食堂

中野「丸亀製麺中野セントラルパーク店」 大人の丸亀、30分1本勝負!

まさか、Syupo初のトリドールのブランドが、「焼鳥・唐揚げ とりどーる」ではなく、丸亀製麺になるとは― トリドールは、丸亀製麺を運営する大手飲食企業。昭和60年、兵庫県加古川市に誕生した焼鳥居酒屋「トリドール三番館」が […]

高円寺「定食のヤシロ」 昔なつかし昭和食堂でいっときの安らぎを

東京にはいくつか食堂チェーンが存在します。代表格は、城東側で店舗数の多い「ときわ食堂」で、東京ときわ会という組織が存在します。本店は浅草にあります。 そして、城西側はといえば、店数は少ないものの歴史があり、地元の人達に長 […]

鹿児島中央「みどりや食堂」 地元のありふれた肴に徳利焼酎、旅先食堂に浸る

2018年のNHK大河ドラマのテーマが「西郷どん」に決まり、九州新幹線開業に続くビッグイベントに盛り上がりつつある街「鹿児島」。 明治維新150年を迎える年でもあり、西郷隆盛や大久保利通など明治維新に活躍した人が鹿児島出 […]

金沢文庫「市場食堂」 お昼から飲める!魚介卸問屋の直営食堂

京急電鉄の列車の行き先として頻繁にみかける金沢文庫という独特な駅名。京急は不思議な由来の駅名が多いですが、金沢文庫の名前は古い。駅の近くにある「県立金沢文庫」からついた駅名です。 金沢文庫とは、鎌倉時代に北条実時が創設し […]

三宮「皆様食堂」 家庭の延長50年、高架下の銘店でまどろむ

三宮の飲み屋は高架下がおもしろい。JRと阪急電車の高架線路の間に挟まるように伸びる飲み屋街には魅力的な小箱のお店がずらり。まさに横丁といった雰囲気です。両側のお店の誘惑をぐいぐいと感じられる絶妙な道幅も含め、ここは大変素 […]

築地「たけの食堂」 市場とともに歩んできた粗野な空間でいい気分

今日は自宅近くでのんびりお昼酒。築地で昼酒といえば、やはり「たけの食堂」は外せません。1935年(昭和10年)の築地市場稼働とともに築地の空腹と飲み欲を満たし続けてきた銘店です。 よく場内やもんぜき通り周辺と思われがちで […]

明石「みなと食堂」 海の男御用達、港に一番近い昼酒処

なんとなく明石駅に降り立った筆者。うろ覚えの記憶で、確か、駅前の賑わう歴史ある商店街「魚の棚商店街」を抜け、山陽道を渡った先にお昼から飲めるいい場所があったなーと考えつつも、途中でいいお店があったら入ってみようと歩いてい […]

奈良「はりまや食堂」 猿沢池近く、地元で働くお父さんの味方で絶品かつ綴じ

居酒屋を探すなら県庁の裏、これ、地方の酒場巡りの基本です。でも、奈良は例外です。 近鉄奈良駅から春日大社にかけてが街の中枢です。県庁や県警本部もこの観光地の真ん真ん中にありますが、周囲は御存知の通り野生の鹿が自由に歩き回 […]

米原「三松」 琵琶湖畔の地元愛され食堂で郷土の幸を

何を思ったか米原で途中下車。月に何度もお世話になっている東海道新幹線ですが、米原はいつも通り過ぎる駅。 「あ、米原を通過したからそろそろ京都、降りる準備をしなくちゃ。今宵は四条河原町で飲もうかな…」なんて考えているあたり […]

長崎・観光通り「かにや本店」 おにぎりにCL、長崎の謎の〆文化

2016年10月1日からJRグループや長崎県、旅行会社共同による観光PR【長崎ディスティネーションキャンペーン・『旅さきは、ながさき』】が始まります。期間中は特別な旅行商品や特別運転の観光列車の登場、ご当地も歓迎ムード一 […]

方南町「やしろ食堂」 ここは楽園じゃないか!昼から集う飲兵衛さん

皆さん、お昼酒は好きですか?私は、大好きです。好きすぎて、毎日入り浸りたくなるくらい。でも、ほどほどにしないとね。そうだ、取材という名目にすれば飲みにいけるじゃないか。なんていうことで、今日やってきましたのは方南町という […]

函館「朝市食堂二番館」 旅先の朝食は市場で海鮮&朝ビール

函館の夜を海鮮とお酒で大満喫した翌朝。まだお腹が重たい、なんてことはなくケロッと起床して、目指すは朝市へ。 一日4000人近い来場があると聞きますが、平日とはいえ、海外からの観光客も多くなかなかの賑わいです。地元の人もい […]

難波「しみず」 めし屋で飲める!小鉢を選んぶ幸せな昼酒タイム

今日は大阪はミナミを梯子酒。地下街や飲食店街にびっしりと小箱が立ち並ぶ梅田と違い、ミナミの飲み屋は商店街と一体化しています。デパートや大規模商業施設に挟まれるように良い感じのお店がぽつぽつとあり、明るい時間から飲める場所 […]

千駄木「花の家」 戦前からずっと愛されてきた。大衆食の王道と日本麦酒

今宵は千駄木を梯子酒。この界隈はメインストリートの不忍通りに面したお店だけでなく、路地裏にも様々な飲食店があり、しかも銘店が大変多い地域。まだ見ぬ名酒場を求めて、夕暮れの小道を歩くのは実に楽しい。 懐かしの雰囲気を求めて […]

小樽「若鶏時代 なると本店」 北海道鶏の半身揚げ発祥の店は60余年

小樽でお昼から飲むといえば多くの人は「お寿司」と答えるに違いない。でも、ときどき「若鶏半身揚げ」と答える人がでてくる。その人はきっと北海道出身者だろう。 全国的には小樽はお寿司の街として有名で、寿司屋通りなんていう名前の […]

2 / 8123456