居酒屋

新秋津「春駒」 半世紀続く名物酒場は巨大串と定番煮込みが魅力

新秋津駅と秋津駅の間、400メートルほどある商店街は飲兵衛の遊園地。魅力的な立ち飲み屋から老舗の大衆割烹、最近はお財布に優しい若い人向けのバルまで誕生し、バリエーションが一層豊かになりました。 「武蔵野線と西武池袋線の乗 […]

河原町「てしま」 四富会館の奥に素敵で腕のいい酒場がある

本日は京都から素敵な居酒屋をご紹介します。 ひとつ屋根の下に複数の小箱飲食店が密集して立ち並ぶ飲食街が、京都独特な酒場文化のひとつです。東京のゴールデン街やハモニカ横丁は建物がそれぞれ独立していますが、京都のそれは細長い […]

綾瀬「もつ焼きのんき 綾瀬店」 堀切名物のシロたれはこの街でも変わらない

堀切菖蒲園にあります大衆酒場「もつ焼きのんき」は創業60年をこえる老舗です。名物の「シロたれ」と下町ならではの焼酎ハイボールを目当てに高度経済成長から現代まで、多くの地元のお父さんたちに愛され続けている名店です。 その支 […]

三宮「守破離」 まるで墨田区!神戸生まれの下町酒場で天羽の梅

神戸・三宮へやってきました。今日目指すお店は墨田区鐘ヶ淵です。え? 三宮駅のJRや阪急の高架下に広がるの飲み屋街や、海岸に続く通りの重工業で働く人向けの古い酒場・角打ちも素敵なこの町。そこに、とある店だけ特異点的に、「東 […]

中野「コグマヤ」 大衆酒場の味わいをよく掴んでいる現代酒場

中野のレンガ坂にオープンした「コグマヤ」が結構いい酒場です。2016年8月2日のオープンと、まだ店の歴史は始まったばかりですが、古き良き酒場の空気感がよく醸し出せているように感じます。 飲食店ビルの2階という立地ながらお […]

鶯谷「一代」 親切女将の家庭的な接客が心地よい、東京のお母さん

鶯谷は大衆的な酒場が多く、立ち飲みから食堂飲み、そして東京を代表する老舗まで選択肢は様々です。個性豊かで魅力的なお店が輝いているので、どうしても路地裏のお店はあまり知られていない傾向があります。 でもですね、有名店はもち […]

小田原「金時」 定番酒は箱根山、相模湾の幸を味わう地元飲み屋

今日は小田原の夜を楽しんでいます。新宿から小田急の特急ロマンスカーで70分。程よい時間で行けるのに、地方都市の風情ある街並みが楽しめるので好きな街のひとつです。箱根の玄関口として賑わいもありますが、どこか時間が止まったよ […]

南千住「ままや旬菜」 丁寧な仕事が嬉しい!地元密着の美味しい飲み屋

三ノ輪駅近くにあまり知られていないのですが、大変美味しく通っている飲み屋があります。地域密着の銘店「ままや」です。近隣に住む方がほとんどで幅広い層に人気があり、いつも温かい雰囲気に包まれています。 店構えこそ新しいですが […]

蒲田「鳥万」 町一番の品数と席数を誇る、老舗酒場の代表格

蒲田には、メニュー数100位上、席数170を誇る巨大な大衆酒場があります。駅前繁華街の一等地で5階建のビルすべて一軒の大衆酒場というすごい店「鳥万」です。 1964年(昭和39年)創業の半世紀以上親しまれている蒲田を代表 […]

三条京阪「おたふく」 さいぼしに想う歴史の名残、背景までもが心に残る

本日は京都・三条京阪の知る人ぞ知る銘店「おたふく」をご紹介します。三条大橋を東に渡ったエリアは現在再開発の真っ最中です。さらに東へ進み、花見小路をちょっと下がったところにそのお店があります。 お昼からやっているお好み焼き […]

学芸大学「ひとひら」 肴と酒と人を軸にして、毎日をちょっと豊かに

学芸大学は昨今、素敵な酒場が増え続けている注目のエリアです。もともと学生街だった商店街が、いい感じに東急沿線らしいオシャレ感を加えて独特な文化を漂わせています。 2016年の5月にオープンした大衆割烹「ひとひら」もそんな […]

麻布十番「居酒屋 十番」 国際色豊かなコの字にラガーが似合う

今日は麻布十番の居酒屋「十番」をご紹介します。1951年(昭和26年)創業の麻布十番を代表する名門酒場です。厨房も含む大きなコの字カウンターには30個もの赤い提灯が吊るされ、これぞ酒場といった温もりある空間が広がります。 […]

国分寺「串とら」 狭さが心地良い、すべてがちょうどいい銘店

国分寺の飲み屋街をパトロール。北口は再開発でばっさり更地になったエリアがありますが、国分寺の飲み屋が元気を失ったかというと、そうではありません。横丁のように一箇所に集中していないので、駅を降りて見渡した感じでは見つかりに […]

金沢「赤玉 本店」 北陸最大の歓楽街・片町の夜に温まる

金沢の街を梯子酒したことはありますか。良いところです、金沢は。伝統文化や歴史的な魅力は言うまでもなく、筆者としては、金沢の夜が改めて「素晴らしい」ということを伝えたいです。 北陸最大の歓楽街、片町。名前の由来は、犀川支流 […]

秋津「サラリーマン」 働く人の味方で、会社帰りに一杯モルツをひっかけよう!

今日は秋津の街を梯子酒。JR武蔵野線の秋津駅と西武池袋線の新秋津駅は300メートルほど離れているものの、徒歩で乗り換えができないほどではなく、通勤・通学時間帯は両駅を結ぶ路地はまるで駅のコンコースのような賑わいになります […]

10 / 6589101112132030