アサヒスーパードライ

博多「旭軒 川端店」 中洲新橋で60年、ここにしかない特別ラー油で

福岡はラーメンやうどん、モツ鍋といった大衆食がどこよりも賑やかです。九州全土からちゃんぽんやとんかつ、焼きうどんなども入り交じるようになり、さらにコテコテの楽しい雰囲気を演出しています。 名物のひとつである餃子も、熱々の […]

築地「磯野家」 働く男女の市場酒!昼酒専用食堂で乾杯を

世界最大の魚介取扱量を誇る東京中央卸売市場。日本各地だけでなく世界中からありとあらゆる海産物が運ばれてきます。皆さんご存知の通り東京観光に欠かせないスポットでもあり、曜日を問わず多くの観光客で賑わいます。 場外市場は一般 […]

高知・はりまや橋「葉牡丹」 電車通りで一番人気の昼酒処で土佐に浸る

全国の酒場を巡っていると、街ごとの飲み屋の傾向が見えてきます。東京、仙台、名古屋に大阪と、大都市の色はわかりやすい。ですが、地方の都市にも強烈な個性がみえることがあり、それが全国酒場行脚の最大の魅力です。 特に高知はすご […]

船橋「参佰宴 船橋仲通り店」 三百円均一と侮るなかれの手作り料理

本日は船橋の激安酒場をご紹介します。激安と言っても千円でお釣りがくるほどではないのですが、ちゃんと酒場で飲んでいる感が味わえて二千円でそこそこ満足できるというのが特長です。 京成船橋よりも南に、もつ焼きの銘店や地元の愛さ […]

池袋「バーンカオケン」 超本格派!タイ料理立ち飲み登場

池袋の北口には謎多きお店が多数あり、お世辞にも安心の街とは言えませんが、古くから続く角打ちやもつ焼きの銘店など、ノンベエならば避けておくにはもったいないエリアです。 立ち飲みが多く、また24時間やっている店も多いので、様 […]

平井「ちょい松」 ちょいとカウンターで一献、名物酒場の姉妹店

平井は居酒屋天国です。とくに老舗の個人酒場は実力派揃い。南口の名物酒場といえば松ちゃんで、70席もある大箱にも関わらず口開けから1時間もすれば満席ということが毎日続いています。 そんな松ちゃんは、江戸川区の篠崎に支店を開 […]

京都「水月亭」 絶品むし豚と水キムチを肴に昼酒が進む

京都は東京近郊に次いで高頻度で飲み歩いている街です。京都駅前の郵便局裏にある角打ちや、お昼から混み合う激安立ち飲みの店などに、寺社仏閣にはない酒の場特有の活きた京都が感じられます。 観光地として賑わう四条周辺だけでなく、 […]

大曽根「みのや北村酒店」 酒屋は笑顔を売る処。明るく楽しく心地よく

お酒は楽しくほどほどに。 酒造会社のポスターによく書かれている適正飲酒の文言ですが、やっぱりお酒は楽しく飲まなきゃいけません。酔って忘れたいこともあるかもしれませんが、お酒は日常に潤いと笑顔を与えてくれる最も身近な嗜好品 […]

岡山「小野酒店」 ここは大人のお酒スタンド、ピンと背筋を伸ばして角を打つ

岡山には立ち飲み屋がほとんどありません。まして、酒屋の隅っこで飲ませてくれるお店はほとんどなく、決してお酒を飲まないという地域ではないのに、地域の色を感じます。 新幹線で10分のお隣さん、姫路や明石はそこかしこに角打ちが […]

四日市「大衆酒場ゑびす」 新しく懐かしい、活気あふれる新下町酒場

三重県最大の歓楽街を抱える四日市。四日市コンビナートに隣接した街で、駅周辺は出張者向けのビジネスホテルや、仕事終わりの一杯を楽しむ飲み屋や怪しいネオンが多数あります。 市中心部の停滞が問題になっている四日市ではありますが […]

豊橋「旭屋酒店」 地元ノンベエが毎夜集う評判角打ちは昭和2年創業

豊橋駅前に一軒の老舗角打ちがあります。 雑居ビルに囲まれたなかにある大変立派な佇まいの歴史を感じる酒屋で、1927年(昭和2年)創業の旭屋酒店です。戦後すぐの昭和23年より角打ちの営業を開始し、以来豊橋の一寸一杯の立ち寄 […]

岡山「喜楽鮨」 戦後復興から現在へ、平和町の老舗寿司店

岡山は大戦中の1945年6月29日、138機の爆撃機によって焼夷弾による空襲を受け、市街の6割が焦土と化し、1,700人以上が犠牲になりました。それから4年後、平和町と名付けられることになる地に、戦後の混乱がまだ収まらぬ […]

大曽根「佐野屋」 昼酒愛好家が集う一里宿の人気角打ち

大曽根は名古屋城から一里の場所。木曽街道、下街道、瀬戸街道へはここ大曽根を分岐点として伸びていました。名古屋を出て最初の宿場として、街道の分岐点として長きに渡り栄え、現在でも道路・鉄路ともに大曽根を要衝としています。 そ […]

金沢八景「堀川商店」 港町の角打ちで、潮の香りを肴に一献

金沢八景は、八景島シーパラダイスへの玄関口。ですが、金沢八景という名のごとく、この地そのものも景勝地として古くから栄えた場所です。 山ぎりぎりまで平潟湾が近づき、僅かな平地に京急と国道16号・横須賀街道が通ります。小高い […]

浅草「神谷バー」 近代日本の外食文化の象徴的存在は庶民派です

1880年(明治13年)創業の神谷バー。大政奉還から十数年しか経過していないときに誕生したということを改めて考えてみると、凄まじいものを感じます。 実は神谷バーの歴史は「みかはや銘酒店」という名の角打ち酒屋からはじまりま […]

1 / 211234561020