居酒屋

金沢「赤玉 本店」 北陸最大の歓楽街・片町の夜に温まる

金沢の街を梯子酒したことはありますか。良いところです、金沢は。伝統文化や歴史的な魅力は言うまでもなく、筆者としては、金沢の夜が改めて「素晴らしい」ということを伝えたいです。 北陸最大の歓楽街、片町。名前の由来は、犀川支流 […]

秋津「サラリーマン」 働く人の味方で、会社帰りに一杯モルツをひっかけよう!

今日は秋津の街を梯子酒。JR武蔵野線の秋津駅と西武池袋線の新秋津駅は300メートルほど離れているものの、徒歩で乗り換えができないほどではなく、通勤・通学時間帯は両駅を結ぶ路地はまるで駅のコンコースのような賑わいになります […]

池袋「大門」 家族経営の温もりを感じる、大衆酒場の王道を味わう

池袋の駅周辺は老舗のもつ焼き屋が多い。それは戦後の東京の発展と深い関係があります。   昭和初期の池袋は、国鉄の東海側と東北を結ぶ物流の大動脈でした。現在は湘南新宿ラインがそのルートをつかって東海道線と宇都宮線 […]

栄「酒津屋 中店」 明治創業の酒屋の直営店は、栄イチの使い勝手と評判

名古屋で朝から飲むならば、栄の「酒津屋 」で間違いない。朝7時から営業し、地下鉄栄駅に直結、しかも閉店は24時で日曜日も営業しているという、名古屋の飲兵衛にはなくてはならない存在です。 そもそもは1896年(明治29年) […]

北千住「千住の永見」 ときわ通りの止まり木で心をほぐすひととき

今日は北千住で大定番の大衆酒場「千住の永見」をご紹介します。1948年(昭和23年)創業です。 5路線が乗り入れる北千住駅は巨大なターミナル。でも、すべての路線が南北の同一方向を向いているので方向感覚が崩されずに意外とわ […]

高円寺「大将」 一日数千本を売る、高円寺酒場のランドマーク

なゆさん、最近地方の記事が多くて生まれた街をおろそかにしていませんか? そんな話を阿佐ヶ谷の立ち飲み屋で偶然隣り合わせになった杉並区在住の読者様に言われました。いやいや、記事にしていないけどこうして飲んでいるじゃないです […]

研究学園「炭火やシンゴ」 使った頭はお酒と美味しい焼鳥でほぐそう

今日は北千住からつくばエクスプレスに乗ってつくばへ。研究学園駅は終点のつくば駅のひとつ手前、つくばエクスプレスの開業とともに成長した新興都市です。 おもな産業は駅名の通り研究機関で、アステラス製薬やエーザイ、協和発酵など […]

高円寺「一徳」 古き良き杉並酒場を今に伝える名店

皆さん、杉並区の酒場巡りは楽しんで頂けていますか。駅の構造は各駅そっくりでも、駅前の酒場やそこに集う常連さんの顔ぶれは駅ごと個性があり、どの街で飲むのが一番か甲乙つけがたいものがあります。 まだまだおすすめしたいお店を紹 […]

名古屋「のんき屋」 あなたは道飲み派?味わい深い酒場で癒される

本日は名古屋の老舗酒場をご紹介します。JR名古屋駅から徒歩10分、名古屋の主たる繁華街とは異なる少し離れた場所に、昭和の酒場が並ぶ一画があります。ザラメと八丁味噌の香りがぷーんと漂うこの路地は、名古屋の酒場巡りでは必ず立 […]

渋谷「鳥市」 この街で半世紀、焼鳥街で万人に好かれる酒場はここだ

渋谷はなぜか焼鳥屋が多い。半径50mのなかに老舗だけでも両手で数えられないほどあり、そのどの店もが常連さんや、ふらっと立ち寄る酒場好きの皆さんで大いに盛り上がっています。 一説によると、童謡「春の小川」のモチーフとなった […]

高円寺「大衆酒場バクダン」 創業60周年。超いい!昭和を愛でる幸せ

物騒な名前ですが怖くありません。若い人がつくった最近の酒場を巡る方だと、店名以上にこの店構えであっとうされて引き返してしまうかもしれませんが、そういう意味も含めて、「怖くありません」。 昭和を愛でるという表現がぴったりの […]

湯島「串焼きだるま」 朝挽き大山地鶏の焼鳥をちょい飲みで

今日は湯島の「串焼きだるま」を紹介します。この地で30年近く続く老舗です。小箱のいい感じのカウンターで、程よく手軽な塩梅でビールや日本酒を引っ掛けたいときにおすすめしたい”大人のちょい飲み”です。 […]

上大岡「ろばた焼安兵衛」 街に根付いて30余年、当たり前だから心地いい

京急線の沿線は名酒場揃いです。日本中の酒場をめぐるという趣味であって仕事としている私も、いつか引退する時が来るならば、住処は京急の沿線を選びたい。どの駅にも必ず一軒・二軒と味わい深い酒場がありますが、上大岡は特別、いいお […]

恵比寿「賛否両論KAKUUCHI」 オシャレな横丁「ブリックエンド」誕生

東京初のビール工場が生まれた目黒の地。その後、ビール工場の周辺はビールとともに発展し、やがて駅名や地名にそこで造られるビールの名「恵比寿」がつけられました。恵比寿はビール街、その中心的存在だったビール工場も製造機能は千葉 […]

大須観音「末廣屋」 由緒正しき名門酒場で心惹かれる昼酒を

大須観音に午後3時の開店と同時に満席になるほど賑わう酒場があります。中央に「世界長」の菰樽をもした額が風格を感じます。阪神淡路大震災で惜しまれつつもお酒造りを断念した世界長は、いまは沢の鶴が受け継いでいます。額の文字には […]

6 / 604567892030