静岡県

三島「むさし」 駿河湾の幸を板前さんの熟練した技で!駅近、酒飲みの穴場です

東京から新幹線や東海道線で簡単アクセス。駿河の街・三島。東西の移動で通過することは多いけれど、降りたことがないという人も多いのでは。 今でこそ通過点のひとつですが、江戸時代は幕府直轄の天領であり、天下の険・箱根山を越える […]

静岡「三河屋」 気取らずカッコつけず。当たり前の郷土料理で至福のとき

静岡は昔からおでんが郷土料理のひとつ。駿河湾から水揚げされる豊富な魚介類をつかった練り物文化のひとつ。戦後、駅前に次々と登場した屋台がそのルーツと言われていて、今でこそ屋台は姿を消しましたが、青葉横丁という名の小路に姿を […]

三島「はし膳」 さすがは一宮の飲み屋!名物唐揚げと土地の幸

東京駅から新幹線で37分。伊豆国の一宮として栄え三島大明神に見守られる三島は、大衆酒場好きも注目したい街です。 東海道五十三次の三島宿としての歴史に加え、富士山麓の湧水が育てた食文化は、県庁所在地・静岡市にも引けを取らな […]

静岡「多可能」 変わりゆく街並み、変わらぬ大衆酒場。もうすぐ創業100年

駿河国の国府がおかれ駿府と呼ばれていた静岡。徳川家康が幼少期を過ごした駿府城を中心に東海道の19番目の宿場町として栄え、明治維新後は交通や産業の拠点として急速な工業化、都市化が進みました。 水道や電気、市内交通の路面電車 […]

熱海「こばやし」 温泉街の、ひもの酒。昼に傾ける一献

東京から新幹線こだまで45分。旅と言うには、ちょっぴり近いくらいの熱海。だからこそ、普段の温泉旅行よりも滞在時間を伸ばして、ゆとりを楽しみたい。 バブルで巨大化したホテル群も、いまは適正化されて熱海の街は少しずつですが、 […]

静岡「金の字支店」 地元が愛する肴、カレーがつなぐ人情がある

静岡のおつまみといえば、桜えびやしらす、黒はんぺんなどが定番ですが、「もつカレー」というものが実は知る人ぞ知る名物です。いや、Syupoを御覧の皆さんは”ノンベエ”さんでしょうから、知っているよと […]

静岡「鹿島屋」 名物の鰹と生しらすを肴に國香を

静岡に出張。 さぁ、あなたは何を食べますか? なにかと美味しいもので話題性が多い静岡ですが、やはり駿河湾の海の幸は基本中の基本。 旬の魚に地酒をあわせれば、その日は満足すること間違いなし。 美味しい魚を食べさせてくれる酒 […]

静岡「海ぼうず本店」 日曜3時、どこで飲む!?

こんにちは この前の土曜日のこと。金曜は終電まで飲んで、帰ってもブランデーを飲み直し。3時に寝て9時に起きて、起床と同時にお酒をぬる燗で一合。そのあとビールで酔い覚まし。12時に上野「肉の大山」さんでKさんの昼酒倶楽部に […]

伊東「まるげん」 地魚を味わうならココ

こんにちは 食べるものがいつも偏っているなゆです。これだけ毎日お魚ばかり食べていれば、DHA・EPA不足とは無縁ね(笑 ちょっとお仕事で静岡県の伊東へいったときのこと。無事に仕事も済んで、さーてどこかで一杯飲んでから東京 […]

伊東「入船 伊東駅前店」 遅めの食事は一軒目

こんにちは お休みの日、お昼ごはんから飲み始めてしまうと、どこからが飲みの一軒目なのかカウントするのが難しくなりますね(笑お昼から飲んでも遅い時間まで飲み続けてしまいますから、スタートは遅いほうが経済的なのですが… でも […]

1 / 11