

名古屋出張で立ち寄る居酒屋があります。名駅近く、ニョキニョキと建設が進む高層ビル群の中で時間が止まったような酒場が密集する区画。ここの「恵三」が好き。名古屋めしと呼ばれるものは凡そ食べてきましたが、私にとって名古屋のロー […]

横須賀中央「相模屋」 スナック感覚で焼鳥飲み。酎ハイピッチで活力チャージ

横須賀は言わずと知れた昼酒ワンダーランド。神奈川県で飲むならば、同じ京急電鉄の日の出町・野毛もよいけれどお酒を飲むためだけに横須賀へ遠征するのも楽しいもの。早い時間から安心して使える大衆暖簾が潮風を受けてたなびいています […]

渋谷「呑ん処二◯九」 スシ、テンプーラ、スキヤキ!外国からみた日本の酒場を絶妙な塩梅で。

渋谷は老舗の焼鳥屋が長年の暖簾のタスキをつなぐ傍らで、新しい世代がつくる大衆酒場が続々と出店し、人気を博しています。道玄坂に誕生した「呑ん処二◯九」もそのひとつ。新しくても、大衆酒場の基本形に忠実。20代、30代だけでな […]

佐賀「久坊」 人、肴、酒。旅先の酒場に求めるすべてがここにある

旅先の酒場に求めるもの、それは単に郷土料理や地酒というだけでなく、土地の人とのふれあいも重要です。日本各地でよき酒場に出会えてきましたが、佐賀の久坊は人、肴、酒のすべてが素晴らしく、格別の魅力を感じた酒場です。 久坊で飲 […]

溝の口「どん」 南武線酒場の大定番!焼鳥だけじゃない豊富な肴たち

JR南武線の沿線は一種独特な酒場が根付いています。 多摩川に接した工業地帯を走る路線ということもあり、古くから働く人の大衆酒場が作られました。この歴史に加え、都心とベッドタウンを結ぶ私鉄が南武線と繋がったことにより、どこ […]

覚王山「玉屋」 地下鉄に乗って煮カツを!安くて美味しい百年食堂

覚王山日泰寺の寺町、名古屋・覚王山は地下鉄東山線で名駅から15分。有名なカフェやアンティークショップが立ち並び、名古屋の住みたい街ランキングで常に上位にある人気の住宅街です。 この街で1913年(大正2年)創業の一世紀続 […]

蒲田「万平」 街の定番酒場。ねぎまの唐揚げに酢をかけたら…おお!

蒲田駅は駅の東西どちらも巨大な飲み屋街が広がっています。こういう場合、どちらかが上品でもう一方は大衆的という街並みが普通ですが、蒲田は毎夜どんちゃん騒ぎな庶民派飲み屋街がただひたすらに続いています。 赤羽、小岩、蒲田、都 […]

菊川「みたかや酒場」 住宅街の飲み処はみんなの社交場。下町のあったか人情に浸る。

たいてい飲み屋というのは駅前にあるものですが、東京の下町はそうではありません。町工場が点在した界隈では職住近接のため、交通という”点”がないためでしょう。いまでこそマンションが立ち並び巨大ベッドタ […]

新今宮「たつ屋」 まるで異世界。そうか、これが新世界!絶品ホルモン鍋で幸せの昼酒

新今宮駅を降りれば南に西成、北にジャンジャン横丁・新世界。お昼間から酔っ払って歩くなら大阪で一番の駅でしょう。 この界隈は戦後復興の労働者の盛り場として栄えるも、歓楽街はミナミなどにシフトし取り残されてしまい、街は昭和の […]

広島「ビールスタンド重富」 美味しい一杯で笑顔をつくる、広島のゼロ軒目はここで決まり

ビールを飲む人が減ったと言われながらも、日本人の一口目の主役はいまもビールに変わりありません。多様性を楽しむクラフトビールや昨今の大衆酒場ブームの影響もあって、むしろ注目されている飲みものだと筆者は考えています。 広島に […]

静岡「三河屋」 気取らずカッコつけず。当たり前の郷土料理で至福のとき

静岡は昔からおでんが郷土料理のひとつ。駿河湾から水揚げされる豊富な魚介類をつかった練り物文化のひとつ。戦後、駅前に次々と登場した屋台がそのルーツと言われていて、今でこそ屋台は姿を消しましたが、青葉横丁という名の小路に姿を […]

小倉「平尾酒店」 明るい角打ちで元気をもらう。空間こそ最高の肴

炭鉱や第二次産業で発展した労働者の街・北九州市。仕事終わりにいっぱい引っ掛ける場所を求めて彼らが集ったお店は酒屋でした。 酒屋の片隅でお酒が飲める角打ちは全国的にありますが、「角打ち」という言葉の発祥はここ北九州と言われ […]

【閉店】新宿「若月」 なんど、ここでサボったものか。千円で楽しむ昼飲みの贅沢

会社員時代に新宿駅前に通うことがあり、とうにノンベエだった私は仕事終わりの一杯に繰り出すことばかり考えながら働いていたものです。今日はまず駅前のあの店でビールから始めて、歌舞伎町の地下で焼鳥と酎ハイ、シメは三丁目のどん底 […]

2 / 251234561020